エントリー

司法が金融機関犯罪を

  • 2019/07/19 06:05

@司法、警察が金融機関犯罪を、法を犯せと要求して、犯罪に手を染めさせて、犯罪を正当と偽り、成功させて来て居ます、下記預金に付いて、財務省、各金融機関は、司法、警察指揮により、法を犯す犯罪をどう言い繕うのですか

                                令和元年7月19日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

北海道財務局理財部金融監督課 園部担当
TEL011-709-2311
FAX011-746-0946 金融庁、財務省宛
東北財務局 青森財務事務所理財部 阿部、横内担当
TEL017-722-1461
FAX017-777-3177 金融庁、財務省宛
ゆうちょ銀行札幌支店、五十嵐支店長、小樽貯金事務センター行き
TEL011-214-4300
FAX011-214-4301
ゆうちょ銀行小樽貯金事務センター
TEL0134-33-2216
北海道銀行頭取 本店営業部矢沢担当
TEL011-233-1110
TEL011-694-3011
FAX011-694-3247 手稲星置支店鳥居支店長
青森銀行頭取、本店事務統括部工藤副部長
TEL017-732-1111
FAX017-732-1153

1、平成29年11月7日死去、青森県上北郡東北町字大浦19在住、小林武四郎死去、武四郎の遺産預金

※武四郎死去後、武四郎の氏名偽造の手で窃盗されず、全額保全、遺産預金仮支払算定金額

;ゆうちょ銀行通常貯金 18460-13699141 396,995円
;ゆうちょ銀行担保定額貯金 口座番号同じ  2,318,639円

※武四郎死去の2日後、次男娘が、武四郎の氏名偽造の手で200万円窃盗、被害者十和田おいらせ農業協同組合は、農協の資金が200万円窃盗被害、武四郎の遺産預金、法に沿い死去時の額全て保全、と答え、遺産預金仮支払算定基準額とした

;十和田おいらせ農業協同組合
 普通預金 3532349 4,521,455円

※武四郎の死去の8日五、次男     の妻   が、武四郎の氏名を偽造した書類で302,478円窃盗、青森銀行は、窃盗に成功したから、金は武四郎預金から消失、と扱い

;青森銀行普通貯金 0110094 302,478円

2、平成30年10月11日午前10時45分死去、札幌市厚別区厚別東1条6丁目8-14預金口座住所地阿部花枝氏の遺産貯金

;北海道銀行普通預金 1610973501 
 死去時の金額 287,144円
※この日午後1時21分ATMから287,000円窃盗、同月15日国民厚生年金が88、023円と156、860円円振り込まれて、同日午後18時15分、ATMから244,000円窃盗、キャッシュカード所持者小樽市星野町7-59在住阿部   、警察は”明白な年金詐欺、遺産年金資金詐欺目的での口座凍結せず、年金を振り込ませて年金資金詐取、詐欺罪適用の筈と話している。

法務省と総務省が、国家資格を与えた先

  • 2019/07/18 17:54

法務省は、法曹資格を与えて、弁護士、検事、裁判官を名乗る”法律家業務に従事させて居ます”法律家、ですよ。

総務省は、行政書士資格を与えて、やはり法律家業務を行わせて居ます。

法曹資格を与えた弁護士、検事、裁判官、退官後公証人を行わせて居る、元検事、裁判官と法務省は「遺産、遺産預金は”被相続人死去後、被相続人を偽る、偽らずとも強奪、窃盗すれば、遺産から消せる、盗まれなかった遺産が、遺産となり、遺産目録に記載され、遺産相続対象となる”遺産泥棒で消失制度、をでっち上げて、之を合法な遺産確定、相続だと、法を犯して強制確定させて居ます」

少なくても行政書士の息子は「原則被相続人が死去の時点で存在証明出来た遺産金品、不動産、債務が、正しい遺産である、之を原則として、遺産目録に記載して居ます」

出、十和田おいらせ農業協同組合は「息子が作った義父の遺産目録、義父が死去の時点で存在した遺産預金額、が正しい遺産預金額確定です、次男、長女が偽造委任状で暗躍させて居る弁護士が作成した、義父が死去後、十和田おいらせ農協、青森銀行で、次男の家族が義父を偽って金を盗んだから、盗めた金は遺産預金から失われた、この遺産目録は、偽造です」

こう、法に沿い答、通して居ます「法務省、法曹資格者は、共謀して犯罪証明書をでっち上げて、偽造証明書を常に合法と偽り、通す犯罪を重ねて来たと、はっきり証明されて居ます」

法務省は、法曹資格者と共謀して、他者の財産強奪、窃盗入手制度も、でっち上げて凶行し捲って来て居ます、総務省、政府、法務省、司法テロ犯罪を、どう扱うんだ。

遺産預金泥棒の先の

  • 2019/07/18 17:43

遺産預金確定は、ゆうちょ銀行と十和田おいらせ央業協同組合は”被相続人が死去した年月日、時間に存在した、遺産となった預金金額、之が遺産預金凍結、各定額”と扱い、答えて居ます。

一方青森銀行、北海道銀行は「司法、警察ぐるみの、遺産預金強奪、窃盗制度を今も絶対で通せる、こう思い上がり”被相続人死去後、被相続人を騙って盗めた金は、正しく被相続人が、死んでから自分の預金を引き出した、と偽り、通せるんだ”」

これを今も、公の犯罪制度だとして、強引に通しに走って居ます「ゆうちょ銀行と十和田おいらせ農協は、法律規定を守って居ますが、司法、警察、青森銀行、北海道銀行は”死人を騙って金融機関ぐるみ、金を盗めれば、泥棒が正しく犯罪利得の所有者となる、遺産預金が死人の手で引き出されたと、偽って通せる”」

これを通すと、犯罪を承知で暴走して居ます、日本中の金融機関は今も、青森銀行、北海道銀行と同様に「司法、警察ぐるみで、死人を騙って金を盗ませて、死人が死後、自分の預金を引き出したんだ、こう偽り、強引に成功させられると、本気で思い上がったままなのです」

法律を作り、施行したが「法律なぞ、馬鹿にし切って居て、読んでもいないし、守る気なんて全く無い結果です、司法、警察、金融庁、財務省、各金融機関、報道こぞって」

遺産預金の仮支払いを受けられる、ちゃんとした法律と仕組みを作り、実施しているけれど「司法、警察、金融庁、財務省、金融機関、報道は、全く読んでもおらず、守る気は全く無いんです」

銀行犯罪

  • 2019/07/18 14:36

@平成29年11月7日死去、青森県上北郡東xxxxxxx在住、xxxxx死去2日後、次男娘が十和田おいらせ農業協同組合からxxxの身分偽造書類で200万円窃盗、同月15日、青森銀行で次男妻が、同じ手で30万円余り窃盗、二犯罪で”十和田おいらせは、盗まれたのは十和田おいらせの資金、遺産預金仮支払いは、xxx死去時の452万円余りをベースで支払う”と手続き実施”青森銀行は、盗ませた金は泥棒の物、正しい窃盗で青森銀行は、責任を負わぬ、仮支払いに応じぬ”と答えて居ます

                                令和元年7月18日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                         小林武四郎次女 山本あつ子
                            TEL011-784-4046
                                 同住所
                              調査委任請け社
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
           〒065-0018 札幌市東区北18条東17丁目2-8
                           小林武四郎4男 小林清志
                        TEL,FAX011-783-5880

東北財務局 青森財務事務所理財部阿部、横内担当
TEL017-722-1461
FAX017-777-3177
青森銀行頭取、本店事務統括部工藤副部長
TEL017-732-1111
FAX017-732-1153
FAX011-218-5124

1、別紙の通り、青森銀行は「上北支店にxxxxx死去日、平成29年11月7日の8日後の15日、xxxxx次男        が、妻   を同行して訪問し、xxxが7日死去した、xxxの身分を偽造した書類で30万円余りの金を、xxxが自分で預金を引き出したと偽り、盗みたい、との申し出を受け”字も書けない     に代わり、妻   にxxxの身分を偽造させた書類を、菖蒲川職員らが書かせて、30万円あまりの金を盗ませた犯罪に関して”小林清志、山本あつ子による、遺産預金仮支払手続きに対し、別紙の通り、xxxxxの遺産預金は、偽造書類で盗ませた事で消えた、xxxxxの遺産預金仮支払いに応じぬ”と文書を出して居ます」

2、xxx死去2日後に、十和田おいらせ農業協同組合上北支店で小笠原課長が、次男娘に武四郎の身分を偽造させた書類を書かせ、200万円を盗ませた事件では「盗まれた金は十和田おいらせ農業協同組合の資金で有り、xxxの遺産預金は、xxx死去時の452万円余りが法に沿い、存在して居るので、この金額をベースとして、遺産預金仮支払いします、と文書も出して、合法支払い抜応じました」

3、十和田おいらせ農業協同組合は”xxxxx次男、長女が委任した      弁護士作成遺産目録、盗まれた金は遺産から消えた、は虚偽、行政書士の息子さんが作った、武四郎死去時の遺産預金額が合法な遺産預金金額です”とも認めて居ます。

4、十和田おいらせ上北支店は”盗まれた200万円が、次男娘、次男妻と渡った、次男妻が新発寒郵便局に、偽名口座を開設し、200万円を隠匿している事実も当方から聞き、次男側とゆうちょ銀行に、十和田おいらせ農協から盗まれた200万円の返還を、公に求めても居ます”

5、青森銀行は、銀行ぐるみで青森銀行資金を盗ませて、xxxxxの遺産預金が盗まれた、又は正しく盗まれ、泥棒が所有権を得たと、偽りを押し通しに走って居ます”次男側への請求もせず”泥棒が分けると言うし、青森銀行責任は無し、と言い張っています。

6、なお、xxx、xxxの身分を偽り、金を盗んだ次男側、長女は”勝手に起こした調停も、札幌家裁、弁護士ぐるみで勝手に潰しました”もう小林武四郎、オナヨの遺産分割、相続処理は、永遠に凍結でしょうね。

7,青森財務事務所理財部阿部、横内担当、北海道財務局理財部金融監督第一課園部担当、北海道銀行は”遺産預金は死後盗ませた分を引く”法の規定、死去時の金額で確定、法の順守は考えて居ないし、道銀は仮支払いに、道銀として対応する体制すら、全く出来て居ません。

道警と道銀による

  • 2019/07/18 09:11

道警と道銀による、阿部xxさんの死後、遺産となったxxさんの預金を、孫(か妻?)が、道銀星置支店ATMから”xxさんが死去後、自分でATMから自分の預金を引き出した”と、道銀、手稲警察署で言い張り、犯罪隠匿に走って居る事件は、山のように繰り広げて来て居る、遺産、遺産預金強奪、窃盗で犯罪者が無税で所有権を得た、事と強引にさせて、通して来て居る法務省、司法、警察、国税、地方自治体、報道犯罪に付いての。

之から出て来る「国家権力が、犯罪金融機関と共謀して、遺産、遺産預金強奪、窃盗入手で所有権獲得偽り犯罪実例に付いての、証拠隠滅工作の走り、でしょうね」

これ等の犯罪証拠隠滅、隠蔽は、政府に動いて貰うしか有りません、法務省、司法、警察、地方自治体、国税、報道犯罪ですからね、過去に手を汚して来た犯罪証拠を、犯罪行為責任を消す為に抹殺、隠匿に走り出して居るのですから。

予想された権力ぐるみの、犯罪証拠隠匿、隠滅行動です、もうなりふり構って居られ無いんでしょうね、法務省、司法、警察、直接の実行犯、共犯国家権力は。

義父の同様犯罪で、犯罪行為者の次男と家族、長女と家族、偽造委任状で暗躍弁護士、裁判所、裁判官数人、調停委員は「遺産預金が有る金融機関から、法を犯して金を抜けば”遺産預金が正しく引き出された事と、法を犯して決めて通して有る、司法、警察犯罪、法務省犯罪によってだ”」

これを言い募り、偽造した遺産目録を、合法遺産目録を潰して通しに走って来て、遺産預金仮支払手続き実施により「偽造遺産目録は、偽造とも立証されてしまって居ます」

法務省、司法、警察犯罪、遺産強奪、窃盗被害を、国中で山のように、相続権者は受けさせられて来て居ます、犯罪の証拠隠滅が、犯罪国家権力、金融機関の逃げ道なのでしょう。 

法務省、司法、警察、行政、報道ぐるみ

  • 2019/07/18 08:28

遺産、遺産預金強奪、窃盗の制度化、凶行を、国中で法務省、公証人、司法、警察、地方自治体、報道挙げて弁護士、司法書士犯罪利権獲得の為、合憲、合法破壊を武器とさせて実行させ、犯罪を免責として、犯罪で得た遺産、利得は泥棒が無税で、無条件で所有権を得たと。

法務省、司法、警察、国税が「合法根拠ゼロで決めて、無税で犯罪者の所有で通して来て居ます」

遺産預金仮支払が、法律によって、相続権者全員と、遺産預金の存在証明を揃えて使えば、受けられる事になった結果「公正証書遺言、遺言状悪用による”他の相続権者の遺留分まで強盗、窃盗、遺産を奪われた相続権者は、法務省、司法、警察テロにより、相続権まで奪われて、泣き寝入りを強要されて来て居る”」

この権力犯罪も、これから全国で噴き出て来るでしょうね、公正証書遺言での犯罪、調停を使った犯罪、遺産目録偽造、裁判官、調停委員が偽造弁護士と共謀して、偽造遺産目録を、合法目録を潰して強引に通して来ている実例、相続権が潰された被害実例が、山のように存在して居ますから。

取り敢えず、公正証書遺言の悪用実例と、遺産目録偽造、行使を、弁護士、裁判所、裁判官、調停委員が悪用の結果、相続権者が不当に遺産を奪われた事件は、公の証拠が有ります。

息子、行政書士が作った「合法に沿った義父の遺産目録が、偽造遺産目録作成、行使偽造委任状弁護士、裁判所、裁判官、調停委員、警察による、偽造の遺産目録が正しい、この犯罪に勝ちました」

之から山のように「遺産は強奪、窃盗すれば、犯罪者が無税で所有権を得た、と偽り、押し通して来た実例証拠に対して、息子が勝った実例証拠が物を言って行くでしょう」

法律により、確定出来る遺産預金の仮支払いが受けられる

  • 2019/07/18 08:15

法律が施行されて、遺産預金を「被相続人死去の時点で確定させた、遺産預金額をベースとさせて、各遺産預金が存在する金融機関毎に”金融機関毎に存在する、遺産預金の三分の一を上限として、各相続権者毎に、150万円まで、相続権を謄本等で証明出来て、遺産預金が存在する(被相続人死去時に存在する)事も、遺産預金履歴を入手して証明出来れば、上記規定で、遺産預金の仮支払いが受けられます”」

この法律制度「相続権者が何人居るのかから、謄本で証明が、先ず必要です、相続権者を正しく特定、証明出来なければ”仮支払いする遺産預金の配分が、遺産預金が有る金融機関医には、分かりませんから”」

この法律手続き制度で、今まで(も今も?)行われて来て居る、遺産預金引き渡しが、如何に出鱈目、法律破壊犯罪か、良く証明されて居ます。

;今までの遺産預金引き渡しは”自称相続権者が、被相続人緒死亡診断書のコピーと、相続人全員が、代表相続人を決めた書類”これが有れば、金融機関によっては”自称相続人全員の印鑑証明も添えれば”遺産預金を全額渡して来て居ます。

;又”被相続人の氏名を偽造した書類を書けば、被相続人が死去後、自分で書類を書いて、自分の預金を引き出したと、金融機関、警察、法務省、司法ぐるみで、偽りを承知で金を渡して来て居ます”遺産泥棒制度、による犯罪です。

これ等の法破り、犯罪は”遺産預金仮支払法律手続き施行により、犯罪だと立証されて行って居ます”焦った警察、司法、金融機関の一部は”犯罪証拠隠滅、仮支払い潰し等に暴走し出して居る訳です。

司法、警察によるテロ

  • 2019/07/18 06:29

@今月1日から、法律施行により、相続権を謄本でと、被相続人の遺産預金を、預金履歴を取り、正しく証明すれば、規定による範囲で、遺産預金仮支払いを受けられるようになりました、妻、4男は、1,2日に遺産預金仮支払手続きを取った訳ですが”遺産泥棒制度の犯罪事実が証明され、警察、一部金融機関は、遺産預金泥棒加担隠蔽工作に走って居ます”又”xxxxxxxxxx暗躍させている、xxxxは、遺産預金仮支払手続きを取った、と家裁に告げた後、xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx、xxxxxxxxxx居ます”私が家裁に伝えた結果、家裁、弁護士、兄妹と伝わった結果でしょう

                                令和元年7月18日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※一部金融機関、警察による、遺産預金窃盗事実証拠隠匿行為、法に拠る遺産預金確定、仮支払を、言い掛かりの脅しで潰そうとの行為は、法務省、司法、警察上層部の差し金ですか、政府が動くべき事態です

山下貴司法務大臣、民事、刑事局、公証係
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長
FAX011-222-7357
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110遺産泥棒は合法、この犯罪幇助責任
FAX011-218-5124 

1、法務省、最高裁には昨日付け、道銀、財務局等宛て文書、道銀、道警による、xxxx氏の遺産預金窃盗事件潰し、義父の同様事件も同じく、道警、青森県警、司法が潰しに走って来て居る、等事実記載文書も送ります「司法、警察犯罪、遺産、遺産預金強奪、泥棒入手は適法、犯罪で得た利得は、無税で犯罪者が所有権を得て、遺産から消される、相続権者には、法で認められた相続権は、有るが司法、警察が認めない事で、遺産泥棒を正当化して、相続権者の相続権潰し事通して来た、既に、実例証拠で証明して有る真実です」

2、今後更に「司法、警察が共謀して、金融機関にも犯罪証拠隠匿を指示して、遺産預金強奪、窃盗証拠隠蔽工作が、国中で起きて行くと思います”遺産預金仮支払いを受けられる、法律規定手続き発効の結果、過去10年分の、法務省、公証人、司法、警察ぐるみでの、遺産強奪、窃盗行為が、犯罪そのものと立証されて行って居ます”責任を逃れるには、証拠隠滅しか有りません、義父、xxxxさんの遺産預金窃盗潰し、警察、道銀犯罪は、同じ犯罪証拠隠滅開始の序章でしょう」

3、添付証拠、xxxxxを先ずご覧下さい、経緯は次の通り「妻と4男が、今月1,2日に、義父の遺産預金仮支払手続きを、ゆうちょ銀行、青森銀行、十和田おいらせ農業協同組合に対して行い”xxxxxx、遺産預金仮支払いは、     弁護士作成、家裁、調停委員が法を犯して認めた、盗まれた遺産預金は遺産から消される、盗めなかった遺産預金が遺産預金で確定、では無く、息子が作った遺産目録、被相続人死去時に存在した遺産、遺産預金が確定遺産、之で通った”これを伝えた事実が有ります」

4、xxからxx、偽造委任状で     弁護士を暗躍させているxxから、xxxxxxxx出して「xxxxxxxxxxxxxxx、!」等xxxxが始まりました、家裁、偽造委任状弁護士、xxxxと、遺産預金仮支払手続き実施がxxxx結果でしょう、調停も、家裁裁判官、調停委員、弁護士で潰しましたが、xxxxxxxxxxにより、犯罪が更に証明され、拙かったのでしょう。

5、xxxxxxxxxxxxxx続けており、昨日は「xxxxxxxxxにxxxxxxxxxして”xxxxxxxxxxxxxxxxxx!””xxxxxxxxxxxxxないのが悪い、xxxxxxxxxxxx”等xx、xxx(xxxx)を送ってxxxx居ます”当然、xxxxxxxxxxxx犯罪を、全て適法と法を犯して決めて、擁護に走って来て居る、xxxxxの共犯、偽造委任状弁護士、家裁他裁判所、裁判官、警察が承知の上でのxx、xxxxでしょう」

6、こう言った、見境も完全に失った、遺産泥棒、犯罪者委任弁護士、共犯の警察、一部金融機関、裁判所、裁判官、調停委員ぐるみ犯罪?続発の事態は「合法を果たさなければならない、遺産預金仮支払が、相続権、遺産預金死去時の存在証明で、正しく遺産預金仮支払を受けられる、今月1日発効の法律手続きが、司法、警察、金融機関、遺産泥棒に取り、言い逃れの余地が無いだけ拙い、と気付いた結果でしょう」

7、この状況は、もはや完全な無法国家状態であり、遺産、遺産預金強奪、窃盗事実隠匿の為の、警察(法務省、司法)一部金融機関による証拠隠滅、遺産預金仮支払手続きを、司法、警察ぐるみで?脅して潰す行為を、政府に食い止めて貰う、相続権者に対する、遺産預金存在証明書提出、証拠強制保全と合わせて、を果たさせる、等を実施させて貰うしか無いでしょう、ここまで法務省、司法、警察、金融機関は、遺産、遺産預金強奪、窃盗公認犯罪実施が破綻して、責任が降り掛かり出し、拙くなっているのです。

司法、警察を任じるテロ国家権力

  • 2019/07/17 15:42

今回も、警察、司法を任じるが、実態はテロ犯罪国家権力集団、合憲、合法の対極にいる、極悪非道な短絡犯罪国家権力集団を、合憲、合法を武器として駆使し、正しい私が勝ちました。

警察、司法、法務省を名乗るが、実態は国家犯罪集団は「遺産は強盗、窃盗で入手出来れば、無税で犯罪者が所有権を得て通って居る、通して居る、弁護士犯罪制度の一つだ」

こう嘯き、居直り強盗以下の程度の低い犯罪を、国中で凶行し捲って来ました、今も行い続けて居ます。

ですが「遺産預金仮支払いを受けられる法律制度が、今月から始まりましたから、妻と4男に、1、2日に「揃えて有った必要な証明書を添えて、仮支払いを受けられる手続きを、ゆうちょ銀行、青森銀行、十和田おいらせ農業協同組合に対して、行って有るんです」

真っ先に、規模が小さい十和田おいらせ農協が、必要な書類も送ったので、支払いを受けられる手続きを終えて居ます。

警察、司法犯罪国家権力が、合憲、合法破壊を強権発動で通して居る「盗めた遺産、遺産預金は、泥棒が所有権を得て、遺産預金から差し引かれる、盗まれた遺産預金は、相続権者の相続遺産から消える」

この警察、司法犯罪は、義父の遺産預金仮支払手続きで、公に潰えて居ます。

法律で定められた、合法な遺産預金確定で有り、法律による、遺産預金仮支払請求手続きです「次男、長女が”偽造委任状で暗躍させている弁護士、札幌弁護士会、警察、法務省、裁判所、裁判官犯罪、遺産、遺産預金は、強盗、窃盗に成功すれば、犯罪者が無税で所有権を得て、相続遺産から強制抹殺される”国家権力犯罪は、潰えて居るのです」

過去10年分、今日、明日以降も、遺産、遺産預金強奪、窃盗被害が起きて来て、起き続けます、警察、司法、法務省を名乗る強盗、泥棒国家権力は、どう収拾を付けるのか、責任をどう取るのか、国家権力犯罪責任を。

お前が泥棒だ

  • 2019/07/17 15:14

妻と4男に、長女から電話が来た「偽造委任状で暗躍弁護士はどうした、偽造委任状で受任出来た、偽造委任状弁護士は、何故出て来ない」

長女ー(4男に)父の金を抜けば泥棒だ!!大丈夫かこいつ。

4男ーお前が盗んだ母の100万円、あれはどうなった、泥棒だろう。

長女ー、、、、、。答え無し、違う世界の生き物だと思うしか、偽造委任状で暗躍弁護士と同類で。

長女ー話し合おう。

4男ー何も話す事は無い、電話を切った。

まあ、予想した事では有ります「十和田おいらせ農業協同組合から始まり”被相続人死去時に存在した遺産預金が、確定遺産預金”この法律規定が、正しく稼働して、遺産預金仮支払、全額支払いが行われて行きます、過去10年分」

次男の娘と妻が、義父の身分を偽り、盗んだ、十和田おいらせ農業協同組合の資金200万円と、青森銀行の資金30万円余りはもう「金融機関の資金窃盗であり、義父が死後、自分の預金を引き出した、事には出来ません」

十和田おいらせ農業協同組合は、ゆうちょ銀行と次男側に、ちゃんと窃盗された200万円の返還請求を、もっと公式に行っている、筈です「警察、司法が”盗めた金は泥棒が所有権者だ、金融機関にも、相続人にも一切被害は無い”こう犯罪の加担に走って来たけれど、もうこの犯罪隠匿は、通じないですから。

ページ移動

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4452421
ユニークアクセス:3719411
今日
ページビュー:1344
ユニークアクセス:673
昨日
ページビュー:4557
ユニークアクセス:2675

Feed