エントリー

法的根拠

  • 2021/06/24 13:07

損害保険商品、生保もですが「そもそも、被保険者に対して、調査を行う権限から、法律的に有るのか、と言う、根本問題です」

自動車保険事業の場合は「人身加害、被害の場合、国の補償事業である、自賠責保険事業が、任意自動車保険に先行して適用される、こう、国の補償事業に関して決まって居るし、民間の損保、共済事業者が、国の補償事業である、自賠責事業の業務を、国から委託されて行って居る事に乗じて、任意自動車保険、対人賠償、人身傷害共、示談代行だ、弁護士特約だ、違法行為をやり捲れて居る”国の補償事業の一環だ”と強弁して、通されて居る、と言うからくりです」

ですが「他の傷害保険等は”自賠責事業で補償を受ける”とはなって居ないので、基本、保険商品が認可で認められて居る業務を、認められた範囲で行う事、これしか出来ません、相手方と被保険者を,言い掛かりで賠償詐欺犯の一角だ、と言えば”事実、証拠偽造他の手を稼働させて、陥れられて居る?事実、合法を持ち、個人賠償特約、任意自動保険に付けてある特約も、合法化は全くレベルで、実際に恐喝、脅迫、強要犯罪を、個人賠償特約損保、職員、提携弁護士で、凶行三昧を」

被保険者、加害責任者への、一定の調査は「合法か否か、境目より黒い所業で、一定の調査を行えても、賠償債務者に、この、法律、約款規定に拠らないで、賠償請求権者側に”強制的に調査をさせろ!”こう恐喝、脅迫、強要犯罪を一定重ねても、法に沿い、刑事罰則適用の、強い疑いも、証拠が有ってもですが、詐欺刑事事件捜査証拠、賠償詐欺踏み倒し用、犯罪領域ででっちあげ、の恩恵が不足_も合わせ、違法な調査も、もうまともには出来ないでしょう。」

個人賠償責任保険は「自賠責保険は適用されません、ですから”そもそも、自賠責自動車保険事業で、法律を犯して、合法を問わず、強引に認めて有る各犯罪行為は、元々再現出来ないのです”」

個人賠償損害保険、特約は「被保険者である加入者側が、損保に対して、個人賠償特約が適用となる事件、加害責任者となって、負った賠償債務金に付いて、損保に、合理的理由を持ち、請求を行い、支払いを受ける、賠償債権者に渡す前提、賠償債務を支払い、債権譲渡を受けた分の請求を行い、支払いを受ける、と言う保険金請求手続き、支払いです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745454
ユニークアクセス:4919331
今日
ページビュー:2679
ユニークアクセス:2635
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed