エントリー

受付書面

  • 2024/07/23 17:34

@令和3年3月29日、焼却炉転倒、重過失傷害事件原因焼却炉に係る”司法手続きも経て、数通りの答?”がでっち上げで作られて、未だ妻所有土地に残置事件、当社が加害者分?あいおい工事保険対応届け出が来ました、隣家解体に絡む損壊事件、司法手続きも絡む事件、あいおい宛連絡分も添えます、司法は絶対、何通りも絶対?

                                  令和6年7月23日

〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目
山本真千子札幌高検検事長、鈴木眞理子地検検事正
TEL011-261-9311,FAX011-222-7357
※一事件で、司法が損保指揮下で数通りの正解?破綻が次々責任感無し
〒060-0001 札幌市中央区北2条西7丁目
伊藤俊充北海道警察本部長、各方面警察署長、各捜査課長
TEL,FAX011-251-0110 法と証拠で合否判断出来ない故
札幌方面東警察署長、刑事一課高崎班、2,3,4課、生安、交通1,2課
〒060-8679 札幌市北区北8条西2丁目、札幌第一合同庁舎
北海同財務局 理財部金融監督第一課、保険担当、金融庁、財務局へも
TEL011-709-2349損保事業司法決定、判決が絶対、数通り全部
〒060-0031 札幌市北区北31条西7丁目3-1
札幌北税務署長、法人税、個人課税部署、国税局、国税庁へも
TEL011-707-5111 解散法人、清算逃れワイエス、脱税他は?
〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目
札幌市役所 建築確認、監察、危機対策、道路管理、工事、土木センター
騒音振動、大気汚染、廃棄物他
TEL011-211-2808,FAX011-211-2823

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                          有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                 取締役 山本弘明
           TRL080-6092-1989,FAX011-784-5504

〒100-8962 東京都千代田区永田町1-1 参議院会館403号
浜田聡参議院議員
TEL03-6550-0403,FAX03-6551-0403

1、添付書面一枚目”令和3年3月29日、焼却炉転倒、重過失傷害事件”に付き「一、私が購入した焼却炉を、山本繁樹が購入と偽り東海から詐欺と嫌疑、二、繁樹死後、息子が社長ワイエス資金で購入所持、当社と個人にリース貸出、ワイエス営業法人と偽り、機器横領、リース料踏み倒し、東海相手に詐欺と変更、三、焼却炉はワイエス資金で購入所持、リース貸出を刺激が呆けて認識出来ず、騙されて繁樹加害者示談取り交わし、示談金支払い共虚偽、詐欺犯罪、四、ワイエスは解散登記、清算せず営業捏造で機器、リース料偽り資金窃盗、詐取未遂他発覚、五、東海、山本昌城、警察、裁判官、検察、繁樹自己資金で焼却炉購入所持、繁樹東海に保険請求他証拠隠蔽発覚他”の二であいおい工事保険、当社加害者分受理」一、三、四、五と全く整合性無しだが、刑事、民事司法手続きで全て正しいと扱われて、山本昌城に自供、合法納税させない為逃亡させている通り、示談遺産債務踏み倒しも企んでの東海、司法、警察ぐるみの、証拠を添えた刑事告発も潰して犯人隠避、複合悪質脱税、遺産債務示談金踏み倒し他画策続行中、損保の業務、司法手続きを経れば全て正しいに倣った、二でのあいおい受理。

2,昨年7月10日~17日、当家北側で住宅解体工事実施、当社工事で被害が生じる恐れを分かっており、損壊事前、工事中、工事後調査請負、安全管理等も請け負い、損壊被害証明、被害修理等費用見積もり、加害業者と被害者示談取り交わし、示談金分割支払い中ですが「加害業者加入、当社も加入、あいおい建設工事保険、共謀犯に金を渡して損壊は虚偽、あいおい相手の詐欺と捏造、偽造証拠を根拠とさせて、当社が詐欺を働いた、いや、工事業者と当社が共犯の詐欺だ、自白して示談書偽造、既払い示談金は嘘、詐欺利得前渡しと認めろ訴訟指揮、判決事件”当社が工事業者、工事事故債務者を騙して一千万円単位の被害金を発生させた、とのあいおい、共犯者、司法設定部分他、あいおいに保険請求済みの上、必要手続を求める連絡書面添付」

3,なおあいおい、弁護士、裁判官等”外壁損壊は正しい被害だと、何の合法証拠等無く勝手に認定”だが、法で定められている、アスベスト飛散等防止対策工事費等、合法無しで踏み倒し判決記載”も、偽造甲号証、合法根拠無し共々出鱈目の極み、これも司法手続き結果の一端、甲号証絶対で確認済み、検査済み証明発行されず、司法は絶対の筈?”もう一人、隣地で新築希望者も出たのですが、工事保険で必要調査、証明を果たさなければ、施主は数千万円~合法設計施工立証に費用が必要”司法手続き、判決絶対で無い結果”この出鱈目を重ねた詐欺冤罪”も、上記詐欺他損保、司法冤罪破綻を糊塗すべく、で凶行司法職権濫用犯罪”損保指揮司法犯罪”正当が何処に有るのか。

当社が手を打って居る、事業所用の損害保険支払い合法、透明化実現で

  • 2024/07/23 08:52

事業所用の損害保険、保険金支払い根拠、不払い根拠証明、詐欺冤罪訴えの合法を持った証明、詐欺等犯罪で保険金提供で犯罪扱いされず、これ等の事実に付いて。

「この保険商品で、事業所に保険金が支払われた場合”保険金支払い請求項目全てと、請求金額各項目毎の証明”これと”保険金を支払う責任を負った損保から、支払い請求を受けて、どう言う合法根拠で請求に付いて、支払いを認める、不払いと決めて居るかの証明を出させる、その上で、支払い請求項目毎に、支払いの可否証明、支払額と根拠証明を、文書証明書で出させる事を徹底させて果たさせる」

これを正しく実現させる、法の下当たり前の証明書発行、証明書の精査、合法支払いか否か、言い掛かりでの不払いか否かの立証を果たす、徴税事項に該当する項目があるか、無いかも証明して、徴税対象部分は保険金を受け取った事業所に、正しく経理処理、税務申告、納税させる事を、国中で実現させる為の手を打って行っても居ます。

そもそも「全国主要、今は23団体ですか?他に闇資金を提供する為に、闇の損害保険商品、国家権力ぐるみで闇資金提供を損保に行わせて、足が付かないように、必要な公式証拠、証明を無くさせて逃がせて居る、一方で」

合法な損害賠償保険金、各費用保険金、必要な実験、事故の再現費用保険金、争訟費用保険金支払いを、故意に潰して通して居る、一方で「損保、警察、司法、行政が共謀して、犯罪者に損保資金を提供して、犯罪証拠でっち上げを日常的にさせている、この手で虚偽の賠償踏み倒し、損害賠償保険金詐欺冤罪粛清を成功させて有る通り」

何処にも合法等有りませんが「民衆のほぼ、国家権力のほぼが、この程度かそれ以下と言う理由により、こんな時代錯誤な、損保が集め続ける資金の多くを、闇で特定の相手に、今も提供し続けられて通ってと」

公に、必要事項の立証証拠を、被保険者に損保から、税務署、国税、警察、法曹手続きに損保から、請求を受けて同合否対応して、幾ら払った、幾ら、どの項目踏み倒したか、全て、支払い実例毎に立証させれば良い事です。

これを果たせれば、闇資金提供も崩壊しますが「そうなれば、法曹資格者、司法機関刑事、民事犯罪手続きから何から、破綻すると言う現実ですから」

な「どうであれ警察、検事、検察庁、裁判所、裁判官刑事、民事共、公表済みの通りの必要調査、実験等を果たさなければもう、損保様が指揮する通りの司法、警察テロを常に成功させて通す、訳にも行かない事態まで」

犯罪者に資金を提供、指示通りの偽鑑定書、証明書作成、行使、刑事、民事手続きで正しい証拠と出鱈目な

  • 2024/07/23 08:30

損保の連中がまるで知らない、損害保険商品知識、特約規定、約款規定知識と言う現実、の上で「警察官、弁護士、裁判官、検事、損保、共済監督機関職員、法務省の役人等、もっと何も知りません、只の素人以下の連中です」

これが真実だから「損保が只でっち挙げただけ、昔からの、損害賠償保険金犯罪で踏み倒し常時成功の手のなぞり意外裁判官カルトも認めない不文律、カルト司法のこれが現実です」

この損保、司法、警察、監督機関等共謀のカルト犯罪制度、犯罪を成功させて有る武器が「犯罪者に損保が資金を渡して、狙う方向をででっち上げで作り発行させて有る、合法を立証せよ、と求められれば破綻する、鑑定書なる犯罪証拠?で有り」

この一連の犯罪を正当だと、常時決定、判決を下す犯罪司法手続き、裁判官判決!が絶対の、合法捏造の武器だと丁稚上げで、国中統一で決めて通して有ります。

所謂「魔女狩り裁判ごっこ、共産主義独裁テロ国家の裁判ごっこ、カルト集団が繰り広げる、カルトの教義と教祖が絶対だ、を押し通すカルト裁判、審判?ごっこと何も変わらないのが真実と言う」

多くの民衆、現実として「深い知識を習得し続ける等しません、自分が理解出来た気になる程度以外、絶対に受け入れず、排除に走って同じ所に一生留まり続けます、こう言う程度の民主が大半なのに」

警察官、法曹資格者、他士資格者、役人等が「現人神そのものの高い、正しく専門的知識を備えて居て、常時合法を立証した答えだけを出す等有る訳が有りません」

例えで言うなら「現行二名様とご息女様、先代二名と、先代の次男と虚偽設定者、妻子と取り巻きの輩を比較する事と同じ、比べようなど無いのが現実、あそこまでレベルが桁違いであれば、司法カルト狂信者、偽✕族狂信者らが共通している事は、同類だからがほぼ全て、理解等不可能の対象者は、卑劣な行動でⅩれてに、性質、性根によりこれに走っての通り」

合否判断以前に、必要な実務知識が皆無で神の託宣ごっこを常と

  • 2024/07/23 08:09

損害保険商品知識、特約知識、約款規定知識を正しく深く持って居る事が先ず必須条件、そこに加えて「経理の正しく深い知識が備わって居る必要が有るが、損保の職員、警察官、弁護士、検事、裁判官、国税職員、金融庁、財務省、他損保、共済に許認可を与えて居る官庁職員、誰もこれ等の必須知識等持って居ませんからね」

素人以下の権力が、民業損保の下っ端職員が、合法等意味も理解以前の程度と性質で「当社に対して、損害保険金詐欺をこいつが働いたぞ、と言えば詐欺が強制成立すると闇で決めて有り、関係者全員、何が詐欺かも何も分からない上で、損保の下っ端が指揮する通りの、でっち上げた損害保険詐欺賠償とでっち上げで決定、判決を常とさせている」

刑事の詐欺冤罪も同じ、証拠を正しく精査、合否証明すれば「詐欺など言い掛かり、賠償踏み倒し決定、判決も只の言い掛かり、犯罪と証明出来ているが”これを正しく理解が無知の極みを超えた連中鹿おらず、不可能と来ています”」

この事実、証拠の山で証明済みの通り「損保がオカルト詐欺冤罪、賠償踏み倒し指揮を執り、公権力に君臨する無知無能集団が”手に入れて有る、正しい事実を証明した証拠を見ても、無知無能故何も理解に至れる訳が無いから”損保の下っ端が言い掛かりで決めた、損害保険金詐欺犯だ!損害賠償金詐欺だ!とのでっち上げ通りの刑事、民事司法手続きまで、延々と只繰り返して成功させているだけです」

札幌地裁令和5年(ワ)第2173号、あいおいと司法が犯罪共謀、只の言い掛かりの債務は不存在だの訴えと受理、犯罪者に金を提供して、詐欺冤罪が正しいと捏造した甲号証が絶対の、詐欺の証拠だ!との原告あいおいの主張、訴訟指揮、判決、これが神の正しくて絶対の託宣可否か!

あいおいが被保険者に契約で保証している”合否を立証に必要な調査、証明、検査実施、証明、事故の再現実験、実験結果を合法、科学的に証明を果たす、これ等費用全て、加入あいおいが契約で支払う規定の踏襲、請求実施済み”事業所用の損害保険、特約規定もこの連中は、時代錯誤を超え過ぎたままの輩で、何も知らないで暴挙の限り、近代法治国家日本等大嘘との確固たる、損保、司法テロ、犯罪公開実例の一端の公開証明です。

今迄の損保指揮、損害保険金詐欺事件の出鱈目振りも

  • 2024/07/23 07:34

私ずっと発信し続けて居ますが「損保が詐欺と言うから詐欺冤罪粛清に落とすと、事前に捜査を指揮する損保職員様の指揮通りに決めて有る、このテロ司法手続きが常、合法等備わって居ない上での、損保が詐欺冤罪を指揮、詐欺冤罪に陥れているだけ、詐欺との正しい事実も証拠も理論も無し」

ずっと発信して来ている通りでしょう「損保の連中からして”自分の会社で作り、認可を得て、売り出している損害保険商品、契約規定、特約規定、約款規定等知らないし”合否判断等論外で分からないのだからね」

この連中が指揮して、警察、法曹が従う詐欺冤罪の手口は「損保が損害保険金詐欺を、こいつが働いたと訴えたから詐欺が確定した、全て損保が決める、だけだから」

損保の連中がそもそも「被保険者適格者とは、この損害保険お規定から知らない惨状と言う、損保に対して、損害保険が適用となった、被害の証明に業者が、被害者から依頼を受けて動いた”だけ”なのに」

損保は「良し、被害者と依頼業者は、加害者加入の等損保に対して、損害保険金詐欺を狙って不正請求した詐欺事件だと、当損保が根拠無しで決めた、詐欺との証拠の偽造を、損保が犯罪者に資金を渡して、狙う詐欺との証拠の指示も、で詐欺との証拠捏造、発行、使用を行い”被保険者不適格の被害者、被害者依頼業者が、虚偽の損害を捏造して、損害保険金詐欺を働いたんだと、損保がこうして決めて、偽造証拠作りさせて、証拠偽造して使ったから、詐欺が成立だ!”」

この流れをずっと、昭和40年代かそれ以前から、不変で行って成功させて有ると言う、オカルト犯罪集団そのものが実態ですからね。

この連中、どうやって「只でっち上げただけの、損害保険金詐欺冤罪を成功させて居るかと言うと”自供を強引に取る、虚偽の詐欺自供を取れ無くても、合法な根拠証拠無しで、民亊で証拠と逆で、詐欺だと判決を下す”が主体で、後は損保が詐欺と言うから詐欺と決まった、これで詐欺冤罪に陥れて成功させて有るだけです」

裁判ごっこの記録、証拠を検証すれば「賠償金詐欺冤罪を常時、犯罪の限りを尽くして成功させて有るだけ、これが正しく立証出来て居ますが”弁護士、民亊、刑事裁判官、検事が揃って、損保様の下僕で言うがままの詐欺冤罪粛清を成功させている”事実も何も、全く理解以前で、が正しく立証出来ている訳ですが、揃って無知無能だから成功出来ていると言うのが真実です」

損保で作って売る商品の色々、損保自体も知らない合法適用、法曹カルトが分かる筈無し

  • 2024/07/22 17:35

損保の商品開発部が、新商品、新しい特約を「色々考えて、商品プランを作って、会社が認めると、金融庁にお伺いを立てる訳です、大蔵省時代からの手順ですが」

大蔵省→金融庁と続く「所管法律を犯した商品認可の数々、滅茶苦茶な認可を重ね捲って、通して来て居る事がはっきりしていますし」

こんな犯罪商品、犯罪特約を、所管権限無しで認可するから、所管法律を犯された機関「天下り利権を損保に求めて、損保が応じる手が常で、犯罪制度が構築されると言う、後は司法犯罪権力が、他省庁が所管する法律蹂躙が前提の商品、特約規定が正しい犯罪だ、と狂った集団だから、損保、共謀弁護士が指揮する通り、司法テロ判決を下す訳です」

この現実の中で「事業所用の損害保険商品、特約、約款保険金支払い規定”とても素晴らしい、口頭でこれだけ保険金を支払います”内訳は出しません、損害の補填名目で経費、外注費他、一式纏めて、税務申告対象保険金と、賠償金だから申告不要の保険金を、纏めて被保険者、加害側業者に払います」

こう言う保険商品、約款支払い規定での支払いとなって居ます?税務申告不要の賠償、補償保険金と、経費等、保険金で支払われたら、申告対象のお金が一緒くたで、内訳無しで支払われているのですが。

支払う損保の上の特定の職員は「支払いの内訳、請求項目と支払いの内訳を、税務署、国税に共に出すと拙い、犯罪資金提供、税務申告逃れの支払いが一緒くただから、あくまでも口頭だけで、前部損害の保険金支払いと設定して置かなければ、特定の対象に損保から、表ルートで流す事が出来なくなる、損保、司法、行政等結託犯罪のからくりを知られている、共謀の犯罪を共に手掛ける口封じ、美香じめ資金だから、請求内訳、支払い内訳を共に国税他に出す訳には行かない」

これを明らかとすれば「損保、警察、司法、士資格者、師資格者、公金事業者、複数の行政機関、地方行政機関等の、現行の損保、司法犯罪制度が崩壊してしまう」

ここに到達する訳です、確実に、司法が犯罪も理解不可能で、犯罪者、犯罪正当化テロで強制合法化でっち上げが武器なだけ、が暴かれる訳だからね。

近代法治国家の正しい仕組みも何も、時代錯誤を超えた法曹は理解以前過ぎて

  • 2024/07/22 08:39

昭和40年代前半頃に只でっち上げただけ、賠償論等と言うオカルト論?を、今なお絶対で唯一の賠償方法だ!賠償裁判手続きだ!これ以外無いんだ、だけで暴虐の限りの司法カルト。

事業所用の損害保険、建設工事保険の仕組みなど当然、何の事顔全く理解に至れる筈はありません「工事会社、被保険者をあいおい、司法が共謀で”債務不存在確認訴訟で訴えた!受理した→被告、反訴しろ!反訴しなければ賠償金は払わせないからな、どうせ敗訴と判決を事前に、損保と組んで有るから敗訴は決まって居るが(* ´艸`)クスクス”これで始めて有ると言う、カルトの神様ごっこの典型で」

そもそも「あいおいが訴えた建設業者、建設工事総合保険の加入社であり”各費用保険金支払いを、あいおいは果たす責任を一義に負って居るのだからね”訴訟費用は被告の負担とする”おいおい、あいおいが払うべき金員だと、あいおいが約款記載に書いているだろ、詐欺裁判ごっこの証拠の一端だから」

訴訟当事者では無い、損壊被害証拠作りした当社に対しても「犯罪者にあいおいが金を提供して、指示通りの犯罪証拠作りさせて、甲号証で出して使い”損壊被害、証拠は偽で詐欺だ!”と公式に言い掛かりを、の通りですが」

当社もあいおい建設工事保険加入、被保険者なので「事故発生工事別元請け、損壊被害等対策元請けだから”あいおいの工事賠償保険が適用となり、費用保険金請求、支払いの求めを行う権利があり、保険金を正しく請求して、受け取れる権利を持っている訳です」

当然ですが「工事会社も当社も共に”必要な検査、調査、実験、事故の再現実験等を、あいおいの費用負担で行えます”」

合理的な証明、結論を導き出せる何も持たない、法曹資格者の現実がこれ

  • 2024/07/22 08:20

法曹資格者、自分で正しく理解、把握出来る事件等実際にはほぼ皆無、この連中「複合的に物事を捉えて組み立てて、仮の答えを設定して、仮設の合否に付いて、証明されている事項、証拠等を土台に据えて、合理的に、理論構成を正しく果たして、正解を導き出す等不可能が真実です」

事業所用の損害保険、建設工事保険、賠償、費用保険金、鑑定費用保険金、事故再現実験保険金、被害拡大防止対策費保険金、外注費保険金、争訟全般に要する費用保険金等等、何の事か全く意味不明が実際ですから、このレベルの遥か手前で、賠償論なるオカルト損保指揮、司法犯罪制度が全てに正しく適用されて、判決を下す絶対根拠だ、これが分かった気になれる唯一の。

この程度が真実だから「この損害保険商品、各保険金支払い規定、納税の為の正しい各保険金支払い内訳が必要等等、何が何だか全く理解の端緒にも、一生付けないのが実際です」

損保が債務不存在確認訴訟で訴えた→裁判官、被告に”反訴しろ!”反訴しなければ賠償保険金は払われないんだ!”反訴しなければ敗訴させるからな!→脅されて、騙されて反訴する、弁護士を使うとこの司法詐欺に必ず陥れられる→裁判官”反訴したな、良し、鑑定を行え、100万円鑑定費を納付しろ!逆らうと敗訴判決だ!”この流れ以外、損保の下僕法曹カルト連中は、損害賠償、損害賠償保険金支払いの可否判断ごっこ、何も知らないから出来ない通りです。

こんな詐欺手続き「建設工事保険、事業所の損害保険、各費用支払い約款規定に等適用されないけれど”ここ迄程度が超絶、と言うより”カルト司法協議鹿分かった錯覚も出来ない迄、の輩集団だから分かる訳が全く無いのは必然」

しかも「相反する立場で、複数の建設工事業者が関わって居るとなれば更に”建設工事保険、費用各支払い規定も共に適用される訳で”互いの加入損保に共に、上記費用保険金支払い請求を共に行い、双方の立場の被保険者の業者が、共に自分の正当性を立証すべく、必要事項保険金支払いさせて、等さ、検査、事故の再現実験、被害防止対策、鑑定、調査結果の分析、合理的、科学的答えを、相互に導き出して、を双方行えるから、被保険者の権利で」

損保、司法犯罪賠償論等無関係の損害保険商品、約款支払い規定で、被保険者の権利で合否立証費用を出させて実験、事故の再現などと、費用保険金支払いを集受けて、これ等を遂行出来継保険商品だから、まあ分かる訳が。

合法、犯罪の判断知識、能力から無い現実

  • 2024/07/22 07:52

この頃特に、警察、法曹資格者等の「短絡な犯罪、荒っぽい犯罪が表に出てしまうようになり、強姦だとかまあ、人として最低の犯罪に走って、公式に表に出されて事件化され出しても居る通り」

元々この権力集団、合法、犯罪の区別も正しく付けられもしない人間が多い権力集団?ですが「警察、司法犯罪を、政治、行政、報道カルトはもう言うだけ無駄で、揉み消させ放題、握り潰し放題、犯罪正当化権力テロを日常化も」

これ等の手で、警察、法曹資格者テロ、犯罪を片っ端から握り潰す、被害者と被害者側に正しく立つ、弁護士がでは無いからね、あの連中が正義等、あの連中自身も信じても「✖でどうでも転ぶ国家権力を自らでも、そもそも、権力悪用を武器として、これ以外憲法、法律論で正しい根拠、証拠に拠って悪を叩いて等、無理処では無い輩だからね」

知的障碍者の強制不妊手術、自分で子供も自分達も、面倒も何も見られないのに「多くが同様の、の子が生まれる割合も極めて,誰がこの親子の金銭面、養育面、生活等の面倒を見られると言うのか、これ等に付いて、なんの責任意識も正しい答えも無く、人権侵害だだのと最高裁ぐるみ」

要するに「弁護士連中に、血税で新たなしのぎを与える為の、が実際でしょう?だから”時効も無し、該当する障碍者が死去して居ても、遺族に金を得る権利もある”何時も通りの司法の、とされて居るんでしょうし」

相変わらずの「自分は何の巻き添えも食わない筈だ、税金と言う無限の資金を、気の毒な被害者、遺族に多額与えるだけで、自分は何の巻き添えも食わない筈だ、誰かが知的等障害者と生ませる、産まれた子供を手厚く介護、養育等してあげるだろうが、自分は無関係の立場で、気の毒な重度障碍者型の子を産む権利、養育は出来ないから産みっぱなしが山のように、を防ぐ国策被害?を解消して、その後の責任全てを」

こう言った親から生まれた子供が「運良く障害を持たない場合、親の介護などを負わされるXXがとも、悲惨な人生に陥らせられると、当たり前でしょうね、障害を負った事妊娠すると、一生背負えない事は分かるから、情でどうにかなる事では全く無いから、中絶と言う選択肢を取る親もと、XXが以後待っている訳で、夫婦関係の破綻も多く、掛かりっきりの人生を以後送る訳で」

物事、物理的な物ごとに対しては「理論的に考えて、結果を導き出す事が最も重要なのですけれどね、対人地雷の性能を、障害者を生むように改良?し続けて今に至る、殺さず重い障害を負わせれば、一人に付いて何人もが犠牲になるので、国力を置きく削ぐ事がと言う理由、合理的では有ると」

本人訴訟が基本の契約で、費用保険金支払い相手は被保険者契約者

  • 2024/07/21 08:54

当社も解体工事業者も共に「弁護士費用を出させる契約では無いから”つまり、本人訴訟と、本人が争訟の扱い、処理に動く契約で有り、事故の事実立証調査、証明費用に、事故の再現実験費用保険金に、事業所で要する費用保険金に、必要な外注先に支払う費用保険金、これ等を被保険者である、契約事業所が請求して、これ等の保険金を受け取り”請求事項に係る業務を実施すると言う、そう言う損害保険契約で」

こう言う形で保険金が、被保険者である契約業者が損保に請求して、被保険者に保険金が下りる契約ですよ、きちんと契約規定でこう決まって居ます。

今まで損保、司法が共謀犯で「この費用保険金支払い全て”不法に弁護士を、被保険者委任と偽り、実は契約損保で弁護士、裁判官と共謀犯で、違法に被保険者が弁護士を委任と偽装して、この犯罪弁護士が、不法に損保、司法機関と共謀して訴訟費用、弁護士費用から、損保が拠出して受領して、この犯罪を常とさせる以外認めずで」

後は「費用保険金も全て”指揮する損保、下僕弁護士、裁判官が損保の犯罪指揮通り”調査だの鑑定ごっこだの、損保が出す費用を使って偽造捏造、狙う通りの出鱈目証拠作りさせて」

犯罪者は犯罪証拠でっち上げ資金を貰い、指示通りの偽造証拠作り、行使する事を常として有り「後は損保、司法犯罪雛形の踏襲で”犯罪者に金を与えて偽造させた、この犯罪作成証拠が正しいから、犯罪者が勝訴判決を下した、被害者をこの犯罪で落としれ成功させた!”を常とさせて来て居ると言うからくりです」

ここまで出鱈目で適当なのですよ、何処が全能で正義の法曹だって、無能無知が尋常を超えて更なる下層にまっしぐら、ここまで日々、程度凋落が悪化の一途だから、もうどうしようも無いのが現実です、法曹資格者のこれが真実だから。

この現実の上で「損保、とても時代に合った保険商品、特約作りし続けて居て、金融庁から認可して売り出している訳で、司法犯罪賠償論以外理解した気にならない程度!の法曹資格者連中は、ずっと以前からですが、損保が次々作って認可を受けて、売り出している損害保険商品、特約、約款支払い規定に等全く到達出来ない訳です」

賠償論以外理解した気にも至れず、損保が債務不存在言い掛かりで訴訟提起→訴えられた側は、反訴しなければ敗訴させるぞ‼と脅す→犯罪鑑定強要する、被害者に高額無駄な出費被害を加える目論見、損保の下僕司法の犯罪、これが全てとしか、弁護士、法曹の頭の程度がこれしか。

ページ移動

ユーティリティ

2024年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508832
ユニークアクセス:6660086
今日
ページビュー:372
ユニークアクセス:372
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed