エントリー

権力犯罪ですけれど

  • 2017/10/13 07:00

@岩見沢市役所、保護受給者家財処理で、一廃許可業者独占、搬出費も一廃業者に支払いは独禁法違反他です、札幌市犯罪では、搬出費も一括違法業者支払いです、岩見沢市、市内排出塵予想量虚偽、補助金詐欺は言い掛かりでしたね、札幌は、道内から排出者偽装指揮の手で受け入れ、闇処理で通って居ます、之も含めた犯罪は、警察官立ち合いだと出来ません
                               平成29年10月13日
上野友慈札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357
綿引万里子札幌高裁長官、地裁所長、民事、刑事部、民事執行係り
TEL011-231-4200
FAX011-271-1456
北村博文北海道警察本部長、札幌方面各警察署長
TEL,FAX011-251-0110 遺品整理士は、単なる民間資格、弁護士、行政書士法、廃棄物処理法違反隠し詐欺資格です
※札幌市とも共謀、一廃違法処理請負業者、排出者偽装処理手口
FAX011-786-2386 クロネコヤマト、全国で一廃違法処理請負
FAX011-299-3765 ライフピース、全道で一廃違法処理請負
FAX011-876-9344 ライフパートナーズ、市内で一廃違法処理請負
前田康吉滝川市長、市議会、保護課杉山課長、廃棄物課
TEL0125-28-8023
FAX0125-24-1997
松野哲岩見沢市長、市議会、廃棄物課近藤課長、保護課
TEL0126-23-4111
FAX0126-23-9977

            〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

河戸光彦会計検査院院長 広報鈴木、西村、吉田他担当
TEL03-3581-3251
FAX03-3593-2530法に沿った会計検査は無し、国税犯罪使用公認
公正取引員会北海道事務所
TEL011-231-6300
FAX011-261-1719 公正取引以前に、合法、犯罪の区別自体不可
高橋はるみ北海道知事、道議会、人事課、保護、介護保険課、環境
TEL011-231-4111 行政権力悪用で、当社に犯罪強要他
FAX011-221-6399
秋元克広札幌市長、市議会、保護、介護保険課市、区部署、環境局3課長、オンブズマン、清掃工場、環境事業公社、排出者偽装自体犯罪です
TEL011-211-2132
FAX011-218-5166
中川雅治環境大臣 廃棄物課堀川課長、産廃課流屋、服部担当
TEL03-3581-3351
FAX03-3593-8264
石井啓一国土交通大臣 貨物課平島課長
TEL03-5253-8111(41-301)
FAX03-5253-1637

1、岩見沢市役所「保護受給者所有物処理公共事業で”一廃許可業者に搬出、処理共に事業を独占させている、市職員と一廃許可業者で搬出から行っている、搬出費を税金から一廃業者に支払う事業である”との事ですが、独禁法違反から適用されています、一廃収集運搬事業許可権限を悪用して、荷役労働も、市が許可を出せない、一廃許可業者に市の許可権、事業発注件を悪用させて、一廃許可業者に独占受注させて居ますから」 

2、廃棄物収集運搬事業許可の範囲は「庭先、敷地内置き廃棄物を車両に積み、運搬出来るだけです”建物内外から搬出する作業は、荷役労働で別の事業です”廃棄物収集運搬業者では、物品搬出等作業で家人、家屋等第三者に被害を加えても、損害保険も適用されません、違法労働ですから、公共事業です、法を犯してはなりません」 

3、この部分では、札幌市の同様事業が「廃棄物処理法違反前提と言う事を除くとマシでしょう”一廃違法処理前提で(よって、請け負う業者は基本犯罪事業者、暴力団も含まれている、犯罪請負委任だから当然でしょうね、同じ業者に市は、無許可有料貨物輸送も発注)一廃業者以外に一括で請け負わせ、搬出運搬、分別違法処理併せて一括費用支払い、排出者を偽装させて闇処理達成ですから”同じ法による事業ですよ」 

4、岩見沢市役所「塵埋め立て施設の建設で、市内排出塵の予想分量を偽り、国から建設補助金を詐取した、予定より早く施設が満杯になると言うのは、元の市内排出塵分量計画が虚偽だったからであろう、この会計検査院からの追及は言い掛かりだったと、札幌市役所犯罪の公開立証と、今ではこの巨大市役所指揮犯罪公認により、良く理解出来たでしょう”札幌市は、道内全域からでも運送屋、便利屋、遺品整理業者?等に、処理を請け負った一廃違法処理前提物品を、市に持ち込ませ、市挙げて排出者を偽装させ、受け入れ処理し続けて居ます”逆に札幌から近郊市に、市内排出一廃(保護家庭物品も含めて)を越境搬出し、処理も行わせて居ますし」 

5、道警、道庁は「当社が個人の所有物を”再生費用は当社負担で再利用”を前提として、必要な費用を排出者から受け取って、所有権を移動させて物品を引き取る事業を立ち上げた事に対して”警察、道庁は、そのリサイクル、建設業法、廃棄物処理法規定に沿った事業を認めない、産廃許可、古物商許可を得て、排出塵を請負業者所有事業廃棄物と偽り、違法廃棄処理する事業とせよ、この犯罪処理を道警、道庁が認めて居る、こう当社に脅しを掛けて来ました、上記等行政、司法犯罪事実解明により、今は良く理由を理解して居ます」

6、暴力団関係事業者も含まれて、闇で行われている道庁、札幌市挙げての公共、民間犯罪事業(一廃違法処理前提一括請負、無許可有料貨物輸送)の裏は、国家権力犯罪だと証明されていますが、警察立ち合いだと、多くの場合業者、札幌市役人、環境事業公社は逃げます、法の正しい適用による廃棄物処理法違反、貨物自動車運送事業法違反の立件、送検は、市と共謀して居れば逃れさせられ、公開犯罪となり、通るのですが、警察立ち合いだと”まだ”成功しないようです。

7、家屋解体工事でも、残置一廃を解体業者に違法廃棄処理させて居る、道路使用解体工事でも、道路使用許可不要、警備員、保安員配置不要、これで解体工事を認めて居る建築確認、指導、安全推進課、警察ですが「昨日北警察署に出向き、警察署横の交差点(北23条西8)で(有)リョウホク工業さんが、道路も使い、家屋解体工事を、道路使用許可、警備、保安員配置無しで行って居たので、北警察署交通一課山下係長に通報しました、即刻歩いて現場に出向き、対応して下さっていますが「警察署横です、道交法を所管しながら、危機管理も何も無いですよね、ですが、この実例で今後、同様工事は、合法事業に変わって行くでしょう」                        

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2017年12月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:2552853
ユニークアクセス:2189002
今日
ページビュー:278
ユニークアクセス:278
昨日
ページビュー:2121
ユニークアクセス:1982

Feed