エントリー

身分偽装で裁判、で、裁判所、裁判官は、どう対応するのか?

  • 2023/02/07 17:05

東京地裁、札幌地裁、横浜地裁等に、登記簿謄本を取得時には、法人は生きていたが、その後、過去に遡らせて、法人を清算して、隠して、訴えに対して、法人は稼働している、と偽り、訴訟を遂行、受任辯護士も、存在しない法人なので、違法代理行為者。

この、実例が出ている、ワイエ×商会(株)、中島桂太朗詐欺弁護士と、札幌地裁、複数の裁判官、検事、検察庁、道警、東署共謀の、詐欺裁判等悪行に付いて、裁判所、裁判官は、どう対応するのか?合間で問うたけれど、法律による、正しい対応策も、出せる訳も無かった、当然の結果です。

そもそもこのカルト権力、組織構成員ら「問いを正しく理解自体、あの頭、資質、程度ですから、無理なんだからね」

この国家独裁支配者錯覚権力、無知無能の極み集団であり、正しく事件を、法を備えさせて理解から、出来る物等備わって居ません、出来損ないの小学校の生徒、児童並みだから、知的水準も含めて。

ワイエ×のこの犯罪、詐欺裁判発生も「裁判官等が無能無知、民事訴訟法合法手続きも、本当に知らなかった上で、東京海上日動、中島桂太朗提携詐欺弁護士、×城に、いいように操られた、が重なって起きた、詐欺訴訟行為です」

日本国に君臨する、全能の現人神!全能の神、な訳が有りません、人の資質,遵法意識が正しく備わって居るか否か、まともな人間なのか、まともさが高い知識、資質を備えて持ち合わせて居るか。

人の見極めには、こう言った要素の確認、判断が必要であり、法曹資格を得た、等全くこうした、人の本当、本質とは無関係です。

法律、判例を記憶出来た、じゃあ「実務で正しく適用して、駆使出来るか?無理です、思考する事から意味も分からないから」

あの連中、木偶人形だから、思考する意味から一生分からず、半世紀以上昔の雛形?判例?を金科玉条で、変える事も不可能で、法曹資格者仕事ごっこ、で通すだけだから、二十年前も、三十年前も、十年前も、今も、不変ですから、カルト教団の連中と変わりませんよ。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508872
ユニークアクセス:6660126
今日
ページビュー:412
ユニークアクセス:412
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed