エントリー

司法犯罪制度は、只の犯罪を、犯罪適法判決だけで制度化、犯罪だから、次々犯罪を凶行が必須

  • 2023/11/28 08:58

司法犯罪制度は、只の犯罪を、判決で適法な犯罪だ!とでっち上げただけの代物ですから「司法がでっち上げた、犯罪のまま適法化制度!を、合理的な事実立証を積み上げられれば、何処にも犯罪が適法だった、等有り得ない事が分かり、犯罪は犯罪だ、と立証されるだけなのです」

司法犯罪経済事犯は「犯罪に絡む、犯罪資金拠出者、犯罪収益受領犯罪者の出金、取得の立証を正しく果たせば”犯罪による出金、無いし、司法犯罪制度による、自己資金等犯罪で収奪被害”と立証される代物です」

犯罪を制度化した、判決で犯罪を制度化した!と強弁しても「犯罪被害資金拠出、犯罪収益取得両方の金の動き、経理、税務申告の有無、内容を証明すれば”司法犯罪経済事犯の手口、犯罪事実立証が果たせます”資金が動いている訳で、犯罪で資金が動いて、適法な犯罪、経済事犯だ!等有り得ないから」

司法犯罪経済事犯の制度化も、只の犯罪を積み重ねで成功させて有るだけ、犯罪資金の動き、詐取被害、窃盗被害の事実証拠、証明、犯罪収益を得た犯罪者の、犯罪資金取得事実立証、特に「司法犯罪制度経済事犯は”犯罪被害資金発生の証拠と、犯罪資金須得犯罪者”共に、正しく犯罪行為証拠が揃って居ますから」

司法犯罪経済事犯制度化は「犯罪被害者、犯罪で資金提供犯罪者が、資金を詐取、窃盗された証拠、横領等で資金を拠出、犯罪者に提供した”物理的証拠の隠匿、隠滅、証拠の偽造等で、犯罪で資金が抜かれて、犯罪者が取得して、犯罪で利を得た”事実証拠を隠蔽、隠滅、偽造、犯罪利得脱税、没収、賠償責任共司法が強制抹殺!」

これ等の犯罪隠蔽目的、司法犯罪を重ねて、司法犯罪経済事犯事実を闇に消して、通して有る代物です「偽造経理証拠、偽造した税務申告手続き、犯罪利得を隠匿して脱税成功、司法犯罪経済事犯、遺産金、遺産預金詐取、窃盗、横領正当司法犯罪では”遺産を犯罪で収奪に成功すれば、泥棒と共謀弁護士が、犯罪で奪得た遺産を、順次遺産目録を偽造して、遺産から抹殺!”後は共謀犯裁判官が、犯罪で奪得た遺産を、遺産目録偽造で抹殺偽造遺産目録を」

遺産は正しく?泥棒と共謀犯弁護士が収奪に成功した!犯罪で奪得た遺産は、遺産目録を偽造して遺産から消した事が正しい、拠って犯罪で奪得た遺産は、遺産から除外された!決定を下して、遺産泥棒正当化実現、犯罪収益没収逃れ、徴税逃れ出来て通って来て居ると言う。

司法犯罪経済事犯は、司法犯罪鉄吹きを経た犯罪が多数あるので、司法犯罪経済事犯、刑事、民事記録を正しく理解できる知能を備えた人間が、正しく検証すれば”犯罪から2年以内であれば、金融機関が絡む犯罪収奪”ならば、泥棒の犯罪ビデオも残って居るしね、犯罪で資金が抜かれた預金記録共々、こっちは10年保存証拠です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391164
ユニークアクセス:6544036
今日
ページビュー:134
ユニークアクセス:133
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed