エントリー

カルト宗教で、法律に拠る、では無い

  • 2023/01/20 10:44

少し前、北海道新聞のコラムで「東京電力経営陣が、3,11大災害により、福島の原発が、格納容器も含めて破壊されて、核燃料がメルトダウンして、放射線まき散らし被害を生じさせた事実を持ち、刑事告発されて居た刑事裁判の判決で「核燃料格納容器は”設計基準を満たした強度が備わっており、想定を超えた応力が掛かり、核燃料格納容器が損壊して、漏れ出した核燃料、核物質、放射線等が漏れたので有るから、東京電力経営陣、被疑者?は無罪”とかの判決」に対して。

この判決内容は、科学によっては全くいない判決で、カルト宗教の類いであろう、とか断じていたと。

一番最初の、各格納容器損壊による、放射性物質漏洩に付いての裁判判決が「各格納容器が損壊するなど起こり得ず、核燃料格納容器に損壊は無いが”核燃料格納容器が損壊した場合と同様の分量の、放射性物質が漏洩する事は、起こり得る”」

こんな「正に宗教裁判、カルトの思考による”嘘そのものの、科学的も含めて、まともさが微塵も無い判決、だと」

法曹資格者、最後は裁判官が「憲法、法律規定破壊、科学的、物理的、医学的に、一切正しい決定、判決だとはなる筈が無い!オカルト宗教の教義、狂信者の戯言決定、判決を下したって”合憲、合法な犯罪、とはならないです”当たり前です」

カルト宗教の、狂った、合理的、法律と憲法規定に沿ったと証明等不可能な、カルト独裁権力の、狂った勝手な思い込みで、憲法、法律規定破壊テロ!が起きて、強引に通されている日本、まともさが備わっており、正しく証明された事実、証拠が揃えられ、正しい理論構成を突き付けても、損保、司法、警察、行政、国家資格者達等がこうなら、ここまでのカルト独裁、テロ犯罪国家樹立、テロ、犯罪が証明されれば勝!の現実は、必然だった訳でしょうね

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2023年03月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6809281
ユニークアクセス:5971917
今日
ページビュー:454
ユニークアクセス:451
昨日
ページビュー:1267
ユニークアクセス:1256

Feed