エントリー

三井住友による、司法も確信犯の詐欺犯罪

  • 2024/04/03 18:19

南警察署にも足を運び「三井住友と札幌の裁判官、裁判所共謀確信犯罪”道理も何もぶっ壊しての、自家用自動車保険、車両特約で保険金を支払った、保険金支払いした金額分、車を壊したらしい?加害者設定者加害者に対して三井住友は、債権譲渡を受けたから債権者となった”はあ、、、」

あいも変わらぬ”損保が言うから正しい、損保が言う事の根拠証拠等出す必要は無い”裁判官が職権で決めたからだ!

損保が司法を下僕で従えての「損保司法テロ犯罪の一事件、損保が正しいか否か、合理的証拠を出させると拙いから、司法テロ権力悪用を常と仕組んで有り、絶対に損保に合理的な証拠提出もさせません、裁判官も確信犯で共謀して居るからです」

この現実で何時も通り「損保三井が言うから正しいと決めて有る、三井が債権譲渡を受けて債権者になったと決まって居る‼債務者と設定されたお前、三井住友の請求金額を支払え!裁判官もこれを命じるぞ!」

とまあ、この手口の詐欺を「三井住友は法曹資格者ぐるみで、裁判官、裁判所、警察、関係する国の行政機関ぐるみ凶行し捲って来ても居ると言う」

しかしまあ「この手口の法曹、司法機関も詐欺と承知で常時加担!の司法手続きを使った詐欺”支払いを求める金額も、まあ良く練って決めて有ります、どうにかすれば支払える金額、多くのこの詐欺被害者方々」

刑事さんも上層部も、「どう言う根拠を持って三井住友、損害賠償債権に付いて”債権者に保険金を払った、拠って債権が譲渡されて債権譲渡を受けた、債務者に対して、簡易裁判所手続きも取って、債権支払い命令を出せ、と求めて通った!お前は正しい債権者だ!”これが何時も通り、成功する予定だったのだろうと?で刑事さんも上層部も

「どう言う論理的根拠で”被保険者に保険金を支払った、三井住友は、保険金支払額分債権譲渡を受けたから、債務者加害者に対して債権者となったから、債権を支払え、と簡易裁判所に訴えて、裁判官も確信犯で?故”この司法手続きでの只の詐欺!に合理的合法が見えないと、刑事さん等も」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391236
ユニークアクセス:6544107
今日
ページビュー:206
ユニークアクセス:204
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed