エントリー

司法犯罪制度は、被害者も使えるのが当然

  • 2023/11/02 19:12

司法犯罪経済事犯は、司法が職権を悪用して、犯罪を正しいと捏造して、犯罪によって不当な収益を、他者の財産収奪、公的資金不法収奪で奪い、犯罪収益没収、等贅逃れされて、通されている代物です。

法曹資格者、司法機関、法務省構成員等は「正しい方法で、合法によって事を成し遂げる知識、能力が先ず備わって居ません、それに加えて”私利私欲以外無い連中と来ており、犯罪に禁忌が全く有りませんので、我欲を満たす為の犯罪凶行!を、司法がでっち上げ、犯罪の制度化強制成立!”これを日常的に、司法職権濫用テロ、犯罪で凶行し捲って居ます」

反対から見て、事実を指摘しますとこの独裁テロ犯罪国家権力集団、司法手続きを謳うけれど「現実として、合法な司法手続き等、どれだけ実際に有るのだ?無いに等しいのが実態だろう、扱う事件、ほぼどれも、このカルト国家権力等、正しい理解自体不可能だから」

司法犯罪制度は、只の極悪、荒っぽいだけの犯罪ですから、法理論を、証明された事実に絡めて組めば、只の極悪三流犯罪、が真実と証明出来ます。

詐欺リース一つだけでも「動産を購入して居ない、所持して居ない、科して居ない、当然です、物品購入資金の融資契約で有り、物品リースは嘘なのだから”判例も有って立証済みの事実ですが”未だに物品リースだ、ファイナンスリースは、との法螺を押し通して、犯罪融資、詐欺物品リースを凶行して、経理偽造、脱税、該当動産詐取、窃盗を凶行し捲って居ます」

この犯罪の事実だけでも「詐欺、窃盗、横領、脱税を経理偽造公認が武器で!の事実で成功なのだから、司法犯罪で強引に、ここまでの犯罪を、合法破壊で正当だ!と強弁して、成功させて有る事実だけでも”詐欺、窃盗、横領、強盗、脱税が犯罪だ、と扱える訳が有りません”不動産明け渡し強制執行、実際は只の押し込み無差別強盗、盗品犯罪処分だからね」

司法犯罪は、只の極悪犯罪で有り、適法犯罪は嘘です「司法犯罪被害者は、司法犯罪加害者と同じく、司法犯罪当事者なのだから、同じ犯罪を適法犯罪、犯罪で扱われない、司法犯罪用の犯罪全て、犯罪責任を問われず凶行して、成功させられる、と扱われるのが当然なのです」

経理を偽造して、脱税等を成功させられる特権、も被害者も持っている訳です、公式活用すべきです、法人口座を活用した、資金隠匿、脱税も、司法犯罪で有り、万人が資産隠し、脱税目的で利用して、通せるのですよ。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508884
ユニークアクセス:6660138
今日
ページビュー:424
ユニークアクセス:424
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed