エントリー

訴訟詐欺と、損保が証明して居る、人身交通事故債務不存在確認訴訟

  • 2022/08/09 07:31

人身交通事故受傷、過失傷害事件、加害者は道警所属、山本巡査、被害者は私、一昨年8月11日昼に起きた、一方的追突傷害事件。

この対人加害事件、加害者の山本巡査、加入して居る、と言うだけの共栄火災、斉田提携弁護士、の組み合わせの連中は「この連中による、対人加害行為で負った賠償債務金支払いは、ゼロです、不払いで逃げた訳です、が」

この連中と、札幌地裁、裁判官が共犯で「自賠の範囲(傷害120万円)を超えた分で、189万円も対人賠償金を支払った、30万円過払いが有った、もう対人賠償債務は存在しないんだ!と、事実無根の詐欺訴訟を提起した訳です」

この訴訟詐欺、私が「合法な訴訟を行う必要が有るが、この通り、刑事事件捜査段階で既に、主治医による、加害者の刑事、民事責任抹殺目論見闇の犯罪雛形診断、軽い怪我でよ、と偽造診断を付けて、捜査機関に出して、闇設定通り不起訴!等を行って居る以上、先ず合法な訴訟の実現が必要です!と、この闇犯罪証拠を出して、合法訴訟実施を求めたら」

共犯で、実行犯の札幌地裁、担当裁判官は「強引に審理を潰して、原告無条件で勝訴!判決を出した訳です」

で、控訴して、私が運転していたトラックに掛けて有った、東京海上日動任意自動車保険、人身傷害特約から、次の文書証拠も取った訳です。

;人身傷害特約からの回答、加害側共栄火災は、自賠責の範囲120万円の内、60万円余り、事故証明書取得費600円も込みの金額を、自賠責から回収済み、加害側による、対人賠償金支払いはゼロです!

;東京海上日動、人身傷害特約から、自賠責基準を軸として、自賠責120万円を超えて、189万円位支払いしました、人身傷害特約からの支払い金で、このお金に付いて、何処からも債権回収して居ません(契約者側被害者に、契約に基き)補償金支払いして終わって居ます。

東京海上日動は、この訴訟は訴訟詐欺ですよ、加害者山本巡査、加害者加入らしい、任意自動車保険、対人賠償とも、事故証明書取得費に至るまで、対人賠償金支払い済み金は無いです、60万円余り払った分は、自賠責から、事故証明書取得費まで回収済みで、対人賠償金は、一円も支払って居ませんよ。

これを正しく証明も、して居るんです「加害者側は、対人賠償金を、自賠責から120万円、自賠責の範囲を超えた分で189万円も支払った、30万円弱過払いだった、もう対人賠償債務は無い事の確認訴訟だ!被害屋は、この内容で示談を要求したが、応じないんだ!」

訴訟提起も、判決も詐欺、強要した示談内容も詐欺、加害者は司法警察員、道警、東署、札幌の裁判所、裁判官、共栄火災、斉田弁護士ぐるみの対人賠償詐欺、訴訟詐欺、詐欺示談強要事件です。

三件目の訴状が今日には、従兄の息子に届く筈

  • 2022/08/09 07:11

5月18日昼に、従兄とも協議して、火災共済が適用されるなら、雪害で壊れた葡萄、小桑棚撤去等工事を行うと合意しており、火災共済が適用される事を、共済本部に何度も電話して、確認して、従兄の息子にも、共済と話させて、共済から保険金が出る事の確認もさせて。

息子は「自分で請求手続きを取る」と言って、撤去工事を終えた訳ですが、こいつは屑なので、共済から保険金を受け取った筈なのですが、工事代金”も”居留守を使う、阿保警察を操り、等の手で、支払い逃れして居る訳です。

今日届く筈、の訴状は、この件の、工事代金請求事件の訴状です、本当に腐った、我欲の亡者ですよね、居留守を使って支払い請求に応じず、阿保警察を操って、請求を潰そうと黒い行動も、良くもまあ、こう言った事まで行える物だ、札幌市国保企画課、求償部署に対する、人を使った言い掛り脅迫と言い。

今回届く訴状も、届いたら慌てて、共犯者に救いを求めるんでしょうか?東京海上日動、提携弁護士は、直接共犯として、合法な対人賠償債務踏み倒し目論見の、検事、警察を支配下に置いた強みで、こいつと共犯で、でっち上げた損害保険金詐欺冤罪と、示談書、求償書類、従兄による、東京海上日動宛、日常生活賠償特約での、対人賠償債務支払い済み、債権化しての支払い請求手続き等、偽造だ!と言いがかる犯罪と合わせて、これ等の悪行を、検事、警察を指揮して、成功させるべくを?

この息子、父親が死んだ後から、従兄の昔の同級生とつるみ、いい年のおっさんを下僕で使い、運転手もさせて、庭の草取り、葡萄の選定等、雑用もさせて、を連日のようにさせて居るので、近所も疑問を?この二人、毎日何をして居るんだ?息子、親の同級生を運転手で使い、毎日何処に行って、何をしてるんだ?と、東京海上日動、司法書士の所、遺産金を手に入れるべく、等では?

こいつは見事なまで、本当に自分で何もしません、父の葬儀の折には、父の姉や、父の兄の子供、こいつの従弟に、塵屋敷、草木が茂り放題の庭を片付けさせたと言う、気に入らなければ、怒鳴りつけると。

国家権力犯罪を、詳細に立証する事で,合法が失われると言う

  • 2022/08/08 16:06

今月30日の午後3時半に、従兄の息子、xイxス商会社長で、従兄の相続人が、言い掛かりで対人賠償、焼却炉相続、保管料支払い、工事代金全部踏み倒しして居る、三件の少額訴訟の審理が行われる運びとなり、通知が来ました。

これで明日にでも、三件目の訴訟提起の特別送達が、従兄の息子、xイxス商会社長に届きます、特別送達を受理はして居ると。

こいつと東京海上日動、提携弁護士、司法書士、警察が共謀して、検事も共に共謀して、焼却炉の所有者を、従兄が費用拠出、息子の会社が購入所有者、と、私が捜査指揮して、証明を取ったのですが、私が購入した焼却炉だと、でっち上げで捏造に走られて居る訳です。

従弟の息子は、自分の父親も、金に困って焼却炉の所有者と偽り、私が焼却炉を倒して下敷きになり、東京海上日動から、損害保険金を詐取しようとしている、詐欺犯だ!とでっち上げもして居ます。

所がこいつ、自分の父親が死去した事で、巨額の遺産金を、法を犯して手に入れて、脱税も目論んで居るんです、自分の父親が、金に困って詐欺を働いた、お前、生命保険金も入れれば、x前後の金を得られるよな、極潰しが。

こいつ、自分の父親と私を、東京海上日動、提携弁護士、司法書士、従兄の同級生の親父と共謀して、検事、警察を支配下に置いて、詐欺犯に落とそうと謀って居ます、自分が得られて居る、巨額の遺産金を違法に手に入れて、脱税目論見!に走る一方で。

対人賠償債務遺産負債、これを踏み倒そうと、東京海上日動、提携弁護士、司法書士、警察、検事、従兄の同級生と共犯で、この犯罪捏造に走って居る訳です、本当に悪いですね、この連中。

東京海上日動、従兄の息子が、犯罪で利を得られるようにと、ここ迄の国家権力犯罪が、おおっぴらに凶行されて居ます。

損保、司法犯罪は、行政に犯罪を強要で成立

  • 2022/08/08 08:51

;遺産金、遺産預金は、泥棒に成功すれば、泥棒が犯罪収益を、国税も共謀するので、無税で犯罪利得全額、手に入れて逃げられて”弁護士、裁判官、検事が共謀して、犯罪で奪わせた遺産金は、徴税を逃れさせて、遺産目録を偽造して、盗めた遺産金を、強引に遺産から抹殺して”全額犯罪者と、共犯弁護士らが手に入れて通されて居ます、司法、警察が、行政にも犯罪を求めて、行政も共謀犯罪で成功、の構図です。

;損保が加害者側の立場で、対人賠償債務金補填支払いする場合”損保が医師、司法、警察を、賠償踏み倒し目論見の、損害保険詐欺冤罪をでっち上げる、が主体で、指揮下に置いて居るので、受傷は軽微、事件と受傷は無関係、等の偽造診断書のみ発行させて通す”これに医師が応じないなら、犯罪者診断をでっち上げれば、主治医の合法医証は偽造で潰せて居ます、この犯罪で、加害者の刑事、民事責任を、常時潰せて居ます。

;この犯罪を成功させても”傷害事件で負わされた傷病の治療が、その後も必要であれば、他の傷病原因をでっち上げさせて”公的資金詐欺と、自己負担で治療継続とさせて居ます、国交省、金融庁、厚労省、国税査察などが共謀犯罪を重ねて、成功させて有ります。

;自賠責事業、労災事業、損保事業が共謀犯で”この事業が、第三者行為傷害で傷病被害を負わされた被害者に対して、補償、賠償金支払い責任を負った場合”医学上有り得ない、症状固定等と言う、オカルトでっち上げ診断?”を、主治医に強制的に、虚偽と承知で付けさせて、主治医に一般傷病カルテを偽造させて、公的資金、医療費等詐欺に走らせて居ます。

;上記権力犯罪に、労災事業、主治医、保険者が従わない場合は”犯罪診断が正しいんだ判決”を下して、労災事業、健康保険事業、主治医を脅迫して、犯罪に従わせる手を使って居ます。

このように、損保犯罪を成功させる為に、警察、司法、行政が、必要な犯罪に手を染めて、損保等が合法な対人賠償を、公然と踏み倒して通るように、仕組まれて有る訳ですよ、国家権力の悪用が武器と言う。

警察、司法の定番、犯罪者支援、被害者を冤罪に落として、潰すまでも日常で

  • 2022/08/08 07:48

警察、司法冤罪が日常、この事実は「一昨年8月11日、山本巡査一方的追突傷害加害事件発生後の、警察、検事、裁判所、裁判官共犯の、テロ犯罪、損保が軽症の事件、合法賠償遂行との虚偽もでっち上げて、警察、司法が、このでっち上げが正しい、加害者に刑事、民事責任は、ほぼ無いと、合法無しで強制決定、この嘘、でっち上げを、被害車両の任意自動車保険、東京海上日動も含めて、被害側で証明済み、事実でも明らかとしてある通りですし」

昨年3月29日に起きた、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件でも「焼却炉の所有者捏造、当事者間示談書、求償書類、加害者が加入損保に、日常生活賠償金支払い請求した書類も偽造だ、と、相続人息子がでっち上げ、東海は、当事者が共謀して、損害保険詐欺を働いて居る、とでっち上げて東署、検事を捜査指揮、従兄の息子は、東海と共謀して、札幌市国保企画課を、人を動かして脅迫も実行、求償潰しが目的の犯罪も実行済み」

息子は、司法書士の共犯協力も、で「遺産金を、法を犯して取得、脱税目論見で犯罪利得隠匿、そもそも”遺産金確定せず、故人が負った、対人賠償債務も、言い掛かりで踏み倒し”合法納税など眼中に無し、親族には、高額の遺産金違法取得、脱税目論見を口止め」

東京海上日動、提携弁護士、従兄の息子の共謀行為司法書士、東警察署、検事は未だに「遺産金は、犯罪に手を染めて手に入れられれば、犯罪者が無税で、犯罪利得満額を所有出来る、司法犯罪、相続遺産分割除外説でこの犯罪が正当化出来る、と、勝手に錯覚して居るんでしょう、妻の両親の遺産泥棒も、安倍氏の遺産泥棒も、この司法、警察犯罪で押し通したように」

今年の1月6日に、函館の医師が、被相続人実父の遺産預金300万円を、実父を騙って、相続人の立場で引き出し、着服した角で、窃盗、詐欺罪で逮捕されたんですが、東海、提携弁護士、従兄の息子、共犯司法書士、二階堂検事、東警察署刑事課、地域課は「未だに遺産金は、犯罪で手に入れた泥棒が、無税で所有権を得て逃がされる、司法犯罪制度、相続遺産分割除外説、が絶対だと錯覚して、犯罪を支援して、成功させると暴走して居る訳です」

従弟の息子、遺産金非課税枠は500万円位、ですよね?法を犯して手に入れた遺産金額、数千万円は既に手にしたのでは?脱税額も数千万円単位?普通は摘発されて、報道されるべき事件では?警察、司法が共謀犯だから、摘発逃れ出来ていると言う。

東京海上日動と、検事、警察、弁護士、司法書士、従兄共謀犯罪、対人賠償言い掛りで踏み倒しテロ!も、息子への債権回収手続き妨害警察の悪事も、権力テロですしね。

函館の医師は、相続人の立場で、被相続人の父親の遺産預金を盗んで逮捕、全国報道されて居ます、阿部さんの甥は、祖母、相続権の無い祖母の遺産預金を盗み、最後には窃盗の嫌疑で送検されて居ます、従兄の息子が、法に背いて盗んだ遺産預金額、数千万円でしょう、武Ⅹさんの従弟が、子の居ない伯母の預金を、伯母の生前、死後、大和証券、北洋銀行から、合わせて2,400万円盗んだ事件より、従兄の息子の窃盗、詐取、横領額、脱税額は、ずっと上ですしね、この金額以上、従兄が負った対人賠償債務を、犯罪検事、警察、司法、東海が共謀犯で、踏み倒しに犯罪暴走してるし。

巨額の遺産金犯罪入手、脱税にも加担、損保、提携弁護士、司法書士、警察、検事ぐるみの

  • 2022/08/08 07:24

相変わらずで「従兄が死去後、相続人の息子も東京海上日動と共謀して、犯罪で遺産金を手に入れて、脱税も成功させて、父親が負って居る、対人賠償債務も、東海と共謀犯で踏み倒すべく、悪の限りが尽くされて居ます、遺産は泥棒に成功すれば、泥棒が無税で所有権を得て通る、司法違反泥棒で入手、令和元年一杯成功させて来た、司法極悪犯罪のなぞりと」

対人賠償は、証拠偽造と、損害保険詐欺でっち上げ、冤罪でっち上げです、共に、この手口が融合している事件です。

従弟と私、加害者と被害者が共謀して、私が購入した焼却炉なのを、従兄が億単位の財産を持つが、金に困り?私が故意に焼却炉の下敷きとなり、従兄が加入する、東京海上日動任意自動車保険、日常生活賠償に”私が保険金請求した”損害保険金詐欺事件だと、東京海上日動永井啓太課長、伴担当がでっち上げて、札幌地検検事、東署刑事課が、裏も取らずにこう言う事件とでっち上げで決めて、違う事も証拠を揃えさせたが、もう合法に動けず、従兄死後は、従兄の息子も詐欺冤罪でっち上げに加わり、強引に、事実無根と承知で、損害保険金詐欺事件だ、と捏造で暴走を重ねています。

従弟の息子は、遺産を法に背いて横領、窃盗、詐取で、司法書士と共謀して手に入れて、脱税も目論んで隠匿を、親族に口止めもして居ます。

で「自分の父親と、私が共犯で、示談書、求償手続き書類、従兄が東海日常生活賠償に、対人賠償債務金を支払い、部分示談した分、支払い請求した書類等は偽造だ!と、東海と提携弁護士と、自分が使って居る司法書士が共謀してでっち上げていて、この虚言で、札幌市国保企画課不当脅迫も行って居ます」

東京海上日動、従兄の息子、提携弁護士、司法書士、検事、東署の目論見は「損害保険詐欺冤罪をでっち上げて、対人賠償を東海、息子が踏み倒せるように、と、従兄の息子が、遺産金を不正取得して、脱税を成功させられるように、司法、警察権力犯罪に走って居る、定番の権力犯罪を重ねています、妻の両親の遺産でも起きた、遺産泥棒取得、犯罪利得脱税に付いての、警察、司法テロ、犯罪公式共謀支援、の再現です」

従弟の場合は、桁が一つ上の額だし、従兄が負った、対人賠償債務支払いを、損害保険詐欺冤罪でっち上げで、息子と東海が、警察、司法の共謀権力犯罪支援で踏み倒して逃げられるように、この権力の定番犯罪も加わって居る訳です。

損保、司法犯罪、損保、司法、警察が共謀して、対人賠償犯罪で強制踏み倒し、詐欺冤罪でっち上げで被害者潰し、遺産金犯罪で取得、犯罪利得脱税も成功させるべく、警察、司法が権力悪用犯罪で加担、が組み合わさった、国家権力ぐるみの巨大テロ事件です。

呆れるまで、事実証拠を揃えられず、損保の下僕で言うがままの、損害保険詐欺冤罪捏造捜査に

  • 2022/08/08 07:05

一昨年の、山本巡査一方的追突、重い傷害加害事件では「加害者の刑事、民事責任抹殺用、主治医に先ず、軽い怪我だと事実無根で、虚偽診断書のみ作って出させる、損保、警察、司法共謀の犯罪証拠で加害者刑事、民事責任常時抹を、この事件でも成功させた、筈だった」

が、正しい診断が、複数の主治医から出されたんで「自賠責事業犯罪者診断で、主治医らの診断は虚偽、後遺症など医学的に存在しない、と、犯罪者診断をでっち上げて、後遺症も強制否定、に加えて」

山本巡査、共栄火災、斉田弁護士、札幌地裁、裁判官が共犯で「自賠責と、被害車両に掛けて有る任意自動車保険、人身傷害特約から、自賠の限度までとの賠償金と、人身傷害から、自賠責基準に準じた、補償金支払いされた事実を、加害者側が、対人賠償金を、自賠の範囲も超えて、30万円弱過払いまでして支払った、もう対人賠償債務は無い!と、訴訟詐欺を提起、裁判官は、訴訟詐欺と承知で、審理も潰して、その通りだ、過払いまで加害側はして居る、もう債務は無い、でっち上げ判決を下して居ます、証拠で出したのは、自賠責審査用医証謄本名目の、損保がコピーしただけの紙切れと言う」

で、控訴手続きは、今年3月7日に取った訳ですが、控訴審は来月5日、被害側損保東海からは「加害側は、一円も対人賠償金支払いして居ませんよ、東海で補償金支払いしただけです、自賠限度までと、との証明書と、居自賠用名目医証、損保発行のコピーですよ、との証明書も出されて居ます、で」

この訴訟は、訴訟詐欺と証明された事も含めて、司法警察員加害者、共栄火災、提携弁護士斉田、札幌地裁、裁判官共謀の訴訟詐欺‼と証明されて居る事に付いて等、未だ何の正当さ証明も、証拠も出されて居ません。

自賠責事業からも、医師法第17条違反、犯罪者でっち上げ診断で、複数の主治医の診断は虚偽、後遺症該当受傷、症状が有るとの主治医診断は虚偽、掛かる医学的所見は無い、犯罪者診断が合法で正しいとの、法を持った決定は、未だ一切出て来ない現実です。

加害者は司法警察員、加害者が向うの主犯の立場で、共謀犯は共栄火災、被害側東京海上日動、国交省自賠責事業、札幌地裁、担当裁判官、の構図の権力犯罪です、目論見は一つ、犯罪を凶行して、権力悪用で犯罪が正しいとでっち上げて決めて、加害側の刑事、民事責任を、不当に抹殺して逃げる事です。

損保、提携弁護士ら弁護士、司法書士、警察、検事共謀の犯罪行為、当事者間での借金返済請求、協議潰し

  • 2022/08/08 06:41

裁判所、国の意向は「債権者と債務者が直接、債権債務返済に付いて、請求、支払い協議して、解決策を出す事が一義、これが裁判所、国の方針です、が」

法を犯して、債務踏み倒しを成功させる以外考えて居ない損保が指揮を執り、下僕に堕ちている提携弁護士、他弁護士、司法書士、検事、警察は「債権者が正しく、債務者側に債権支払い請求、支払い交渉すれば、違法、犯罪となるんだ、全て裁判だ!直接支払い請求や、支払い交渉すれば、違法、犯罪で強制排除、摘発だ!」

こう、損保、提携弁護士他弁護士、司法書士、警察、検事が共謀して「脅迫、恐喝行為、債務踏み倒し目的の冤罪、証拠偽造、でっち上げた債務無し言い掛かりを、日常的に捏造して、事実無根で正しく債務は無い、言い掛かりで債権支払い請求して居る、犯罪行為だ、詐欺行為だ!強制排除だ、摘発で債務踏み倒しを成功させて居る!」

この損保が指揮、警察、司法極悪権力犯罪が、国中で凶行されて、事実無根と承知の上で、強引に成功させられて居るのです、現在私が、この損保指揮、司法、警察、加害者共謀の、合法な賠償債務踏み倒し目論見の、損保がでっち上げた、債務は存在しない、詐欺行為で請求して居るんだ、とでっち上げた捜査に従い、警察、司法、加害者共謀テロ被害を受けている事件は、一昨年の山本巡査一方的追突傷害加害行為による、対人賠償踏み倒し目論見テロ被害と。

昨年3月29日に起きた、従兄が購入して、私の妻が所有土地に置いてある、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件で、従兄が加入して居る、東京海上日動任意自動車保険、日常生活賠償特約、札幌損害保険金サービス第四課、永井啓太課長、伴担当が捜査指揮、焼却炉は私が購入した機器を、従兄が金に困り、私が所有と偽り、私が故意に事故を起こして、私が従兄加入東海に、損害保険金詐欺請求した事件だ!とでっち上げられて居て、従兄が死去したら、息子が。

従弟は億前後、遺産を遺して居るんで、息子と司法書士、東海、提携弁護士、東署、検事が共謀犯で、従兄の息子に、この遺産金を不正手段で手に入れさせて、脱税を成功させるべく、と、賠償債務踏み倒しも成功させると、権力犯罪を重ねているんです。

私が、私が被害者と言う、表向きの設定で、実は私を詐欺犯に仕立て上げようと企んだ、被害者と言う名目での調書録りの時、従兄の口座履歴調査と、DAITOへの、機器購入者、費用拠出者証明取得捜査をさせて有り、東海のでっち上げは、虚偽と証拠も揃えた上で「従兄の息子も、遺産金犯罪取得、脱税、債務踏み倒し目論見で、死んだ父親と私を、犯罪者にでっち上げで落とそうと悪の限りを、の今です。

損保が支配する、損害賠償踏み倒しの手、警察、司法テロ

  • 2022/08/07 16:33

@損保、提携弁護士他弁護士、司法書士が、警察を暴力装置で操り”損害賠償請求、工事代金請求は、裁判以外違法だ、全て裁判で争う以外、警察が強制的に、請求、取り立てを潰す”と凶行して居るが、簡裁少額訴訟では、当事者間で解決策を協議が前提、判決を出しても、支払い能力が無ければ意味無し、等、当事者間の協議が大前提、何故山本xxは、居留守を使って協議に応じないのか?巨額の遺産金、保険金を手にしながら、と疑義を呈して居ます、東京海上日動が指揮、提携弁護士、司法書士、警察が、賠償、工事代金不当踏み倒しの為協議等を潰して居るから

                                   令和4年8月8日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本xx
                            携帯080-xxxx-
                            FAX011-xxxxxxx
※昨日夕刻、私の携帯に、xxから着電が有りました、簡裁から訴状が届き、焦って司法書士?に電話を掛けた気で、私が掛けた電話をリダイヤルした?よって,電話受けせず

〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目
札幌地裁、恒川由理子検事正、二階堂郁美事件担当検事
FAX011-222-7357 警察共々、損保冤罪に加担他
扇沢明宏北海道警察本部長、監察課、生活経済、捜査課課長
TEL,FAX011-251-0110 簡裁は、訴訟は最後にと
札幌方面東警察署長、生活安全、地域課
刑事一課強行犯山田、刑事二課知能犯小林、刑事三課盗犯係枡谷警部補
TEL011-704-0110 簡裁は、当事者間協議が前提と
秋元札幌市長、国保企画課求償、環境局清水部長、末永課長
FAX011-218-5182
FAX011-218-5105
〒007-xxxxxxxxxxxxxxxxx
xxxx商会社長、相続人山本xx
携帯080-1881-xxxx,FAX011-xxxxxxxx
東京海上日動社長、札幌保険金サービス第四課、永井啓太課長、木村担当
TEL011-350-4357,FAX011-271-7379
廣部・八木法律事務所、東京海上日動顧問
TEL011-271-9669,FAX011-271-1386
小寺・八木法律事務所、三井住友顧問
TEL011-281-5011,FAX011-281-5060
岩本・佐藤法律事務所、損保ジャパン顧問
TEL011-281-3001,FAX011-281-4139 

1,山本xxが死去して、息子、xxxx商会社長、山本xxが「唯一の相続人となった結果、東京海上日動、提携弁護士、司法書士と共謀して、億前後の遺産金を、xx・xx法律事務所などが手掛けて来て居る、横領、窃盗、詐取によって手に入れて、脱税して、合法な相続手続き逃れ、繁樹が負った、対人賠償も、冤罪を東海が指揮して、検事、警察が冤罪捏造に狂奔まっしぐら、当社工事金も、昌城と共謀して踏み倒し、国保求償も、示談書等偽造と、昌城、東海がでっち上げて、提携弁護士、司法書士、検事、警察が共謀してでっち上げて、札幌市国保脅迫、私、経営会社による、合法な、昌城相手の対人賠償金請求、工事代金請求も、警察が暴力装置で強制妨害、請求は全て裁判以外違法だ、示談書、工事証明でxxに支払い請求等出来ない、証拠を出せ、そんな物で支払い請求、回収出来るか、等、不当妨害等々」

2、札幌簡易裁判所に現在、遺産である高温焼却炉管理費、相続人xxに請求、日常生活賠償への、債務者による請求の為、細かく示談を交わしたうち、二か月分休業損害、医療費等支払い請求、経営する会社として、雪害で倒壊葡萄棚撤去処理工事金請求、都合三件の支払い請求訴訟を提起して有りますが、次が札幌簡裁が、私に伝えて居る事項です。

(1)山本xxさんと、東京海上日動は、何故山本さんと話し合い等しないんですか?裁判の前に先ず、当事者間で協議して、解決策を模索が必要です、何故居留守を使う、電話に出ない等して、協議に応じないんですか?裁判は最後の手ですけれど、債権が認められても、支払いせよ、と判決が出るとも限りませんし。

(2)訴訟を起こして、判決で債権が認められても、債務者に支払い能力が無い等で有れば、債権が認められても、一部、全部の債務支払い免除、遅延損害金免除、支払いを数年後からの支払い判決等、債務者の事情を鑑みて判決が出たりするんですよ、裁判で債権が認められても、実効性が無ければ意味は有りませんよ、だからまず、当事者間協議をして、実効性のある解決を模索する必要が有るんです。

(3)山本xxさんは、債務者だった父親が、数千万円~x以上の遺産金と、生命保険金を遺して居るから、貴方への対人賠償債務支払いも、工事代金支払いも出来るし、工事代金は、損害保険から昌城さんは、受領して居て、遺産金も、親族にこんな巨額有る、と見せびらかして、手に入れていて、その上で居留守を使って、父親が負った賠償債務と、工事代金の支払い逃れして居るんですね。

(4)東京海上日動は、山本xxさんが負った、対人賠償債務金支払いする立場で、東京海上日動からも、xxさんは、対人賠償債務金支払いを受けられるのに、山本さんと協議せず、逃げ回って居るんですね、だから、止む無く裁判で訴えたと、何度もxxさんに、支払い請求と、協議を求めて来て居るが、一切応じないで逃げられている結果の訴訟で、重症の体でほぼ元の仕事も出来ず、再手術も必要で、高額の手術費、生活費等が必要なのに、xxさんが逃げ回って、一切支払いされず困って居るんですね。

3、これが札幌簡裁からの助言、答えです「東京海上日動、提携弁護士、昌城、検事、道警、東警察署”債権者が債務者に、直接支払い請求する、支払いを果たす為協議する事は違法だ、請求は全部裁判以外違法だ、示談書、工事証明書等で支払い請求出来ない、債権者が債務者に、支払いを求めれば警察が出動して、全て裁判で請求以外認めない”これを強要して、実行して、合法な支払い請求を、強引に潰して、裁判しろ!当事者間協議をさせない、違法だと妨害する、を常に実行して居るが、警察、司法が損保、犯罪者に仕切られて、権力テロに走って居ると言う事です、裁判所、国の方針に、真っ向背いて、法を犯して対人賠償踏み倒し、工事代金踏み倒し、犯罪で遺産金取得、隠匿、脱税等、司法、警察犯罪共々の再現に走って居ますが、テロ以外無いです」

4,遺産動産、高温焼却炉も、東京海上日動、xxが、対人賠償を踏み倒せるように、私が購入者で、xxが所有と偽装して、xx加入東京海上日動相手に、私が下敷きになって怪我を負い、億前後の財産を持って居るxxが、金に困って保険詐欺を、私にさせた?当事者間示談書、求償書類、xxによる、東海への請求書は偽造だと、xx、東海、提携弁護士、司法書士で、ここまでとんでもない、損害保険詐欺冤罪でっち上げを、東海、xxの捜査指揮で、検事、警察が凶行も、カルトに支配されて居る政治他、と変わりませんね。

5、道警、東警察署「私がxxの家の近所に迷惑を掛けている、だから出動する、お前が迷惑を掛けているんだ、根拠の無い示談書、工事証明で請求と言う、違法行為も行って居る、のですから”近所から求められて居る、道路に大きく張り出した、一位の枝葉の選定、葡萄の蔓等が道路に出て来て居るので選定、隣家に迷惑を及ぼす、組、サクランボ等の枝の選定、雑草が茂って、近隣い迷惑を掛けているので、年間数回必ず刈り取り撤去、冬に昌城は、一切除雪せず、近所に迷惑を掛けているので、除雪の徹底を、必ず果たす事を求める、私がこれらを行って居なかった筈だから、強権で合法を妨害、言い掛かりで私を悪と捏造、結果責任を必ず取る事。                                 

損保、提携弁護士が支配する、警察、司法の現実

  • 2022/08/07 09:03

従弟が死んだら、息子と司法書士、東京海上日動、提携弁護士が共謀犯罪に走って居ます、従兄が責任を負った、対人賠償債務踏み倒し、が主目的の、こいつらが共謀の犯罪です。

こいつらの、平成10年代から変わらない手口が「当事者間で、債権債務支払い教義をすれば、債権者を恐喝、脅迫犯罪者だと、でっち上げで仕立てて摘発、逮捕して、合法な債権回収を叩き潰せて来て居る」

これです、警察が先に立って「債権回収を、この手で強制妨害して居るから、常に上手く行って来た訳です、で」

損保、提携弁護士、警察∸当事者間で、債権回収協議したら、恐喝、脅迫で摘発、逮捕だ!全部裁判だ!当事者間協議しようとすれば、逮捕だ!犯罪になるんだ!

この手口を、債権者が正しく債権を回収に動く事を、強制的に妨害して、通す武器として来て居ます、暴力団以下の、損保が指揮、提携弁護士、司法書士、警察共謀のテロです。

ですが、今の裁判所、少額訴訟の場合は「裁判を行い、判決で勝って、債権が認められても、債務者に支払う資力が無いなら無意味、実効性を持った判決、債務免除、債務に対する金利免除、長期支払い、支払い繰り延べ等判決を下す事も有るよ」

こう、実効性を最優先とさせた、裁判所公務を告げて来ます、だから「先ずは、当事者間で協議して、実効性が有る解決策を取って下さいね」

こう助言します「当事者間協議をすれば、債権者を恐喝、脅迫行為で摘発だ、当事者間協議等絶対させない、全て裁判だ、裁判以外認めないんだ、債権回収に来れば、警察が妨害して、当事者間協議をさせない、債権回収させなからな!」

この定番の、損保、提携弁護士を含む弁護士、警察の常套手段、裁判祖、国の方針と、真っ向対決と言う事です、只の言い掛りによる、合法な債権回収強制妨害です。

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377767
ユニークアクセス:5544424
今日
ページビュー:3267
ユニークアクセス:3244
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed