エントリー

欠陥住宅訴訟、第三者住宅加害訴訟も出鱈目の極み

  • 2023/11/18 09:56

年々進化し続けているのは、建物の工法、支持力保持の正しい工法等も同じですが「欠陥住宅訴訟や、第三者所有建物、構築物損壊被害賠償訴訟等も、時代錯誤を極めている事すら、違う世界で生きている?法曹権力には理解以前なので」

まあ「オカルトごっこでしか、現実に無い訳で、更にこう言った事件に係る、被害補償、賠償を正しく果たす事を、不法な訴外実例作りで加速させるばかり、が現実と」

日々進化し続けている、土木建設工法、理論と実践が実際なのに「過去の判例だの、そもそも出鱈目を極めた神の裁きごっこ、カルトの宗教裁判ごっこで、正しい事実等”法曹資格者には、他も含めて何も理解以前ですから”とんでも訴訟が重ねられて、とんでも判決が下るだけです」

この事実が有るから「3,11大地震で”地下威力クリアがそもそも知られて居なかった、よって、多くの住宅施工で、地耐力のクリア等果たされている筈が無かった”結果、地盤崩壊、建物毎沈下等が、軟弱地盤で大量に起こった訳ですが」

国交省、都道府県庁、市役所建設指導、土木建設専門大学教授とやら、大手住宅メーカー、一級建築士も何処も、地帯録を正しく満たした建物施工必須!これ自体知らないと来ていますから「神戸大地震で壊れた建物の地下の水脈の有無もそうですし、3,11大地震で沈下等した建物の地下水脈の有無から、先ず調べる必要が、大前提で有る訳ですが」

多くの平民、所謂専門家ら、専門業者、建築士ら「地下に水脈が有るので、地表は水で浮いて居る、平地は多くがこれ、この現実から、実際に工事に携わる事もせず、自分達の只の思い込みを絶対だ、と自己狂信して、施工業者、現場に”只の自分の思い込み、裏付け等調べる事もせず”で、地表の下に水脈が有るから、地下水を刺激等すれば、地表が崩落、沈下したりすると言う、当然の現象など蹴っ飛ばして、自己正当化、不可効力である!と自己正当化すれば」

現人神自己狂信カルト国家独裁権力等「不可抗力だ!判決のみ下し捲ったと言う、ほぼ誰も知らないと言う前提で”誰かが事実を知って居る、地耐力不足による建物、地盤沈下で有り、欠陥施工だ”と認めさせて、復旧工事費用も持って直した実例が作られて居る等、このカルト集団は予想自体不可能ですから」

法曹資格者、司法機関構成員等「民事、刑事訴訟法の正しい適用から、正しい刑事、民事訴訟法手続き方法から知らない、が実際で有り、他の専門分野事件等、正しく理解、判断出来る道理が有りません」

まあ、今後は「13,7トンまでの重機を使った土木工事で有れば、近隣に被害は生じない!現人神訴訟実例、これから出来る判例!絶対で使える訳だ、施工側は大喜び、今まで以上にやり放題が、司法手続き、とても合法破壊に役立って居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452814
ユニークアクセス:6604515
今日
ページビュー:107
ユニークアクセス:107
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed