エントリー

損保、司法共謀の、犯罪賠償論が、全て通じると、無知さで錯覚

  • 2023/03/18 18:47

損保、司法共謀、賠償論等の手法が、全ての対人賠償手続きで通じる、損保が弁護士委任費を拠出して、被害者を「言い掛かりの債務不存在確認訴訟、だので訴えると、共謀犯裁判官が”犯罪賠償論のでっち上げ規定を軸とさせて、損保、提携弁護士が指揮する通り、犯罪が正しい判決を、常に下す、これが全ての対人賠償で、通じるんだと、無知さ故錯覚していたと言う事です、東京海上日動、中島桂太朗辯護士、裁判官、裁判所、検察庁、検事等が揃って、無知集団だから、錯覚して居たんですよ、その錯覚が絶対だ、と勝手に自分で思い込んで」

犯罪者、×樹の息子も抱き揉めたから、東京海上日動、×x、中島弁護士が指揮する、犯罪判決を、裁判官連中が、言われるがまま、踏襲して、犯罪者が賠償踏み倒し出来るように、共謀犯罪を、と。

ですが「犯罪賠償論の手法は、自賠責の範囲まで、が、実は適用可能範囲、が正解で、自賠責、任意自動車保険対人まで、強引に自賠責用犯罪を使える、とでっち上げで強引に決めて、通して居るけれど、第三者賠償、日常生活賠償特約には、この赤本ででっちあげ、司法が共謀、賠償論を常に勝たせて居る、犯罪で構成手法は、出だしから通じないんです」

そもそも「事故証明が無い、捜査担当は、犯罪賠償用出鱈目捜査が常、の交通二課では無く、刑事一課強行犯が、過失も含めた、傷害事件、器物損壊、建造物損壊事件の捜査担当課、加害者が、加入しているなら、第三者賠償、日常生活賠償特約が、加害者側が被保険者、で適用出来るが、被害者相手の、損保、提携弁護士が、加害者を隠して、被害者を犯罪で強制追い込み、犯罪で対人賠償潰しを常に成功させて有る」

これが通じません、そもそも、加害側損保、提携弁護士、被害者側との、賠償金が欲しいなら言いなりになれ!脅迫、恐喝目論見、被害は話と強引に接触、脅し実行等、出来ない規定ですからね、被害者の医証も、加害側損保、提携弁護士、取得出来ないし、恐喝材料、ほぼ無い訳です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7348299
ユニークアクセス:6501843
今日
ページビュー:443
ユニークアクセス:439
昨日
ページビュー:717
ユニークアクセス:715

Feed