エントリー

国税庁が、東京海上日動等損保本社、支店に、脱税嫌疑で手を入れ出した根拠法

  • 2023/03/18 10:20

札幌北税務署、資産課税第二部門菅原統括国税調査官は、昨年5月から、私による、山本×樹の巨額相続遺産金隠匿、東海、相続人×城共謀で、巨額の遺産資金隠匿、巨額脱税に走っている事実等通報を受けて、こう話して居ました。

統括国税調査官ー山本さん、損保が損害保険金として、支払いしたお金だからって、全ての事案で”損害の賠償保険金”と扱われて、徴税対象資金から除外、とは限りませんよ、損害の賠償金と見做されなければ、徴税対象も有り得ます。

今日の文書の記載事実、国税庁が、東京海上日動、山本×城に対して「合法に反した、損害保険金、特約金支払いに当たらず、東京海上日動は先ず、山本×城に拠出した、弁護士委任費用四件、他損害保険金支払い名目資金を返還させる事、と求められても居るから」

違法な弁護士代理委任、違法代理行為、訴訟詐欺代理、札幌市国保、言い掛かりと自分達で証拠も出して、只の国保立て替え債権、恐喝手段で踏み倒し行為、共々、公式立証されている訳です。

国税庁は、山本×城、長縄信雄税理士、東京海上日動、中島桂太朗辯護士等が共謀して「昨年3月31日に遡らせて、ワイエ×商会を、違法を重ねて解散させて居ながら、三件の裁判、法廷外で共に”ワイエ×は営業して居る、山本×城が社長だ、焼却炉は、出した証拠の通り嘘だが、ワイエ×資金で購入、所持と主張する、出した証拠の通り、山本×樹資金で購入したが、×樹資金で購入からから嘘だ、と虚偽で主張する、証拠で×樹資金で購入他、を併せて証拠で出した通りの嘘だ”も手掛けて、×城、ワイエ×による、巨額の相続税脱税、法人税脱税逃れ目論見で、ワイエ×は営業して居る、とも偽り」

国税も騙し続けて、巨額脱税も成功些少とも謀った、この事実も私が、国税に通報したのです。

国税は「この事実も知り、騙され続けも理解して”犯罪者連中、犯罪で資金横領、横流し等犯罪に対しての、国税所管法律による、犯罪者への刑事罰則適用法律も調べ上げて”今日の書面記載などの、国税庁として駆使出来る、犯罪利得への徴税を、強制実施等出来る法の裏付け作りも終えて、東京海上日動本社、支店に対しても含め、横領資金の回収から指示、手続きをとなったと」

行政機関として、所管法律公務遂行を、法を犯す脱税者連中に正しく実行出来る為の「刑事罰則適用法律も調べ上げて、動いて居るんです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391153
ユニークアクセス:6544025
今日
ページビュー:123
ユニークアクセス:122
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed