エントリー

損保、警察、行政、司法、報道は共謀して居ます、犯罪指揮が損保の特権、公権力が指揮下で権力犯罪

  • 2023/03/12 09:23

損保が警察、法曹資格者、司法機関、関係行政機関を、犯罪を手掛けさせる目論見で指揮して、成功させている事実、実例証拠、これが日本の現実です。

この、損保が指揮、国家権力が唯々諾々と、損保下っ端職員からの、犯罪凶行指揮を受けて、権力悪用で、犯罪に走り、犯罪者が手を汚している犯罪隠蔽、被害者を、不法なでっち上げで脅す、冤罪に落とす等を、当たり前とさせて損保が公権力を指揮、公権力らは「自分で思考、判断も出来ませんから”損保の下っ端職員が、違法に事業資金を横領で手に入れて、違法に弁護士を雇用、詐欺裁判費用も拠出”も常態化させて有ります”」

これを再現させて居る、札幌地裁令和4年(ワ)第1932,1930号裁判記録、出されている証拠、控訴事件に出して有る、ワイエ×商会(株)は、昨年3月31日で解散させて有る事も隠蔽、被告の訴訟費用、弁護士委任費用、他支出金は「損害保険、特約を適用させ、稼働させている東京海上日動の犯罪、この損保、東京海上日動、提携他弁護士、二階堂検事、地検上、警察、二階堂検事、検察庁、札幌地裁、裁判官等が共謀犯!とも証明して有る裁判記録、証拠です」

この裁判記録、警察、司法ぐるみの、東京海上日動、×城ら犯罪事実証拠は、今後公に使って通るであろう「れっきとした判例事件です、同じ方法を講じれば、同様の答え以外、出る筈が有りません」

只の三流以下の詐欺事業、代表も含めた取締役、投資者連中ですよね、この実例、事実証拠を使えば「国税も出だし出来ず、資金洗浄、脱税やり放題出来ます、同じ行為は、判例も有るなら、同じ結果を導き出せて当然です、憲法第76条3項、裁判官は、憲法、法法律規定を順守が必要です、この憲法規定も踏襲しないで、脱法。合憲破壊を標榜して、実行に移してテロ成功を、日常化させている事も、犠牲者の屍の上で、見て対抗策を考えて、対抗し続けて来て居ます」

こいつ等は、他者占有場所にある、他者の財物強奪、強盗、窃盗の正しい?定義を使った判例作りの当事者です、この実例、証拠を使えば「他者の占有場所内も含めて、嘘を吐いて、他者占有倍書に押し入り、他者の財物等強盗やり放題出来ます」

判例が出来ている訳です、正しいに決まって居ますよ、この犯罪行為。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452792
ユニークアクセス:6604493
今日
ページビュー:85
ユニークアクセス:85
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed