エントリー

出鱈目の極み、刑事事件捜査記録、裁判経過記録でも立証出来ている

  • 2021/07/13 06:58

まともな刑事罰則の適用、この段階から「捜査にあたる警察官の大半は”そもそもの、必須知識も備わっておらず、知らない、分からない事は、正しく果たせる訳が無い”そして」

辯護士、検事、検察庁職員、裁判官、裁判所職員、法務省の役人連中、報道カルト集団は「多少は世間とも関わって居る、多くの警察官の中にいる”間違った事件の組み立て、捜査になって居ない捜査、立件出来ていない立件”と、論理的に指摘されると、聞く耳を持って居る警察官ら(も一部居ると言う事)と全く異なっており」

愚かを超えた「司法捏造事件構成?事件の証明要件?でも無いけれど、合理的、合法を証明した、とは全く違う、オカルト刑事事件証明?事件扱い、刑事事件での判決のみに、一生狂奔する以外、出来ない、知識も思考、判断力も無い故、弁護士、検事、裁判官、法務省役人は、組織だってこれが常です」

自転車を含めた、人身交通事故事件の正しい立証、何の事かから、弁護士、検事、裁判官は、理解も不可能です「この事実が有るから”あんな出鱈目極まる、傷害事件は証明されて居ない”刑事事件捜査証拠、記録で、傷害事件の刑事事件扱いを謳う、法曹資格者連中の、オカルト神様ごっこに、常に興じて居られるのですから」

傷害事件で扱うなら「一定の治療期間が必要となって居る、傷害事件受傷被害者を判別して”主治医、治療先医療機関に、傷害事件被害証明を果たす、刑事訴訟法捜査が必須です”当たり前の必須立証ですが、ほぼこれも行われて居ません、傷害事件を立証して居ないのに、傷害事件で、被疑者、被告人で扱って居る愚か過ぎて(;^ω^)」

車のブレーキとタイヤの制動性能数値ー国際基準が絶対の数値であるのに”日本国の警察、司法、損保、共済は、1960年に、警察庁科学警察研究所が、車を走らせて、取った、半世紀を優に超えている、古いにも程が有る制動性能数値を”永遠に不変のタイヤとブレーキの制動性能だと、実際に車を走らせて、停止実験すれば、普通に車を走らせて、ブレーキを掛ければ、時代錯誤の極み数値と分かる事も、本気で気付く頭も持たず、自動車事故証明の根拠?だと、強制適用させても居ますし、呆れるばかりのカルトテロ集団です。

日常的に「正しく物事を、現実を見て、調べて考えて、正しく判断出来る資質も何も、見事に備わって居ないと言う事です”魔女狩り、天動説絶対裁判、裁判ごっこが実際です”事件捜査記録、刑事裁判の内容、判決根拠で分かる事実です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703312
ユニークアクセス:4877648
今日
ページビュー:318
ユニークアクセス:318
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed