エントリー

こう言う屁理屈で

  • 2023/01/23 09:51

×城と結託して、東京海上日動、向井諭法律事務所、中島弁護士、警察、検事、裁判官等は「何の合憲、合法も無しで”重過失傷害事件加害者にも、犯罪を武器とさせて、加害者の刑事、民事責任強権悪発動で抹殺!”にも走って来て居ます」

この犯罪者連中、最後の憲法、法律破壊による、合法対人賠償踏み倒し、の屁理屈として「加害者、債務者が死んでおり、加害債務者には、対人賠償債務支払い強制発生は無いから、加害者様が、損害賠償金支払いを、正しく理解した事を、合理的に理解した事を、立ち合い者等も立てて、正しく証明出来れば、加害者様の支払いの意思が正しく証明出来て支払われれば、正しい賠償金支払いだろう”と推認は出来る、かも知れない」

ここまでの戯言、出鱈目を、判決だの謳い、下すまで狂って居ます「事件当事者が死ねば、損害賠償債権、債務は消滅する!損害賠償債務者は、賠償債務が、加害行為での被害、被害証明等により負う等有り得ず、生前交わした、損害賠償債務支払い約定書等は”既払い分は、恐らく支払い合意が有った、と推認出来るであろうが?”」

加害者が死ねばもう無効な紙きれだ!加害者が生きて居て、賠償債務の金を、正しく理解出来て、支払えば、これのみが、損害賠償債務適法支払いだ!

つまり「加害者が生きて居ても”被害者への、損害賠償債務金支払いの意思が、証人も含めて、合理的に証明出来て、加害者に、支払う意思がある、と、合理的に、立会人も証明出来て”支払いがなされて、合法な支払いとの証明書が有れば、正しい賠償債務支払い、の可能性があるかも知れない?」

ここまで、憲法第11,29条、民法第709,715条等を、合憲、合法根拠ゼロ!で出鱈目に決めて、実行させて居るんです、カルトテロ権力犯罪者、ですから。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2023年02月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6744789
ユニークアクセス:5908291
今日
ページビュー:1154
ユニークアクセス:1071
昨日
ページビュー:1315
ユニークアクセス:1292

Feed