エントリー

損保から犯罪資金提供を、未だに請けて居る弁護士、裁判所の犯罪が証明する事

  • 2023/09/18 09:44

山本×Ⅹ、こいつがダミーの社長だった(株)ワイエ×商会、解散登記済みも隠蔽して居た法人、向井・中島法律事務所、中島桂太朗辯護士は、東京海上日動が犯罪を共謀して、違法に弁護士費用などを横領拠出して、この犯罪者連中に差し出して居て。

同様の犯罪資金受領、裁判所、裁判官犯罪権力と、直接犯罪に加担、札幌検察庁上層部、検事等、道警も共に、この損保東京海上日動による、事業資金を犯罪で拠出、今犯罪者に横流し、受領、司法手続きを犯罪で構成、国が犯罪当事者と言う事実立証事件の一端、この犯罪で、山本×Ⅹ、ワイエ×、辯護士、裁判官、裁判所犯罪全て、司法、警察ぐるみの犯罪だから、司法、警察職権濫用テロ、で犯罪免責、隠蔽に狂奔している通り。

同様の犯罪に、三井住友が事業資金横領、加入者、被保険者佐藤利Ⅹ氏、小寺・松田法律事務所、熊谷建吾辯護士、札幌地裁、高裁、裁判官、札幌検察庁上層部、検事が共謀の、三井住友が、事業資金を横領拠出、佐藤氏を経由で、熊谷弁護士、札幌地裁、高裁に横領資金提供、犯罪司法手続き強制成立犯罪も有るし。

あいおいニッセイ同和損保、高石博司弁護士、札幌の裁判所、札幌検察庁上層部等共謀の、同様のあいおいニッセイ同和損保が、同様に犯罪で弁護士費用、訴訟費用を拠出して、辯護士、裁判所に、犯罪資金横流し、犯罪辯護士、犯罪国家機関裁判所、犯罪裁判官が共謀して受領、犯罪司法手続き凶行未遂犯罪‼も公表して有る通りです。

これ等の公開証明、損保3社が、辯護士、裁判所が共謀の犯罪の為に、事業資金を背任で拠出、犯罪司法手続き日常、辯護士、裁判所に犯罪資金横流し、犯罪辯護士、裁判所は、犯罪資金と承知で受領、犯罪司法手続きに狂奔。

この事実証拠、証明によっても「何処に司法、司法手続きに、合憲、合法が有ると言えますか、只の極悪犯罪者でしょう、犯罪者から、犯罪資金の提供を求めて、受領して、犯罪司法手続きを日常化させて有る、法曹資格者、司法機関、司法手続きは、只の極悪テロ、犯罪と言う事だから」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508865
ユニークアクセス:6660119
今日
ページビュー:405
ユニークアクセス:405
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed