エントリー

傷害事件の証明、医学的証明を、刑事事件捜査で、故意に揃えないと言う

  • 2021/06/27 16:30

人身交通事故事件の原則が「車で人体に危害を加えても、人は死傷しないと、医療証拠を故意に揃えない、絶対の詐欺捜査手法を常時行い、刑事事件捜査で捏造する事だけに狂奔して居ます」

人身交通事故事件の被害者と「傷害事件の加害者では無いと、犯罪捜査で証明して貰えて居る、無罪の”加害者容疑を掛けられた、実は傷害事件との証拠は、故意に消される事で、傷害罪も冤罪、と、常に偽装でして貰えて居る、刑事事件捜査、処分上の被害者さん方”人身交通事故事件の、刑事事件捜査記録の写しを取り、この事実を確かめて見て下さい、警察、司法、法務所為らの、実際の所業の一端を、事実によって知る事が出来ますから」

私の手にも「この警察、司法、法務省犯罪実例、証拠が”この詐欺犯罪刑事事件捜査捏造記録と、この犯罪捜査資料写しを、損保、提携弁護士に提供して、恐喝の武器で使わせた”証拠も有ります」

この、人身交通事故事件を、常時違法捜査、傷害事件の証拠、医学的証拠を、故意に揃えない手で、傷害事件は無いと、公に事件を捏造して有る、日常犯罪が有る訳で「初めから、車で人体に危害を加えても、人が死傷する事は無く、人身交通事故被害者は、原則居ないと、刑事事件多数の捜査で?立証されて居る、のみを、人身交通事故事件発生となれば、捜査捏造、でっち上げ、証拠を故意に揃えない、前提の捜査限定、なのだから、傷害罪事件と、初めから扱わなければ良い事です、こう、刑事事件捜査で、捏造捜査で、常時でっち上げて通して居るのだから」

車で人体に危害を加えた、傷害事件は「犯罪刑事事件捜査恒常凶行を武器とされて、起きていない傷害事件、と、でっち上げで通されて居る以上、初めから傷害事件?捜査などしなければ良い事です、傷害事件は無かったと、どうせでっちあげて、決定すると決めて有るのだから」

車で人体に危害を加えた、傷害事件で、被害者が大怪我を、別の何かで?負って居ても、放置して置けば良い事です、賠償詐欺犯罪者と言う設定なのだから。

人体に車で危害を加えても、人が死傷する事は無い、医学的証拠を、刑事事件捜査で故意に揃えないと言う、極悪非道な、刑事訴訟法詐欺の手を武器とさせて、損保、提携弁護士、民事事件裁判官、裁判所が、あらかじめ仕組んで、常時成功させる不文律としてある、オカルト傷害事件抹殺、刑事事件捜査の実態です。

この、犯罪刑事事件捜査を、昨年8月11日の、警察官が加害者、人身交通事故事件でも、何時も通り成功させたけれど、この犯罪事件捜査記録写しを使い、対人加害は無い、債務不存在だと、捏造刑事事件記録写しを武器とさせて、訴訟を提起したら「この、一連の警察、司法他犯罪が、公式に俎上に乗る訳で、自分が勤務する警察署の犯罪、犯罪捜査なので、拙い事になる恐れが、、」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5837964
ユニークアクセス:5010802
今日
ページビュー:626
ユニークアクセス:624
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed