エントリー

私が強く求めたので、×城相手の、焼却炉不法問題も、じかに捜査、調査ぎっしが

  • 2023/01/20 08:04

妻の所有に、不法行為で登記されている焼却炉の問題も「不法投棄で訴えた事に付いても、東署生活安全課、青木警部補らは初め」

青木警部補と刑事ー×樹が置いた焼却炉だから?不法投棄にはならないんじゃあないのか?廃棄物処理の法律所管は、札幌市の場合、産廃、一廃共、札幌市役所が所管権限を持って居るが、廃棄物の不法投棄には、ならないんじゃあないかと、警察は思う?

こう、所謂宗教論!のみぶつけて来たから、私から・

私ー法を踏まえた必要な事実証明を果たして、廃棄物不法投棄に該当する、しないを、札幌市環境局に、捜査内容も渡して、判断させなければならない、三権分立憲法規定違反は認められて居ない、廃棄物不法投棄事件の合否判断は、札幌市内の事件で有れば、産廃、一廃共、札幌市環境局が、合否決定権を持っており、捜査機関に、事実証拠による、不法投棄の可否決定権は有りませんよ。

これ等を伝えて、合憲、合法な、事実証拠を揃える捜査実施と、×城相手の事情聴取実施、も分かって頂いたんです。

今までの、東警察署刑事一課強行犯、山田警部補へや、地域課、札苗交番小林巡査長らへの、東署生活安全課捜査員による、必要証明事項を、正しく証明する為の捜査実施、これを行う事と、×城を相手にした、必要事実証明目的捜査の実施、これも絶対必要だ他、理解頂いて居る筈です、実施を約したし。

当然ですが、札幌市環境局事業廃棄物課も「×城に対して、焼却炉不法投棄、不動産違法侵奪を、嘘で塗り固めて、虚偽とばれた正当詭弁責任共々取らず、逃げ回って身を隠し続けている現実だから、刑事一課山田警部補、×城の逃亡へも、野警部補にも、×城の隠匿先等聞いて」

×城本人に対して、この事実に至った、継続して居る事の根拠、政党との理論構成を得る等目的の、調査実施を約束して貰っても居ます、札幌市環境局事業廃棄物課からも、当然の、もっと前に実施すべき、事実証明の為の、×城に対してが一番先の、必要調査実施でした。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391318
ユニークアクセス:6544187
今日
ページビュー:288
ユニークアクセス:284
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed