エントリー

司法犯罪の数々

  • 2024/04/13 17:32

司法犯罪の数々、合法をまるで行わずが重なり続ける事で、合法とは、も見事に分からない法曹資格者ばかりの日本国が創成されています、人間日々国家権力を持った立場で犯罪に狂奔だけしてりゃ、合法が何かも全く理解出来なくなります。

正しく事件を理解する事から目を逸らしてだけ居て、犯罪者の言うがまま、犯罪の制度化に狂奔してりゃ、合法が何かも分かる筈が有りません、まあ「元々このカルト現人神連中、合憲、合法等微塵も理解以前ですけれどね」

合法が何か、これ自体まるで理解以前なので、犯罪が悪とも分からない国家独裁権力が出来上がった訳です、無知無能な人間を、現人神、全能の生きる神!と虚偽で設定して付け上がらせ続けた結果です。

この事実が前提であるので「犯罪者に事件を指揮される事が当たり前に成り下がり切って居ます、合法が全く分からないのだから、犯罪と分かる筈が有りませんが”インターネットがこれだけ普及してきている現在なのに”大マスコミの法曹神全能虚偽喧伝、法螺洗脳報道で、何時までも司法犯罪制度が常に正しい虚偽設定!が今後も成功して行く、と高を括って居る訳ですが」

司法犯罪制度等「司法犯罪制度被害に巻き込まれた刑事、民事司法手続き被害当事者に、司法犯罪制度被害当事者と言う立場を公に使い、司法犯罪制度被害当事者特権を行使する手を使われれば”三権分立憲法の大原則”が絶対的武器と出来るんです」

他者の預金、遺産と金横領、詐取、窃盗弁護士用が主体の司法犯罪制度も「令和2年からいきなり”特殊詐欺だの命名して、犯罪だと扱うように、令和元年迄正しい犯罪だ!”と捜査機関、国税庁、国の監督行政機関、法曹カルトテロ国家権力等が共謀の犯罪者で犯罪を成功させれば犯罪利得は泥棒と共謀弁護士が、没収されず、徴税されず、被害者に被害賠償せず”で逃がし捲って来た」

被害者が、この司法他国家権力共謀犯罪を正しく犯罪と立証して、犯罪で預金を奪う事を阻止すれば「逆上に走った司法カルトが冤罪テロに走るのも常として来た、弁護士用の他者の資産、資金強奪利権を潰した逆恨みを晴らす為で」

同じ構図が「損保が指揮する犯罪で賠償叩き潰し、あらゆる極悪犯罪を公認して、やはり詐欺冤罪粛清も組み込んで凶行して、司法犯罪はどれもがこの構図の犯罪で成功させて有る代物です」

損保、司法犯罪は、犯罪が立証されても職権濫用で犯罪者と犯罪ともに免責が常、正しく捜査すれば破滅故

  • 2024/04/13 09:15

損保、金融屋犯罪は「捜査機関、司法カルト等が”無知無能さ故損保、金融屋の連中の言うがまま、合憲、合法の破壊、無効化、損保、金融屋が指揮する事の犯罪も理解以前、無知さが極まって居るから合否判断も不可能による”この現実がほぼ全ての事件の現実なので」

あらかじめでっち上げただけの、損保、金融屋が自分達ぐるみの犯罪業務を、捜査機関、司法カルトも共謀して”正しい犯罪で有る、損保、金融屋が犯罪業務を凶行して居る事を、捜査員、司法カルトが職権濫用、合憲、合法破壊に走って正当な犯罪だ!”とでっち上げで決めて通せ!

これ以外行わず、成功させて居ないのが日常だから「損保、金融屋の犯罪事業事実から、正しく犯罪だとの証拠、理論構成を揃えて暴いて糾弾されれば”捜査機関、司法カルト職権濫用、犯罪者と犯罪免責、犯罪と犯罪者を闇に消す、職権濫用を凶行して”で」

損保、金融屋が正しい、合憲、合法は間違いだ!損保、金融屋がでっち上げた冤罪が正しい犯罪だ!冤罪を正当化する為の、犯罪者を雇って働かせて捏造した、損保、金融屋犯罪が正しいと偽る証拠が正しい!正しく無いと立証されて言い訳が出来なくなれば。

捜査員、司法カルトが職権濫用特権を行使して「損保、金融屋と雇った犯罪者がでっち上げた冤罪を成立させる偽造証拠が正しい!偽造証拠が偽造、犯罪と暴かれてしまったが、捜査員、司法カルトが合法破壊で損保、金融屋犯罪での冤罪でっち上げが正しいと決めた!冤罪に陥れると決めた!」

ここまで無法、テロも日常化させて有る通りです「時代錯誤を極めるばかりのこれ等現実ですが”無知無能過ぎるまま、正しく知的要素、必要知識、正しい合憲、合法の理解、事件を正しく理解して理論構成して、自分で正しく構築する能力、資質のどれもを正しく向上もさせられないままだから」

あの先代二名、先代の次男設定者と妻子もそうなように「インターネットで瞬時に様々な情報が発信される時代が加速の一途、に全く損保、金融屋、捜査員、司法カルトは対応出来ないまま、時代錯誤を加速させ捲って居るんです、元々カルト集団が実態だからカルト振りも現出し放題になっただけですけれど、司法カルトも含めて」

司法が指揮する損保、金融屋犯罪等が成功している理由は、司法手続きに持ち込むと、あらゆる犯罪が免責されて逃がされるから

  • 2024/04/13 08:52

損保等が指揮する司法手続き犯罪が、国中で大手を振って、犯罪の限りを損保等犯罪者と損保が事業資金を拠出して使う犯罪者連中、損保、金融屋が使う弁護士も同様の犯罪者!の犯罪を全て捜査機関、司法カルトが、明確な犯罪と立証された上で犯罪者と犯罪を、片っ端から免責とさせて逃がす、握り潰すから成功出来ている訳です。

裁判を使えば「あらゆる犯罪、犯罪と立証された犯罪と犯罪者の犯罪責任、犯罪行為が免責と強引に、捜査機関、司法カルト等の職権悪用で出来て通されている”損保の犯罪で有れば、合法による損害保険金支払いを、犯罪に手を染めて詐欺請求だ、嘘の損害賠償保険金請求だ”と、損保と司法らが共謀の犯罪に走り、犯罪用資金を犯罪実行者に損保が提供して」

損保、共謀捜査機関、司法カルトが企む詐欺冤罪、詐欺請求事件!だとした偽造捏造証拠作りをさせて「損害保険金詐欺、損害賠償金詐欺事件だ!損保が詐欺犯と決めたこいつが詐欺犯だ‼と刑事、民事で訴えれば、無条件で、合法等無い上で捜査機関、司法カルトが刑事、民事司法手続きでも詐欺冤罪等が正しいと決めて通すからくりなのです」

この損保等指揮、捜査機関、司法共謀冤罪、合法賠償保険金、賠償金犯罪を武器とさせて踏み倒し成功テロは「正しい損保等、捜査機関、司法共謀のテロ、犯罪事実証拠、犯罪との理論構成等を、広く国内外に発信出来なかったし”捜査員、法曹資格者、報道カルト等がこぞって”正しい損害賠償規程は知らない、正しい損保の業務も知らない、正しい損害の立証とは、も知らない、損保の職員もこれらを正しく知らないで捜査機関、法曹資格者を出鱈目で指揮」

もっと無知無能な捜査員、法曹資格者故「損保の下っ端が指揮する内容が合法なのか?虚偽によるでっち上げ、偽造、言い掛かりなのかも何も、まるで理解以前と来て居るから、損保等犯罪指揮者の言うがまま、司法手続きに持ち込むと、あらゆる犯罪、犯罪行為者と証明された犯罪者共免責で逃がして通して居る!が組み合わさり」

損保等が犯罪正当を企んで捜査員、司法を指揮の通りの刑事、民事司法手続きでの出鱈目決定、犯罪正当判決を下して成功させて有るからくりです。

最近迄、私以外誰も「この損保等の犯罪正当化の手口と方法、捜査員、司法カルトが何も知らない強みで言われるがまま犯罪に組!で詐欺冤罪の罠を成立させて居る、合法を犯罪で叩き潰して、正しい損害賠償、損害賠償保険金支払いを日常的に潰せて犯罪利益を得放題出来ている!事実を正しく立証出来なかったし”只の犯罪だから、犯罪証拠と犯罪者を特定して、刑事事犯で被害届け出を出して”犯罪捜査させる事も拒まれて来たから”」

この類いの犯罪も、常に成功に持ち込めて来た訳です「この類いの犯罪、刑事、民事司法手続き主張、証拠、不足部分を更に洗い出せば”絵に描いた冤罪、捏造の犯罪事件のまま陥れている”と立証出来る事件が多数有るけれど、無知無能故見ても理解不可能、オカルト犯罪そのものですけれどね」

損保、金融屋犯罪は、捜査機関、司法が直に共謀テロが成功の武器

  • 2024/04/13 08:31

損保、金融屋犯罪は、捜査機関、司法カルト、監督官庁、報道カルトが直接共謀犯罪者、損保、金融屋が必要な権力犯罪を指揮して、捜査機関、司法カルトが唯々諾々と、合法破壊に走って成功させて有るだけ、が真実です。

この類いの犯罪は「犯罪を正しいと捏造、虚偽で詐欺、横領犯を仕立てて陥れる、これ等を捜査機関、司法カルトが職権濫用を用いて成功させるから、慣れない被害を受ける側は、あっさり陥れられると言う構図です」

札幌地裁令和5年(ワ)第2173号、あいおいが原告のこの民事事件も「被害者を先ず、加害責任工事業者が有入すると言う、建設総合保険に対して、被保険者不適格だから、被害側は加害工事業者が加入、建設工事保険と利害関係等無いけれど、当然損害保険金請求等出来ないし、この法律事実から、例によってあいおい、捜査員、法曹カルトの誰も知らないと言う、何時も通りの損保、捜査機関、司法共謀のテロ!が前提なので」

根本から何も知らない、理解以前のこの連中が共謀して居て「間違った事も正しく理解に至れる訳も無く”被害者から教えられて、あいおい加入被保険者を、民亊で公式に訴えた、詐欺請求した被保険者との設定で”この設定での訴えの上で」

被害者を詐欺冤罪に落とそうから「被害者と被保険者工事業者が、虚偽の建物損壊被害をでっち上げて、工事業者、被保険者があいおいに対して、詐欺を企んだ損害保険金支払い請求を行った詐欺事件だ!と言う虚偽の事件構成に変えた訳だけれど」

この詐欺冤罪を成功させる為に「あいおいは事業資金を拠出して”一級建築士二名、損保協会認定只の民間資格鑑定士一名、アジャスター一名、代理店職員一名を大挙して被害者宅に押し掛けさせて”一級建築士国家資格を悪用して犯罪を重ねて」

「住宅損壊は虚偽だ”13,7トンのユンボで土木工事を行っても震度3以下しかあらゆる地盤は揺れが起きない、表層土下の自沈層には強固な地耐力が有るんだ!”事前の建物測量数値も嘘で詐欺用の測量、犯罪だ!あいおい、一級建築士、鑑定士、アジャスターは損壊が有ったかどうか、事故届け出が出てから現地を見れば分かるんだ!」

こう言う偽造、でっち上げた詐欺の証拠を捏造して、公に証拠だ、と使い、あいおいに対する被害者、被保険者共謀詐欺事件をでっち上げて居ると言う「この詐欺冤罪の為の一連の犯罪が合法か犯罪か、合法と言うなら詐欺が成立、正し犯罪が合法との立証が大前提の上だし、犯罪は犯罪ならば”あいおいと共謀犯罪者連中、加担している司法カルトは、詐欺冤罪、合法な損害保険金詐欺冤罪に陥れて不払い共々成功!”を企んで居る犯罪者と言う事です、答えはこのどちらか以外有りません」

無駄に長い裁判官の文書、読む気もしない、どうせ事件を正しく理解せず

  • 2024/04/13 08:13

夕べ帰宅後、午後6時近くに「札幌地方裁判所民亊第1部2係から”裁判官が認めたとか、昨日かそこらに書記官が言って居た、無駄に長い書面が送信されて来ました”無駄に長い書面の意味は」

事件を正しく理解出来ても居ないから、只膨大な”被告、補助参加人が出した文書と証拠”を”只記憶に必至”が理由だから、無駄に長い文書と言う事だから。

事件を正しく扱うには「要点を正しく選別して、理論構成して、証拠、事実を当て嵌める事が必要なのですが”思考力を備えて居ない人間、勉強が出来た人間の多くは、書面と証拠の文言を記憶しようと必死になるだけなのですよね”記憶したって事件を正しく組み立てられず、正しく理解は出来ません”結果が何時も通りの」

正しい事件構成、事件を構成する事実、証拠と懸け離れた「幾ら読んで理解しようとも”理解力を持たないから、間違いの極致”に向くだけなのです、こう言う手合いは、幾等分からない事項を説明して上げても、次々只記憶に必至なだけだから、余計混乱するし、不要な要素を切り捨てる能力も備えて無いので、無駄な記憶量が増えるばかりに陥ります」

私は事件に係る、事件で被害を受けた、言い掛かりで詐欺等冤罪の罠を仕掛けて来たとなれば「事実、真実を徹底して調べて相手方、罠を仕組んで居る連中と共謀捜査機関、司法カルト等の嘘、虚言、事実隠蔽工作、冤罪、捏造した事件構成の矛盾、破綻事項と合法証拠、理論を次々、不要な要素を切り捨てて構成を纏め続けます」

つまり「幾つも切り捨てる要素が出続けると言う事です”罠を仕掛ける相手と共謀捜査機関、司法カルトの連中は”元々も何も正しく理解も出来て居ないから、自分達の仕組んだ罠の破綻が次々現出しても、大元からちゃんと理解もせず、半世紀以上昔に仕組んだ罠を只なぞるだけ”しか出来ないので、自分達の犯罪が暴かれて、破綻して行って居る事も理解に至れ無いのです」

昨日送られて来た、札幌地裁令和5年(ワ)第2173号、原告あいおいの詐欺冤罪の罠事件、あいおいと共謀犯罪者連中の主張、詐欺冤罪捏造用の犯罪行為、犯罪に手を染めてでっち上げた詐欺の証拠が合法か只の犯罪か、合法なら不払いが正しいし、犯罪行為なら支払う必要が有る、このどちらかだけです。

犯罪に手を染めて、証拠も出して、犯罪事実に答えずでは

  • 2024/04/12 17:08

ある意味正しい裁判手続き、民事裁判の正しい使い方として「犯罪の証拠作り、犯罪証拠を犯罪者から出させると言う、民事裁判の使い方が有るんですけれど”思考力、想像力、文章を正しく読んで理解出来る能力等が欠落して居る”国家権力と、それを下回る処では無い民衆の多く」

この現実により「自分の事件でありながら、自分が事件当事者なのに、呆れ果てるまでほぼ何も理解すら出来ない輩がまあ多い事、思考力を持たないと、目の前に揃って居る様々な事実、証拠も何も、理解処では無いんですね」

普段からほぼ何も「自分に取って必要な事項に付いても、自分の事としてきちんと考える事すら出来ない、考える訓練も何もせずただ生きているので、何を見ても効いても、提示されても”自分で正しく把握等出来ない訳です”この現実だから」

事件に付いての正しい証拠、自供、証言、嘘の露見が出ようとも、まるで理解に至る事も出来ない訳です、木偶人形と言う。

大体の事件で、裁判で出された、自供、自白、嘘を吐いて偽造証拠を出した、これ等の証拠を見ても、当事者も捜査官も法曹資格者は日常で「見て居る事項が何か、まるで理解にも至れ無い、これが日常と来ています、予断と言うより”自分の能力を出来るだけ正しく把握する事から出来ない”から、自分が見て居る事項を理解に至れ無いし、理解出来るように説明されても、普段からきちんと思考、理解、判断、疑問を呈して疑問を解消するため調べて答えを導き出す、これら全てから逃げて生きているから、当事者でも何も見えもしない訳です」

人間は考える葦である、パスカルでした?でも「人間個々によって”考えると言う事を正しく理解出来るか否か、考えている積りだけでは無いのか?”大差がついて居るんですよね、きちんと考える事も出来ない輩は、考える事も出来ないからどんな犯罪に手を染めても気にしないし」

さて「犯罪損保あいおい、共謀犯罪行為者連中、あいおいが飼って居る弁護士、事件担当裁判官も同類は”答えなければならない被告準備書面で答えを求めた事項に付いて、正しく答えを書面い記載して出すでしょうか?先ず出さないと思えるけれど?”刑事事件で捜査対象事項ともなって居る、回答が必要な事項ですけれどね」

裁判ごっこの精査をしないから、民衆なる輩の多くの現実、思考せず疑義を呈せず、調べる事から逃げ回る

  • 2024/04/12 08:06

民亊、刑事司法手続きごっこの経緯、証拠、理論構成の合否等等「弁護士、裁判官、検事等は、自分達が扱うどの事件でも”司法犯罪制度を強引に当て嵌めて、不整合は闇に葬り、司法犯罪制度が正しいとなるように、偽造、でっち上げた事実、証拠を作って使い、司法犯罪制度ででっち上げて有る決定、判決に沿わせた出鱈目な答えのみ下すのが実際です」

要するに「きちんと裁判の経緯、事件に係る事実、証拠、証言、理論構成、法律のどれをどう適用すべきか、何が揃っている事実、証言、証拠を持って正しいと理論構成出来るか、これを精査する事から、事件当事者も行わないから、法曹資格者等にこれを正しく行う何も備わって居ないのだから、知識も思考力も判断能力も何も持たないから当たり前」

この現実を踏まえて「事件当事者、司法手続き当事者と手を貸す者達で、能力路資質と必要知識とかを持ち合わせた当事者側の人間が、司法手続き事件で出されている主張、証言、証拠と法律適用事実、これ等を正しく精査して、不明点等は調べて、出来るだけ多くの事実、証拠、証言を集めて」

司法手続きが正しく組まれて居るか、正しく進行されて居るのか、正しい決定、判決と言えるのか?きちんと裏付けによる理論構成を果たせて居れば「ここまでの只のカルト集団の上と狂信信者!の所業のなぞり司法手続きごっこ蔓延とはなって居ないから」

司法手続きごっこを精査すれば「馬鹿馬鹿しいまで出鱈目を極めている事件事実が山のように有る事が分かりますが”民衆等も、辯護士、裁判官、検事等を凌駕する”思考せず、からの人間がほぼなので、法曹カルト無条件狂信!表に出されている、法曹カルト等のテロ犯罪事実証拠も何も、共に見ても見える資質も何も無しなので」

存在しない事と同じ結果しか生み出されて居ない「カルト教祖と取り巻きと狂信信者、極左売国テロ指導者と取り巻き、共調する捨て駒下っ端連中、詐欺商法の指導者と取り巻き、喜んで詐欺商法に取り込まれに走る末端の輩と構図が同じの司法犯罪制度」

これら全て「ちょっと調べるだけで”矛盾、詭弁、三段論法、でっち上げ等が現出する代物の通り”共産主義がでっち上げた洗脳方法を、上記全てで只踏襲するだけだからです、正しい事実証明、正しく破綻しない理論構成等備えて居ませんが、狂信信者等が矛盾も何も、絶対に見ない、考えないので成功して居ると言う構図です」

本当に事の合否等への疑問を呈する、調べる事等絶対しないで、己の脳内世界が宇宙の真理!ここから抜ける事を怖ろしいのでしないが、自己愛を噴出させて自分を賛美して欲しい‼の輩ばかりですよね、カルト国家とカルト狂信者民衆!自己を持とうとせず責任転嫁、自己愛が全て、自己愛ばかりの自分を認めて欲しい、賛美する指導者様方を崇拝する!幼稚さが。

焼却炉強奪未遂犯罪でも

  • 2024/04/12 07:52

札幌地裁令和5年(ワ)第2173号事件、裁判官はあいおい、原告の傀儡だから「訴訟原因の金額が大きく変わったけれど”原告あいおいが、訴状の訴訟原因、金額変更を行おうとしない”事をそのまま見過ごした裁判官、の構図も呆れ果てます、何も思考出来て居ない事を自分達で公に立証した実例の一つです」

辯護士、裁判官、検事、法曹資格者の設定は「憲法、法律の専門国家資格者設定ですが”裁判ごっこの表向きの正しい手続き等も、まるで知らない惨状の結果がこの実例でも有る訳です”訴訟原因が大きく変わって居るが、訴状内容、訴訟原因を正しく変更する事も知らない、気付けない損保あいおい、共謀弁護士、裁判官カルトの惨状」

この連中「素養も必要知識も、不整合を理解する必要知識も疑問を呈する思考力も判断力も、見事なまで持ち合わせて居ないから、訴状の変更、訴訟原因が大きく変わった事の是正が必要だ、と言う事にも気づけない訳です」

山のように裁判所を使った事件を扱って居ながら「何の資質も知識も能力も、判断力も想像力も、事件を構成出来る頭も、事件を証明して居る証言と証拠も、何を見ても聞いても”何も自分達で正しく理解も出来ない結果です”木偶人形、ゴーレムだと言う」

この大問題点も、私が指摘して、被告の準備書面に記載して、裁判所に送らせなければ「違う訴訟原因のまま訴訟進行、判決を合法蹂躙で下す事に繋がったのは明白でしょうね」

あいおいが弁護士を指揮、あいおいが飼って居る弁護士の指揮通りだけを、木偶人形裁判官は言われるがままなぞるのみ、自己も無いのでこれしか出来ないと言う。

あいおい、飼って居る弁護士「来週水曜日の第4回口頭弁論期日までに”被告準備書面の記載全てに対して、必須回答等事項ですけれど、捜査項目への回答でも有るけれど、まあ答える事は出来ないでしょうね、どう答えても自爆だけどね”複合包囲網が敷いて有るので」

法曹資格者の現実

  • 2024/04/12 07:34

そう言えば「札幌高等検察庁、山本真千子検事長に、今年2月に代替わりして居たんですね、で、札幌地検刑事部の捜査官、前任の3人、岩崎、中川、米山捜査官も全員移動させたし、東京海上日動、山本昌Ⅹ、向井・中島法律事務所、中島桂太朗辯護士、長縄信雄税理士、事務所、札幌地裁高裁、裁判官連中、札幌地検、高検上層部等共謀の極悪犯罪の数々の実行犯、関係当事者、刑事は山田、平野刑事も、公的立場の関係者すべて移動させた訳ですね」

役人得意の「当時の関係者は移動したので、どんな不法行為、犯罪で有ろうとも責任は存在しない、公権力特権である!の手口の定番です、こう言う理由があり、犯罪者と犯罪免責が常の捜査機関、検事検察庁職権濫用テロの路線を変えたんでしょうか?折角だから”こいつ等共謀の犯罪と、犯罪者、犯罪ロンダリング公式実例を、全ての同種犯罪行為者、犯罪事実に適用させて”公に犯罪凶行国家!を形成すれば良いと思うんですが」

法曹資格者の現実の一端です「この連中、人間性の段階で物凄く私利私欲、妬み嫉み、他意、嫉妬、人間性による思い込み等ばかりの構成員が多いので”正しい現実も分からないで、思い込み、扇動に自分の資質故喜んで乗るのが日常”なので、正しく事件を理解して組み立てる、正しい構成に沿った証拠等を揃えて有るか否か等等、資質的にまるでこれ等も出来ないのが現実と来ています」

就学前の児童身代金目的誘拐、極左集団、手足の弁護士が指揮、のこの捜査機関、司法機関、児童相談所、極左の一角の特異な医師、報道カルト、教育機関構成員等が共謀犯での、法務省、総務省、市町村戸籍住民課も同罪で成功させて来て居るこの犯罪での。

わが子が誘拐されて、実の父母、妹夫婦が誘拐実行犯、田端綾子家事調停官、辯護士、検事検察、裁判官裁判所も直接誘拐犯!刑事も同じ「この犯罪実例で”実家に囚われた我が子を探す為、母親が実家に行って敷地等に入った”住居侵入で逮捕だ!我が子が誘拐されれば、親権規定によりわが子を誘拐犯から救い出すと、親権者が誘拐罪に問われるんだ、誘拐一味は免責されるが!」

住居侵入の罪、刑法第130条だったか?の適用公式実例です、成程ですね、である以上「当家に6人押し掛けて住居侵入他凶行!あいおいとあいおい資金で犯罪強行犯ら、言い逃れの余地は全く有りませんから」

司法テロ犯罪は主に極左勢力、手足の弁護士が検事、裁判官を指揮して

  • 2024/04/12 07:14

司法の独立、検事、裁判個々が独立した権力、建て前はこうですが「じゃあ、検事、裁判官個々全員が”日本国家と同じ立ち位置に立てている、全知全能の個人個人なのか?有り得ないですよね、世の中の正しい理も何も、見事なまで知らない事にも理解が及ばない、無知を極めて居るだけの自己狂信者で独裁者設定者の定番ですから」

で「司法犯罪、司法冤罪が国中を席捲して居て、当たり前とされて成功して居る現実の根本理由は何か?法曹資格者個々が”正しく自己を持っても居ない”これが一番の理由ですし、このカルト独裁国家権力、国家資格者、辯護士、検事、裁判官揃って同じカルト教義の泥船に乗ってしか司法業務ごっこが出来ない現実が聳えている訳で」

この司法の仕組み、闇のからくりに、法曹資格者等は喜んで甘んじて居て「司法犯罪マニュアル、昔の時点で出鱈目、でっち上げた代物を、延々踏襲した事として、カルトを含む宗教の教義が絶対だ!を続行し続けている訳です」

これは行政機関も警察も、報道カルトもほぼ一緒です「構成員等、多くが自分で思考、判断出来ず”ネット検索すれば、ホームページに載って居ます、後は他の機関にご相談下さい、の無限ループが日常の通り”思考力が備わって居ない輩が多数を占めている現実です」

法曹資格者等が、同じ出鱈目犯罪司法マニュアルのみ踏襲した事と、何十年も不変のマニュアルに沿わせて「現実をこの司法犯罪マニュアルに沿わせる為造り替えて、犯罪マニュアルが常に正しいと偽装して成功させるのみ」

この現実を、極左集団が操る、共謀して居る極左売国弁護士が、検事、裁判官を指揮して操り操られる構図が常故「数十年もずっと、司法犯罪がまかり通って居るし、司法犯罪制度でっち上げも次々成功させて有るし、司法冤罪も日常化させられて居る訳です」

で「民事裁判を潜らせれば”どんなテロ、犯罪も全て免責と出来る司法テロ犯罪ロンダリング”と、民事詐欺犯罪裁判ごっこを潜らせて、犯罪を洗浄した判決!”を下すと、合法な側が敗訴、犯罪者との証拠確立と出来ていて、冤罪粛清が成功する司法テロも組んで有る通りです」

苫Ⅹ町農協と共栄火災、司法が共謀のテロ犯罪、嘘と承知の上での(農協と共栄火災は嘘と承知、法曹資格者は嘘だとの証拠満載を見ても理解不可能)身元信用保険詐欺用業務上横領事件でっち上げ、民亊で虚偽との証拠満載も見て分からない強みの法曹が横領だ‼と捏造、検察審査会不起訴不当議決、基礎、有罪刑事事件裁判判決で投獄!もこれ。

ページ移動

ユーティリティ

2024年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391217
ユニークアクセス:6544088
今日
ページビュー:187
ユニークアクセス:185
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed