エントリー

霊感商法より

  • 2017/05/31 07:03

@札幌モエレリサイクル団地、コンクリート再生施設に墓石破砕機械を税金を使い、導入、設置した後”札幌、石狩、北広島、江別、恵庭他市、町”で墓石事業を行っている業者に、撤去した墓石から魂を抜いた後は墓石、墓石(制作墓石端材も)共に産廃である、中沼施設に運び、産廃処理せよ、せねば産廃違法処理とする、この悪質霊感商法に走った各市に、下記事項に付いて公文書回答を求める

                               平成29年5月31日
※上記悪質霊感商法公共事業を、何故認めたのか、昨日付け秋元市長に対する回答要求文書も読んだ上で、国の機関も答えよ

金田勝年法務大臣 大臣官房秘書課、中山、刑事局大場担当
TEL03-3580-4111(2086中山)
FAX03-3592-7393
河戸光彦会計検査院院長 広報吉田、西村他担当
TEL03-3581-3251
FAX03-3593-2530
公正取引委員会北海道事務所
TEL011-231-6300
FAX011-261-1719

※この悪質霊感商法を実行して来た各市

秋元克広札幌市長、市議会 札幌市には情報開示請求手続きで送る
管財部工事監理室副島、環境局木村、村田、東田、霊園事業実施部署
TEL011-211-2132
FAX011-218-5166
石狩市長、市議会、廃棄物課伊藤課長、霊園事業部署
TEL0133-72-3126
FAX0133-75-2275
北広島市長、市議会、廃棄物課志村課長、霊園事業部署
TEL011-372-3311
FAX011-372-6188
江別市長、市議会、廃棄物課阿部課長、霊園事業部署
TEL011-383-4217
FAX011-382-7240
恵庭市長、市議会、廃棄物課宮本課長、霊園事業部署
TEL0123-33-3131
FAX0123-33-3137 恵庭霊園には13年から友人が眠って居る

                        本件申立社

            〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、札幌市役所による”廃棄物処理法所管権限を悪事、刑事罰適用公務遂行に用いている所業に付いて「生活保護世帯の不用品、塵税金処理公共事業犯罪、各区に出向いての調査(中)中間報告を、先ず概要で伝える」

;各区(6区)共通回答ー生活保護家庭の不用品、塵の税金処理公共事業では”安ければ良し、違法処理云々責任は問わない公共事業”を、市の方針で行って来ている、山本さんの調査結果内容、説明を受けて、その上で裁判所の同種事業公文書写しを見せられて、初めてこの処理公共事業が犯罪行為と知りました、同じ違法、犯罪公共事業を(確信犯で)続行するか、合法化を果たすにも、公社、処理施設受け入れ事業も併せて違法事業と知りましたし、一連の違法の是正方法等を、市として決定しなければ、生活保護家庭の不用品、塵の税金処理事業の合法化への切り替え等を、区はどうにも出来ません、法を正しく適用すれば、犯罪行為に支払った処理費は没収ですか。

2、各記載市に対して、下記に付いて公文書回答を求める、併せて、答えを裏付ける証拠資料の情報開示も求める。

(1)墓石は新規製作物、端材、建立の為等で撤去した墓石も、環境汚染する産廃と決定して”撤去墓石は仏教の僧侶を中心として魂を抜いた結果、正しく産廃となった、よって札幌中沼リサイクル団地、現在の名称は札幌リサイクル骨材(株)に産廃として強制搬入し、産廃処理を行う事”この、悪質霊感商法を始めた時期を答えるよう求める、答えを裏付ける証拠の開示、情報提供も求める。

(2)墓石破砕機械は高額故、又、搬入される墓石の量も知れているので、墓石を受け入れて砕き、破砕コンクリートと混ぜて、安価で販売しても絶対採算は合わない、中沼施設は税金で墓石を砕く機械を導入したから、あの受け入れ処理が出来ている、松原産業社長が答えた内容である”この墓石破砕機械導入費、及び運用費に国税、地方税が使用されたか否かを答えるよう求める、答えを裏付ける証拠の開示、情報提供も求める”

(3)どう言う経緯と法理論、各市条例等によって”札幌中沼、現在の名称は札幌リサイクル骨材(株)に、札幌、石狩、北広島、江別、恵庭市(当別、厚田等も)から墓石を搬入させ、産廃で処理を強制実施させる事となったのか、法の根拠、条令の根拠を答える事、及び、答えを証明する情報の開示、情報提供を求める”事前にこんな偽りの悪質霊感商法、詐欺行為により、墓石破砕機械を導入して居なければ、この霊感商法行為は実施出来ないのだから、実際、他地域では、墓石は自然素材、拠って官民土地に埋めて処理されて居る。

(4)各市は”どう言う憲法第20条クリア論で、札幌市内道路当工事下地材に砕いた墓石をコンクリートと混ぜて敷き込ませ、不特定多数の日本国民、諸外国国民に踏ませて憲法第20条をクリアして居る、信教の自由蹂躙は無い”と公式確定させたのか、憲法論により答えを出すよう求める。

(5)墓石は産業廃棄物と確定させた、この行為に付いて、科学的根拠を公式に答えるよう求める。

(6)墓石で建立済み、作り変えで撤去された墓石は”仏教の僧侶が、あらゆる宗教の墓石から魂抜きを済ませたので、普通の産廃となった、よって産廃であるから、札幌リサイクル骨材(株)に産廃として搬入、処理せねば廃棄物処理法違反となる、札幌市環境局事業廃棄物課役人、帝北石材職員他墓石業者が、平成25年8月以降、ずっと山本にも言い張った事である”何の科学的、物理的根拠で”撤去墓石には魂が宿って居る、僧侶が魂を抜いた、結果産廃と変じた”と決めたのか、憲法第20条規定、廃棄物処理法規定を正しく踏襲した答えを出すよう求める。

3、当然であるが「本回答要求文書に付いて、憲法第20条違反なし、世界中の宗教相手の信教の自由侵害無し事実立証、及び、廃棄物処理法規定を正しくクリアを立証出来ないとなれば、既埋設済み墓石全ての撤去を、信教の自由の蹂躙を認められぬ故、求める事としてある」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4041184
ユニークアクセス:3401348
今日
ページビュー:1333
ユニークアクセス:1291
昨日
ページビュー:2671
ユニークアクセス:2578

Feed