エントリー

2021年08月の記事は以下のとおりです。

極悪犯罪、カルテ偽造の恒常化

  • 2021/08/31 17:12

東海と提携弁護士「素因の競合、言い掛り診断を理由とさせて、傷害事件加害責任者に”東海と提携弁護士が、言い掛かりで損害賠償債務補填金を踏み倒す目論見で、詐欺訴訟を提起するから、実権ゼロを条件で、弁護士委任状必要事項に記載して、押印して返送しろ”」

こう命じたけれど、被保険者、傷害事件加害責任者は「自分には被害者を、言い掛かりで訴える気など無い、この弁護士委任は、自分の意思に拠って居ない、この弁護士委任状で行われる、弁護士の代理行為は、全て委任者となって居る、自分の意思では無い,こう、白紙委任状に書き加えて、返送したら」

普段から、非弁行為者損保と共謀して、弁護士委任者斡旋を受けて居る、委任者の意思はゼロが条件、東海が全権を持つ、詐欺訴訟の、名前だけの弁護士委任者を、数多く斡旋して貰い、脱法で稼いでいる、提携弁護士連中なのに「何時も通りの、損保から委任者を、法に背いて斡旋請けして居る、弁護士法第27条適用弁護士連中なのに”公式に、この法破りを委任状にも記載されたら”受任しないと言い出して、逃げた訳です、が」

東海と提携弁護士、札幌の裁判官、裁判所、完全な言い掛かり犯罪でしか無い「ダミーで弁護士委任者と、強要されて記載、押印した被保険者、傷害事件加害責任者が提起した訴訟、素因の競合が原因の傷害事件被害である、従って、本傷害事件加害者に、傷害事件に付いて、責任は一切無い、こう、犯罪診断をでっち上げて、詐欺訴訟を提起する予定で走って来て居ました」

これ等事実、証拠通り、公開証明して、ダミーで弁護士を委任した?事実も、詐欺委任状に記載して、詐欺代理行為しても、委任者の意思では無い、現実、ほぼ全案件、これが実際だし、本当の弁護士指揮権者は、賠償金詐欺、恐喝他犯罪で踏み倒す、損保なのだから。

詐欺訴訟の提起、受理も、日常的犯罪でしょう、損保、提携弁護士、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、法務省他ぐるみで、闇で仕組み、長年、今も、明日からも凶行犯罪ですから。

法による刑事、民事事件の扱い、証明、判決、決定等実際には、それを果たす資質、知識、能力、遵法意識、正義感他、何も備わっておらず、出来て居ません、必要な物が、何も備わって居ないんですから、合法のみ実現から、出来る訳が有りません、何も備わって居ないのだから。

こいつ等はテロ、犯罪行為者です、第三者行為傷害事件が起きた、被保険者、加害者が負った賠償債務補填支払いを、犯罪で逃れられるように、犯罪を闇で認めて、被害者と主治医を先ず、陥れて潰す、権力犯罪闇制度をでっち上げて、合法が犯罪だ、とでっち上げだけ通すぞ!に走って居るのだから。

この犯罪の為に「カルテから偽造を命じても有り、従って居る医師は多数、医師法等もう、何の意味も権限も、証拠価値も有りません」

損保犯罪、合法賠償踏み倒しの根本、の犯罪手法は、主治医にカルテ他を、損保犯罪用偽造させて有る

  • 2021/08/31 09:52

損保、司法犯罪、合法に損害保険金、被保険者が負った、対人賠償債務金保険支払いせず、逃がされている手口、極悪権力犯罪が成功させられて居る、これが無ければ常時、法の破壊で司法犯罪が最後で、常時成功させられない極悪な手が「被害患者の主治医に”損保、司法犯罪診断、赤本診断、素因の競合でっち上げ診断が正しいとなるように、カルテ偽造から、常時行わせて有る”これが最大、絶対的武器とされています」

この、損保合法賠償支払い潰し目的、厚労省、法務省、国土交通省、司法、警察極悪犯罪「第三者行為傷害抹殺目論見、被害者の主治医に先ず、カルテ等を、第三者行為傷害では無いと、偽造で記載させる、一般傷病カルテを偽造させる犯罪に、常時手を染めさせてある、医師の国家資格、医師法根こそぎ破壊犯罪事実、証拠の公開、証拠も求められれば、応じようと、配布しても有るし事実を、正しく知悉してりゃ」

運悪くも含めて「他者に傷害危害を、結果加えても”傷害事件である医学的証拠を、医師、主治医は作成、行使出来ません”日常的に、カルテから偽造して、合法と偽り、証拠で使って通して居る、損保が合法賠償金支払いせず、逃げられるようにで、第三者行為傷害の受傷治療なのに、素因の競合だの、でっち上げ診断、言い掛かりを医師が受けて、第三者行為傷害抹殺カルテ等偽造記載、作成する手で”第三者行為傷害事件の、刑事、民事記録、証拠で立証出来る真実です」

素因の競合が原因、今回の傷害事件による受傷は虚偽だ、この、犯罪診断が「常に、主治医の医療行為、カルテ、診断書で、第三者行為による医療行為との証明を、医師法から無効とでっち上げで決定させて、医師法から破壊させて、素因の競合犯罪診断が勝って居る、これしか判決、決定で適法としない」

素因の競合診断には「過去に被害者が、傷病が有って治療を行った一部情報が有れば、それが原因、今回の傷害事件で怪我を負ったは虚偽や、過去に怪我を負わされた情報が有る、今回の傷害事件受傷は嘘、過去の怪我が残存しているだけや、本人が基地外、心の病で、それが原因の傷病だ、この犯罪でっち上げ診断が、主治医の医療行為破壊で、常に正しい診断、で通されて居る訳です」

と言う現実を持ち「昨年8月11日の、意識を飛ばして追突して来て、私に怪我を負わせたが、素因の競合診断で、加害責任抹殺された警察官は”意識を飛ばして、突っ込んだ事も未だ理解不可能と言う、明確な素因の競合車です、彼は今後、傷害事件被害を受けても、全部素因の競合が原因、傷害事件被害では無い、これで通されなければなりません”」

そして「高温焼却炉転倒下敷き重症事件、第三者行為傷害加害者責任5割以上、損保、提携弁護士犯罪でこの責任を問われています、責任を取らせましょう」

損保に諂い、医師に医師法破壊強要、この先の、医師法蹂躙犯罪に走らせて居る

  • 2021/08/31 08:44

損保が、被保険者に該当する対象者が、第三者行為傷害加害者責任を負い、損害金債務補填支払いを必要となったなら「合法な、対人賠償を踏み倒せるように”主治医に、第三者行為傷害による、被害患者への医療行為、検査、診察、治療で、正しく第三者行為傷害受傷と、医師法を踏まえて医師が証明する”これを先ず、司法、警察、厚労省、国土交通省、金融庁、法務省らで、医師法を無効化させた事にして、主治医に蹂躙させて居る、これで主治医には、医師法による、第三者行為傷害受傷、治療等医療行為実施合法根拠を失って居る」

主治医に医師法違反から、損保が合法賠償を潰す為、強制実行させて有るのですから「医師法無効化に成功させて有る事実を持ち”損保の指揮下に入った、司法、警察他には、もう医師法蹂躙犯罪を、幾ら凶行しようと、犯罪で処断される事が無いから”でっち上げた、賠償踏み倒し用、賠償詐欺用犯罪診断でっち上げ放題出来る訳です」

第三者後遺障害患者の主治医は「カルテ偽造から、日常的に手を染めさせられて居る訳で、医師の国家資格業務による、正しい医療行為、診断だと、公式に通せなくなっています、医師と言う国家資格者業務は”犯罪に手を染めさせられて居る事で、国家資格者業務権限から、喪失させられて居ます”これにより、カルテ、診断書他に、合法な証拠価値が失われて居る訳です」

この、司法、行政、警察指揮、医師法破壊、医師にカルテ偽造から強要して、手を汚させて、第三者行為傷害事実を、主治医も抹殺犯罪に常に手を染めている現実、損保用司法、行政、警察他犯罪の現実が有るのだから、傷害事件加害責任を負った所で「傷害加害責任による、対人賠償責任を持つ損保に加入してりゃ特に、損保、提携弁護士、刑事、民亊担当裁判官、事件担当検事、警察が共謀犯で」

被害者の主治医に「第三者行為傷害による医療行為は虚偽だと、カルテから偽造させて、虚偽診断させて、傷害事件を抹殺させてくれますし”この医師犯罪以後、傷害事件受傷の治療が必須となれば、主治医に、虚偽の傷病名カルテ捏造からさせる、司法、行政、警察、労災、健康保険、生活保護事業共謀、闇の犯罪制度が稼働となり”もっと大掛かりに、主治医が主犯犯罪が生まれますから」

主治医、医師らには「この、大規模医師法から蹂躙犯罪のみ、適法だと強制捏造させる、損保の下僕に堕ち切った犯罪に狂奔以外、道が無くなって居る訳です、主治医にカルテ偽造から強要して有り、従わせて有る、司法、行政、警察他犯罪の現実により、医師法から、公に無効化が実現されていますので」

赤本診断、素因の競合犯罪診断”だけしか、犯罪裁判官は、判決でも認めない”からくりと言う事です、医師に、医師法遵守、カルテ他偽造は犯罪だから禁止、この犯罪に手を染めれば、医師法違反で行政処分、刑事責任追及としない限り、止めようが無い現実です。

医師法無効化、損保が、傷害事件賠償債務支払い逃れ出来るように

  • 2021/08/31 07:58

私が、複数の第三者行為傷害事件被害に遭い、その都度「損保が合法賠償せず、犯罪の限りを尽くせて、合法支払い逃れ出来るように、を理由とさせての、警察、司法極悪犯罪被害に遭遇させられる事の繰り返しを体験させられて来て、実例を持ち、闇の権力犯罪を、種々暴き、公開して来ました」

この警察、司法、法務省他、行政機関犯罪を成功させて有る、絶対必要な武器は「傷害事件被害者の主治医、治療先医療機関に”損保が司法と闇ででっち上げて有る、赤本犯罪診断と、素因の競合犯罪診断、この犯罪診断を、医師法破壊で、無条件で受け入れさせてある”これが、絶対必須の武器として有ります」

何と言っても「第三者行為傷害の受傷だと、医師法に沿って、主治医が医療行為を重ねて、カルテ、診断書に正しく記載して、合法な医療行為を続けられて、法律通り、合法な医療行為と認めたのでは”損保、提携弁護士、刑事、民亊担当裁判官、裁判所とすれば、巨大スポンサーである、損保様が、法に沿い、被保険者が負った、賠償債務金補填支払いする”これを通させなければならず、司法、警察権限悪用、損保が合法賠償せず、逃がして貰う恩恵に預かれません」

それでは、闇利得が得られないから「医師法破壊の恒常化を、司法、警察で、刑事事件捜査で先ず徹底させて、主治医に、医師法遵守したら、様々不当なペナルティを科させて、医師法破壊、カルテ偽造から、言いなりにするように、国家権力テロで従わせて有り、赤本診断、素因の競合診断が正しいと、主治医が積極的に、カルテ偽造、公的資金詐欺用医学的証明等発行に、国中で走らせるように、飼い慣らして置いて有る訳です」

この事実は、損保が合法賠償支払い逃れさせて貰えて有る、公式実例、証拠の、傷害事件、損保が賠償責任を負った傷害事件の刑事、民事事件記録を検証すれば「ほぼこの、医師法蹂躙、犯罪診断に医師が従って居る、刑事、民事事件共、医師法の破壊、言い掛り診断が常時正しい証拠で通されているので、損保は、合法賠償支払い逃れで逃がされていると、事実で証明出来ています」

この、闇で強制力行使で仕組まれている、損保用極悪犯罪が「私が被害者の、複数の第三者行為傷害事件で”損保、提携弁護士犯罪も、何時も通り凶行された上で”公開で、詐欺診断を通そうとの、損保、提携弁護士(と、刑事、民亊担当裁判官、事件担当検事他)雛形踏襲犯罪実例”で、主治医が医師法蹂躙に走らない前提で?”破綻実例が出来そうです」

刑事事件の捜査段階で「損保、提携弁護士が、刑事、民亊担当裁判官らとも闇で共謀?して、素因の競合犯罪診断をでっち上げて”傷害事件加害者責任を、公開抹殺に走って来て居る”けれど、刑事事件捜査で先ず、素因の競合診断、昨年8月11日の、追突加害者警察官が、高温焼却炉転倒下敷き第三者行為傷害事件の、加害責任を5割以上負って居るか、主治医がこの、素因の競合を、医学上認めた証明を出すか、これで合否証明が、先ず出る状況に持ち込めて有ります」

東海が、合法支払い逃れを目論み

  • 2021/08/31 07:32

他者に傷害事件加害行為を加えて、複数の、金銭的も含めた被害を与えても「加害責任者が、第三者行為傷害加害者が負った、対人加害による、損害賠償債務に付いて、法と契約の範囲で、被保険者が負った、賠償債務金補填支払い責任を負うと”損保が合法賠償せず、法に背いて逃げられるように”刑事、民事事件で、警察、司法、行政共謀、第三者行為傷害受傷抹殺目論見、権力犯罪が繰り広げられて、第三者行為傷害が抹殺される、日本国中で凶行されて居る事です」

この、犯罪そのもの以外、法律的にも答えの無い、極悪な犯罪を、表立って凶行に走る立役者?は「特に損保が飼う、提携弁護士であり、犯罪適法を、法の破壊で常時判決、決定で出す、裁判官、これの為、傷害事件抹殺捜査を常、とさせて居る検事、この司法犯罪用、傷害罪証拠抹殺捜査で送致指揮を受けて、常時従って居る、警察組織です」

素因の競合等と言う、言い掛かりのみが常時、医師法破壊、主治医による、正しい被害患者に対する医療行為、証拠に勝って居る、この国家権力は「医師法の無効化、損保が合法賠償逃れで持ち出す、素因の競合犯罪診断のみ、法に拠らず常に適法だと判決を下す事だけを重ねて、損保が合法賠償逃れ出来て、逃げられるように企んで、実行して居ます」

損害保険に加入して居れば「傷害事件加害行為責任を負っても”司法、警察が、日常的に手を汚して、成功させて有る、医師法破壊、主治医の医療行為を出鱈目、犯罪と、合法無しで常時決めて、医師法による医療行為犯罪化”素因の競合診断が正しい判決、決定、この司法、警察が、損保の支配下で、常にでっち上げと承知で、通して居る”傷害事件抹殺、責任逃れさせて貰えて居る恩恵に預かれます」

事実を書くと「こうした司法、警察、法務省他、損保が合法賠償債務金支払いを逃れて逃がされている、これが目論見の、テロ犯罪のみ常時成功させて有る、極悪犯罪が常勝、これで通されて居るのだから”偶発的な傷害事件加害行為で、損保が賠償債務補填支払い責任を負う条件”であれば、権力犯罪が闇で凶行されて、傷害事件加害者責任を、刑事、民事共、抹殺されて逃がされます」

つまり「刑事、民事加害行為者責任が、犯罪で抹殺されて、逃がして貰えて居るんです、この現実が、損害保険に加入して居て、損保、提携弁護士の手で与えられて居る、犯罪者の恩恵です」

こう言った司法、警察、行政犯罪の、実際の手口、闇犯罪の仕組みを、出来るだけ詳しく理解して置いて「偶発的に、第三者行為傷害加害責任を負ったなら”損保、提携弁護士から、傷害事件抹殺、犯罪で刑事、民事共抹殺の恩恵を、正しく、不特定多数の加害者達同様、積極的に恩恵に預かり、逃げる手立てを講じれば良いです”どうせこれで逃がされるんだから、一つも傷害事件加害責任等、闇抹殺される加害行為です、負う必要は無いと言う事です」

極悪非道な権力犯罪、傷害加害を加えて生活力等を奪い、弱みに徹底的に付け込み、陥れる司法テロ

  • 2021/08/31 06:57

損保に取り、被保険者に該当する者が「対人加害行為者となり、対人加害賠償責任を負い、法と契約、約款規定により、被保険者が負った、対人賠償債務の補填責任を負ったなら”特に加害者責任が10割、被害者に過失割合が無いとなれば”素因の競合と言う、損保指揮、司法犯罪診断が、主治医の医療行為を、警察、司法犯罪を武器とされて、無効と強制捏造で決められて、素因の競合等と言う、犯罪診断のみが、常に正しいと、狂い切った裁判官、刑事、民事共担当裁判官、裁判所により、日常的に判決で、法に拠らず採用されて、押し通される訳です”」

;素因の競合とはー損保に取り、対人賠償加害者責任を負った被保険者に対して、損保が、賠償債務に付いて、保険金支払い責任が有る、被保険者が、傷害事件加害者責任が10割の場合は特に”被害者には、該当傷害事件受傷被害に付いて、過去の傷病歴が、本件傷害事件の原因であると、医師法、被害者主治医の医療行為は虚偽と、法を破壊させて決定されて、第三者行為傷害加害責任を、合法無く過去の傷病原因だ、と、強引にすり替えられて通される”損保が合法賠償せず、逃がされている、司法、警察、法務省他共謀犯罪の事です。

じゃあ「同じ状況の、第三者行為傷害事件で、このオカルト犯罪、でっち上げ診断が正しいとされている現実の、実例証拠が多数有る訳で”第三者行為傷害受傷被害者の怪我は、過去の傷病が原因で、今起きたとされている、第三者行為傷害事件での被害受傷は虚偽”だと、常時、医師法破壊、でっち上げだけの、素因の競合犯罪診断が正しいと、常時裁判官が、合法破壊で決定して、通している以上、被害者と偽って居る者?と、主治医を、法によって、虚偽の第三者行為傷害申告者、賠償金詐欺犯罪者なのだから、中途半端な期間分だけ、賠償、補償保険金支払いして、でっち上げ診断期間以後は踏み倒す、等せず、詐欺罪で摘発するのが、正しい扱いの筈です」

そもそも、損保がでっち上げた日数だけ、素因の競合犯罪診断外で、その日数を超えたら「過去の傷病が原因の怪我だ、今回の、第三者行為傷害事件が原因の怪我は”損保、提携弁護士、刑事、民亊担当裁判官がでっち上げた、第三者行為傷害による受傷期間までだ”以後の第三者行為傷害受傷は、素因の競合診断が強制適用されて、虚偽だと、刑事、民事上決定される等、合法の筈は無いです」

素因の競合、医師法破壊で、賠償を状に背いて踏み倒せて居る、損保用司法、警察、行政他、国家権力犯罪です「傷害事件加害責任を負った時に”刑事事件捜査でこの、損保指揮、司法、警察、行政言い掛り診断を、加入損保、提携弁護士に、どんどん付傷害事件加害者責任から、出来る限り逃げられます”これが損害保険に加入して居る、最も正しい理由で」

詐欺不払い

  • 2021/08/30 14:30

@今年3月29日に起きた、私が傷害事件加害者責任を負って居る、日常生活賠償特約適用第三者行為傷害事件、未だ合法請求に応じて呉れて居ません、改めて先ず、私が支払い済み賠償金、私が持って居る、保険金支払い債権の請求を致します、金融庁、損保の提携弁護士、訴訟詐欺委任弁護士は、証拠の通り逃げました、この詐欺不払いに付いて、保険業法を持ち、合否を答えて下さい

                                  令和3年8月30日

本件請求先
〒007-0829 札幌市中央区大通西3丁目3-7
          北洋大通センター15階
東京海上日動火災保険株式会社 御中
札幌損害サービス第4課
TEL011-350-4357
FAX011-271-7379
該当証券番号 D03〇〇〇〇〇78
受付番号   〇〇-00〇〇〇21-0-〇-〇

                           本件請求被保険者

                     〒

                     氏名         印

                     携帯
                     FAX011-7〇〇-4〇〇〇

金融庁、保険業法違反事実を持ち、詐欺不払いに付いて調査、回答を改めて求める
〒100-8967 東京都千代田区霞が関3-2-1中央合同庁舎7号
永見野良三金融庁長官 金融サービス利用相談室
TEL03-5251-6811

@令和3年7月4日、及び、7月27日、既請求未払い分請求3回目

金額 〇〇〇,〇〇〇円 本件請求被保険者、債務者に支払い済み分請求

保険金振込口座番号
口座名 山本〇〇
xx銀行本店 普通預金口座 口座番号 4〇〇〇〇〇

速やかに先ず、この金額支払いを求める、訴訟詐欺は潰えているのですから。

国家資格者、公権力が本気で、赤本、素因の競合診断で、医師法破壊、主治医の医療行為を犯罪で潰せると

  • 2021/08/30 10:10

法曹資格者、法務省役人、警察、国土交通省、金融庁、厚生労働省の役人、報道カルト等が「共謀犯となり、本気で”赤本診断、賠償論、素因の競合、言い掛かり犯罪診断が正しい事と、医師法、主治医の医療行為を犯罪、出鱈目と捏造して通るのと合わせて、この先も永遠に、出来て通せる、闇でこれが正しいと偽れるように、犯罪を重ねる事と合わせて、永遠にこの犯罪が、成功し続けると、本気で信じて、犯罪を重ね捲って居ます”」

この犯罪を、常時成功させて通せて居る、最大の武器は何と言っても「医師法蹂躙を、常に外部が果たせて居る、主治医の医療行為を出鱈目、犯罪だと、捏造で決めて、赤本、素因の競合診断が、唯一正しいと、犯罪の積み重ねを武器とさせて、通せる、これを主治医が飲んで、この司法他犯罪通り、カルテから偽造、行使犯罪に手を染めている、司法犯罪に医師が、医師法破壊、医師の国家資格蹂躙で従って居る事です」

医師法破壊、主治医に司法犯罪診断に、犯罪に手を染めて従わせて居る、これが最大部類の武器です。

狂った独裁国家権力の定番行為、自分が狂った頭、無知無能、異常さしかない頭の程度で「狂った決め事を、でっち上げで決めたら、カルト教祖の下僕国家権力等が”狂った独裁カルトの、戯言以外無い法螺が正しいとなるように、必要な犯罪の限りを尽くして”狂ったカルトテロ独裁者の、戯言こそ唯一正しいように、強制偽装して、正当化を果たす、これの踏襲ですよ」

損保が合法に、傷害事件加害責任者、被保険者が負った、賠償債務支払い、補填支払いせず、逃げられるように、犯罪の積み重ねで、医師法破壊、主治医の医療行為は詐欺、出鱈目、犯罪と、法に拠らず強制捏造して、司法、損保犯罪診断を下したら、カルテ偽造から何から、主治医、医療機関、監督官庁、公金事業が共謀犯罪に走り、司法犯罪判決が正しいと偽装して通して居る。

この権力集団テロ、犯罪は、この狂った犯罪国家権力こぞって「合法と犯罪と、何の区別も判断も出来ない集団、浅原を死ぬまで狂信し続けて居る、オウムの残党らと同じ思考、人間性、程度故、自分達で合憲、合法に切り替える事等不可能です、犯罪と認識も何も、自分では出来ないから」

損保犯罪用、出鱈目傷害事件抹殺捜査、送致が仕組まれている先

  • 2021/08/30 09:31

損保が加害責任者、被保険者との損害保険契約により、傷害加害行為者責任により、被害受傷者に、合法な損害保険金、賠償債務金補填支払いせず、逃げられるようにと仕組まれている「傷害事件は起きて居ないように、刑事事件捜査で偽装、証拠隠滅捜査で常時終結、傷害事件は起きて居ないように、虚偽事件捜査で送致を、検事は警察に指示して有る、この刑事事件詐欺扱いを、事件後二十日前後で、でっち上げを果たして送致して居ます」

この、傷害事件刑事訴訟法手続き詐欺で、公式証拠から抹殺捜査で終結、送致を、闇で設定しており、常にこれで通す不文律も踏まえて有る、赤本診断、素因の競合犯罪傷害事件受傷診断で、債務不存在で打って出ると、常に主治医の医療行為、診断が詐欺と強制でっち上げて、赤本、素因の競合犯罪診断が、犯罪の頭裁判官の判決、決定が下り、勝って、損保は合法賠償逃れが常に出来ている、こう仕組まれています。

この一連の、損保が合法賠償逃れ出来て、常時逃がされている司法、警察、行政犯罪は「刑事事件捜査が、医師法から破壊させて、赤本、素因の競合犯罪診断だけが通るように”傷害事件は証拠無し、これで常に送致、検事が指揮して有る、刑訴法詐欺を、事件から20日前後で成立させる大前提が仕組まれて居まして”」

この闇のからくりが、常時成功させて有るから「医師法、主治医の医療行為、診断を、犯罪、詐欺、出鱈目と、法に拠らず常時決定もする闇の設定と合わせて、常時成功させて有る、これが破綻しない事が、大前提の権力犯罪です」

これ等事実を、詳しく知悉して居て「この一連の、損保用司法、警察、行政犯罪の罠に、被害者が落ちないように、事前に対抗策を講じれば、一番必要な事は”主治医に、医師法の順守を徹底させられる事です”損保、司法犯罪集団は、医師法破壊テロ、これが大前提として有る訳だから」

この、医師法規定の破壊で成功させて有る、損保用犯罪、傷害事件犯罪抹殺から常時強制成立、刑事、民事事件扱いを、国内外に、事実通り告知して、知悉されれば”「傷害事件加害者責任を、第一に抹殺して逃げ得られます、現実に、損保が傷害事件被害者への賠償支払い潰しを、この一連の犯罪で成功させて貰えて居る事で、傷害事件加害者は、責任逃れさせて貰えて居ます」

誰でも利用出来る、傷害事件加害者責任、警察、司法による、実際に成功させて有る、犯罪責任抹殺行為です。

損保、司法犯罪、素因の競合言い掛り診断で、刑事、民事共加害責任、賠償責任逃れを常に

  • 2021/08/30 08:16

素因の競合、損保、司法犯罪診断以外、主治医による、医師法から遵守した、第三者行為傷害の治療、受傷部位等の検査、診断、証明は、全てでっち上げ、違法、犯罪だと、司法、警察が実際、常に法の破壊に走り、強制決定させてのみ通して居ます。

私が高温焼却炉の下敷きになって、奇跡的に、年単位の重傷を負いながら、生き延びた、他者が所有、管理責任を負って居るこの危機による、重症傷害事件でも「加害責任者、被保険者である、加害者加入日常生活賠償特約、東海と提携弁護士は、昨年8月11日に、私が運転するトラック後部に、意識を飛ばして突っ込んで来られて、重い怪我を負わされた、加害者の山本x一警察官に、高温焼却炉転倒傷害事件加害者責任が、5割以上有る、刑事、民事共、この素因の競合診断で戦う、加害者、被保険者に、弁護士を、実権無しが条件で委任させて、東海と提携弁護士で、裁判官共々、素因の競合診断が正しいとする為、刑事事件に打って出るのと、詐欺訴訟の提起を行う」

こう、私と加害者に、東海が宣告して、提携弁護士は、ダミーの弁護士委任状、委任者欄空白、被保険者に、ダミーで弁護士を委任させる委任状を、提携弁護士は、東海に送り、東海は、表書きを付けて、詐欺訴訟提起用委任状だと示した表書きを添えて、被保険者に送ったと言う。

今までであれば「この一連の犯罪が、損保、提携弁護士からの”保険支払いするかもしれないから、言う事を聞け、言う通りしなければ、一円も支払いしない、お前に高額賠償金支払い出来るのか、債務支払い責任を負いたくないなら言う事を聞け”との脅し、脅迫が常時で行われて、被保険者は従い、後は詐欺事件捜査で、傷害事件証拠無しで捜査終わり、送致、傷害事件刑事上抹殺成功も武器で加えて」

後は闇の設定通り「素因の競合診断を武器とさせて、債務不存在確認訴訟を起こせば”合法無しで裁判官が、素因の競合診断が唯一正しいと、判決、決定を下すからくりです”何処にも合法の無い、損保が合法賠償せず逃げられるように、これのみを目論んだ、司法犯罪判決が、常時下る闇のからくりです」

この、損保が犯罪指揮して居る、司法、警察、行政共謀犯罪は基本「傷害事件加害責任者が”損保、提携弁護士(訴訟詐欺担当裁判官、裁判所も)用に、実権無しが条件で、ダミーの弁護士委任する”これが必要犯罪となって居る訳です」

今日の文書と証拠は「この国家権力、司法犯罪実例、弁護士委任状、付記を加えた弁護士委任状に、記載して押印の上、損保提携弁護士に委任状を送ったら、事実通りを書かれた委任状で、詐欺代理が出来ないから下りると、弁護士が文書を出して来た事で、この司法詐欺犯罪も、崩壊したと言う、実例証拠が出来て居るんです」

ページ移動

ユーティリティ

2021年08月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745422
ユニークアクセス:4919299
今日
ページビュー:2647
ユニークアクセス:2603
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed