エントリー

環境事業公社犯罪

  • 2017/05/18 18:40

札幌市環境事業公社と契約すれば、一般廃棄物を好き放題請負処理して良い。

我々建設業者には、とても信じられませんが、これが運送屋と札幌市、環境事業公社の間で、公然と通って居る事だそうです。

札幌市都環境事業公社、要するに天下り利権を得る、札幌市の役人の犯罪です、それの為の犯罪制度です。

環境事業公社は、塵収集車、ごみ収集作業員、塵中間分別処理施設、一切無いので「運送屋、便利屋に搬出運搬させて”中間ゴミ処理施設許可の無い、運送屋、便利屋の倉庫、作業場に運ばせて”そこに公清、北清企業の塵収集車を差し向けて、請け負った運送屋、便利屋の産廃と偽り、処理する事を、日常として居ます」

幾つの廃棄物処理法違反犯罪が行われているか、とんでも無いですよね、この犯罪事実は「廃棄物処理法違反の適用根拠を、ほぼ壊して居ます」

これで通って来て居るんですね「札幌市と警察が、道庁が結託しているから、ここまでの廃棄物犯罪処理が、通せているのです」

塵中間分別処理施設も不要、運送屋、便利屋の倉庫、作業場に運ばせて、公清、北清企業等の塵収集車を差し向けて、請負事業者所有産廃と偽り、処理する事が常態化されて居る、良く分かりました。

これで又「廃棄物処理法違反で処罰された人達は、言い掛かりで刑事罰を受けた、話と証明された訳です」

表立っては絶対出来ない、札幌市役所犯罪の実態です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2017年05月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:2095376
ユニークアクセス:1789324
今日
ページビュー:1733
ユニークアクセス:1518
昨日
ページビュー:2410
ユニークアクセス:2166

Feed