エントリー

金銭賃貸借の正しい規定も、法曹は何も知らない怖ろしさ

  • 2024/04/01 09:05

損害賠償債権、債務と言う物も「債権債務が生じた、生じる事件なのだけれど、辯護士、検事、裁判官カルトは”損害賠償って何なのだろうか?この根本の疑問も一切持てる思考力も知識も資質も持ち合わせて居ません”まあこの連中、何に付けても根本を正しく理解して、正しい軸を先ず立てる必要が有る、この鉄則も何も本当に理解以前が実際だし」

結果「損害賠償事件?損保が全部承知して居る筈だから、損保に全て、民亊も刑事も指揮させりゃ、損害賠償金詐欺も全部損保に指揮させりゃ正しい事件扱いだろうから、辯護士、検事、裁判官は、損害賠償事件など何も知らなくて良い」

これで本当に、損害賠償関係刑事、民事事件を扱った振りだけして居ます「で、全部損保、共謀弁護士が、場当たりで捜査員、検事、裁判官を指揮して居のままに操って従わせるだけだから、法曹資格者等、一生何をして居るかも理解出来ないままが真実です」

結果「損害賠償は「加害側が債務者、被害側が債権者ですよ、この鉄則から本当に”弁護士、検事、裁判官カルト等は理解以前なのですよ”全部損保の連中が、共謀弁護士に指示を出して、辯護士が今までの出鱈目芭蕉手続き?を強引に、合法等理解以前で仕切って検事、裁判官、捜査員を従わせて成功、これが真実です」

法曹資格者等はほぼ誰もが、同じ司法犯罪マニュアル通りを繰り返すだけだから「債権債務とは?債権者、債務者適格根拠とは?損害賠償事件における債権者、債務者適格とは?正しい損害賠償債権、債務の証明根拠とは?等何も知らないままです」

同じ事で「正しい債権所有者、債務を負った者とは?も何も根拠、法律的事実証拠証明も理解以前です、法曹資格者のこれも現実です」

この現実が有るから「司法手続きごっこなど、合憲、合法の対極の国の公務手続きが真実!の現実が日常化されている訳です、合法破壊を司法が公務手続きで凶行!を証明されれば逆上、逆恨みに変じさせて、司法テロで陥れると暴走も常の理由がこれです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391250
ユニークアクセス:6544121
今日
ページビュー:220
ユニークアクセス:218
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed