エントリー

近代法治国家日本の、神を凌駕する法曹資格者?論外の極みが実態

  • 2021/10/05 08:54

医師法の正しい遵守破壊達成済み、医師に命じると、カルテから偽造が日常化させて有る、こんな国家資格者、国家資格者が作成した「医学的な、医師による証明、これも、損保、警察、法曹権力、役人が命じるがまま、犯罪で偽造捏造常時と来て居る、最終偽造命令が、裁判官の決定、判決”犯罪診断が正しい、医師法による、主治医の医療行為、診断は虚偽、違法だ”この裁判官犯罪強要決定、判決です」

司法犯罪の常です、最後の犯罪凶行命令は、裁判官が出す、合法破壊、犯罪が正しい決定、判決を下して、犯罪を強要する手で統一されています。

今までであれば、主治医の診断、医療行為は虚偽、医療費、賠償詐欺だと「合法根拠全く無しの決定、判決を下せば”損保、監督機関、保険者等が、主治医に、犯罪診断が正しいとの決定、判決通りに、カルテ等偽造させて”犯罪診断が正しと言う、犯罪決定、判決が合法だと偽装して来た訳です」

嘘が正しいとなるように「法律上絶対認められて居ない筈の、医師によるカルテ他偽造で、犯罪適法判決が正しいように、強制偽装する、医師法から無効化した、犯罪が恒常化されて、通って来て居るのが、当たり前だとされて来た訳です」

十和田労基恐喝事件も、この背後司法犯罪を武器とさせての、犯罪診断が正しとの、合法破壊決定、判決を武器で悪用させての、労災事業、厚生労働省、労基相手の直接恐喝事件勃発だったと言う事です。

当たり前を理解出来てりゃ「医師法蹂躙、犯罪ででっち上げた診断と言う犯罪を、合法無しで正しいと判決を下そうとも”厚生労働省、労基、労災事業が合法支給して居る事を、叩き潰せる武器に等出来る訳が無い事が分かる筈なのですが”こんな当たり前も何も、損保の下僕警察、法曹資格者、法務省、司法機関職員、国交省、厚生労働省、金融庁他職員も、地方役人も、報道カルトも、本当に理解も出来ないのが実態と言う事で」

普通であれば?十和田労基恐喝も、労基が主治医にカルテから偽造を指示して、司法ぐるみ恐喝が成功した、筈なんでしょうね、今までであれば。

札幌方面東警察署の、傷害事件加害者警察官に係る、犯罪診断、自賠法から蹂躙他犯罪も、司法、複数の行政機関ぐるみ犯罪の踏襲の結果です、医師法破壊が正しいと、でっち上げで通る筈、で手を汚した、国家権力犯罪ですから。

日常的に、医師に命じれば、カルテ等偽造から手を汚して居る、医師、医療機関犯罪の現実が有るから「医師法遵守等不要、守秘情報だの出鱈目、偽造する情報だから、よって、犯罪入手しても当たり前の、法律上偽造禁止、違法漏洩禁止診療情報と扱われています」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6378013
ユニークアクセス:5544666
今日
ページビュー:41
ユニークアクセス:41
昨日
ページビュー:3472
ユニークアクセス:3445

Feed