エントリー

国家権力が共謀して、損保指揮、警察、司法犯罪を仕組んで、成功させて来て居る

  • 2023/03/13 07:02

自賠責事業、火災保険には、生命保険もそうですが『弁護士特約等有りません、当たり前です”弁護士特約は、第三者に当たる、損害賠償債権、債務を有する相手に対して、被保険者である賠償債権、債務者に、損害賠償債権、債務の処理を、代理で弁護士に請け負わせる費用を、加入する保険事業者が、弁護士特約を付けている被保険者に対して、弁護士費用、訴訟費用などの費用を拠出する、こう言う設定ですから」

つまり「自賠責保険は、国が強制保険事業を運営しており、人身交通事故が起きた場合、加害者、被害者が被保険者で、請求相手は、自賠責事業、国の強制保険事業となって居ます、損害賠償債権者、債務者間だけで争う構図では無くて、自賠責支払いの範囲までは、加害者が立て替え支払いしても、加害者”も”自賠責事業から、支払った金額を、自賠責支払いの範囲まで、自賠責事業に請求して、自賠責事業から、返金が受けられる仕組みですから」

要するに「自賠責事業の範囲までは、自賠責事業の支払い基準(常軌を逸した詐欺、恐喝の仕組みですが)に沿い、建て前上ですよ、支払いを受けられる、法律規定では、こう言う規定ですから、自賠法の規定上、は、で有り、法の規定破壊が仕組まれていますから、自賠法の規定”も”出鱈目ですけれどね、言い掛かり、犯罪で不払い、が仕組まれていますから、国が仕組んだ犯罪が」

火災保険も「火災保険事業者と、被保険者、加入者側との、支払い請求、支払いです、但し”建設業者が被保険者の建物、構築物等、損壊被害物を、工事を請け負って修復して、代位返済して、債権譲渡を受けて、被保険者加入損保、共済に対し、工事請負業者が、代位返済済み証明を添えて”業者が支払い請求する、この手続きは有りますが”」

色々危険が潜んでおり、罠に落とされる危険性が、請負業者側は高い事を知って居れば、被保険者、工事を頼んだ被保険者、施主に火災保険、特約請求して貰い、請負業者は、工事代金として、施主から工事代金を受け取る、罠に落とされる恐れが大きいので、が、今は通常ですよね。

このように「自賠責事業、火災保険事業には”弁護士特約等有りません”債権者、債務者を当事者と設定して、弁護士費用、法廷内外で違法代理人弁護士活動する費用を、損保が拠出”出来る訳は無いのです、背任行為、違法な弁護士委任、受任、法廷内外での、弁護士代理行為、弁護士法第27条違反、72条で刑事罰適用、刑法第246条詐欺罪、脅迫、恐喝罪適用等、多重犯罪が、日々繰り広げられて居ます”」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7348312
ユニークアクセス:6501856
今日
ページビュー:456
ユニークアクセス:452
昨日
ページビュー:717
ユニークアクセス:715

Feed