エントリー

起きた事に付いて、原因を予測、予測再現実験、結果により、の積み重ね

  • 2023/11/18 08:53

扇状地、泥炭地、大きな河川の周辺の平地、元々が沼地、湿地、こう言った土地を造成、埋め立て、盛り土して、建物、構築物を造り、沈下、傾き等が生じた場合や、大きな地震が起きた、近隣で地面を大きく揺らす工事を行った事で、傾いたり建物、基礎が損壊したりした場合、原因を予測して、再構築の時に生かします、が。

こう言った軟弱地盤、水で地表を浮かせている土地の場合「どう言う沈下防止対策工事をすれば良いか、元々想定されて居なかったので、正しい答えが導き出されても、対策工事をする方法が有りません」

起きる事態を想定しても、想定を防ぐ工事方法が確立されて居ないなら、対策方法を取りようが有りません、この事実は、地域差も大きい訳です。

札幌の軟弱地盤に建物、構築物を造って、傾き等被害が生じ続けたけれど「対策方法を、正しく取る為の工事費用拠出、これが先ず、大型施設、住宅等とも、今も有る事ですが、費用負担を先ず正しくしないから、正しい沈下防止工事を行えません」

平成13年、国土交通省が「地耐力を備えた地盤に建てる、地耐力数値を導き出す計算式を添えて、地耐力を満たした施工を責任付けたけれど”先ず、必要な施工に要する工事費用、ほぼされも出しません”よって、他の関連行政所管法律を満たす、沈下防止対策工事方法が構築されず、が実態です」

工事を実施出来ないので、対策工事に備えた工事方法等、誰も用意出来ません、無駄な投資になりますので。

平成10年代年位迄で言うと「地耐力を備えた地層迄支持杭を打ち込む、事はさほど問わず”一定の長さの支持杭を、重機で打ち込める限度と、杭打ち予算の範囲”で打ち込む事が通常でしたが、地耐力が強い地層迄支持杭を打ち込む工法として」

杭打機の上で、エンジンのシリンダー内での爆発、あれ方式で、杭の上で爆発を起こさせて、杭を叩き込む工事方法も、時々取られて居ましたが、凄まじい音と振動が、工事場所の周囲数百メートルまで届くので、クレームの嵐に見舞われました。

その後、騒音規制法、振動規制法により、ほぼ禁止されたようです、都市部では今の状況ですた「地耐力を満たす事を問わず、騒音、振動を強く近隣に与えない工法として、8メートル位の深さまで、ドリルで地面に穴を穿ち、杭を落とし込む杭打ち工法が通常ですが、軟弱地盤の土地だと、規定の地耐力を満たす地層に、この杭の流されは、まあ、届いて居ない場合が多いです」

かと言って「近隣に被害を及ぼさない、支持杭の施工方法で、杭を打ち込む工法だと、住宅地で有れば、8メートルを限度とした、工法しかほぼ無い訳で”まあ、使用する重機の重量によって、工事による”震度”が決まると言う、土木工学等無視した、司法犯罪実例、損保と司法共謀土木工学の答え?が、公式に出来たので、やり放題時代に戻るのでしょう?」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452821
ユニークアクセス:6604522
今日
ページビュー:114
ユニークアクセス:114
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed