エントリー

遺品目録作成潰し

  • 2018/07/19 16:14

遺産の調査を行い、正しく証明された遺産を、遺産目録に記載する、合法な遺産証明です。

被相続人が死去後、被相続人の身分を偽った書類を使われ、遺産預金が横領されていた「誰が、どう言う形で行った遺産預金横領か、証拠も出されないで「XXに横領した遺産預金を渡したんだ、金融機関が、警察が、証拠を出さずに決めて言うから、XXから遺産金を回収しろ」

何の根拠も無い、金の請求要求です「当然ですが、遺産目録には”被相続人が死去の時点の遺産預金額が記載されています”XXに金を請求出来る根拠証拠は、無いのです」

遺産目録の記載が、基本正しい遺産です、記載も出来ない、根拠証拠も無い、話だけで「XXが遺産預金を、00万円横領後提供を受けて持って居る、金を渡せ、之をすれば、脅迫、恐喝行為です」

警察が、金融機関が要求出来る事では無いです、脅迫、恐喝を行えと、証拠も無しで金の要求をしろと、金融機関と警察が、他の相続人に要求する事が、国中で行われています。

法に沿い、金融機関に対して、被相続人が死去時に存在して居た金額の遺産預金を請求すれば「金融機関恐喝、未遂等の冤罪を着せられたりします」

遺産目録の作成の為に、遺産の調査を行う事から、遺産目録を正しい調査内容に沿い、作り、使う事から、警察、法曹権力が、不当な権力行使で潰しに走って来て居ます。

正しく遺産を調査して洗い出して、証明出来た分の遺産を目録に記載する、司法、警察は、この合憲、合法を、何としてでも潰したい理由が有るのでしょう。

横路俊一弁護士「次男が青森銀行とJA職員が横領した金を、横領後に提供されて持っている等、何処に証拠が有るんだ、金融機関から証拠が出たのか、無いだろ、そんな重大な犯罪容疑を、証拠も無しで答弁書に書いて出すな」

証拠は無いけれど、は

  • 2018/07/19 15:56

警察が直接加担して、犯罪の証拠を隠匿、隠滅、偽造証拠を正しい事と偽らせ、通す、等に走り、犯罪を消して居る、義父の遺産預金横領事件、同種事件は山のように起きて居る、同種事件も、相続前の遺品物品犯罪を重ねて闇処理請負も、根本は同じ構図です。

犯罪を証明する証拠を、警察、法曹権力が、強権を発動もして、隠匿する、隠滅する、偽造証拠を正しい証拠と、強引に偽って、真実を作り変えて通して居る、この手口が共通なのです。

犯罪で利得を生み出せて、犯罪を警察、司法、行政ぐるみで貸してくれています、犯罪利得は洗浄されています。

警察、司法が指揮するマネーロンダリングが、国中大々的に行われているんです、義父の遺産預金横領、遺産預金横領と言う事件は無くなったらしい事件?では、230万円以上が、正しい義父の遺産現金だった、こう証明?されました。

青森銀行、JA十和田おいらせ上北支店の職員も、次男も「義父の身分を偽った書類を使い、金融機関の金を横領した、受け取ったと、認めて居ますけれど?」

結局「証拠が失われまして、失わされまして、が正しいようですけれど、証拠も消え去ったから、義父の遺産預金が義父の死後、義父の身分を偽った書類を使われ、遺産預金が失われた事も無くなり、同じ額の遺産現金が、実は有ったと言う、、、。」

証拠は無いのに

  • 2018/07/19 15:34

次男と長女が「利益相反同士で、二人で委任して、受任して居る、横路俊一弁護士は、一体何の根拠証拠によって”委任者の次男はJA十和田おいらせ上北支店と、青森銀行上北支店職員から、義父の遺産預金を横領した金を受け取って居る”」

こう、答弁書に書いて、出して居るんでしょうか?証拠も無いだろうに、横領金の交付を受けて居る、この金は父の遺産預金だ等、裁判に証拠も出さず書いて、出して良い筈は無いでしょう、自分の委任者の事だぞ。

JA十和田おいらせ上北支店と、青森銀行上北支店に事実確認を行い、証拠も貰った訳では無い筈です、次男が言うから、で書いたんでしょうね、裏も取らずに。

当社が行ったJA十和田おいらせ上北支店と、青森銀行本店に対する調査では「次男が言う事と同じ内容の事を、両方の金融機関から聞いていますが、証拠は出せないと言われています」

一定の証拠は有ったのですが、金融機関と警察が意思統一で、消え去らせたようです、犯罪の証拠隠滅、では無いでしょうか?

横路俊一弁護士は、この状況ですけれど、どう自己弁護して、通せるんでしょうか、こんな重大な問題なのに、何の裏付けも無く「次男が父の遺産預金を、横領した金融機関の職員から受け取っていた、一定の金額は残っており、所持して居るんだ」

こう答弁書に書き、出して居ます、物的証拠は金融機関が渡さないから、無しで、でしょうね。

報告です

  • 2018/07/19 15:21

西税務署、次男の管轄の税務署に足を運び、証拠を渡して事情説明して来ました。

同じ事件は国中の遺産相続で、普通に起きて居ます「被相続人の遺産預金は、被相続人が死んだ後、XXが来たから、被相続人の身分を偽らせた書類を書かせて、遺産預金から金を引き出して渡した、証拠は出さないが、遺産預金を渡したんだ、XXから遺産金を回収しろ!」

こう、国中で、当時者の金融機関、顧問弁護士、警察、検事、裁判官が「証拠を出さず、他の相続人に強要して、金融機関犯罪責任を消して来て居ます」

なお「普通、それでも金融機関に対して”被相続人の死後、遺産預金が偽造書類で引き出された、証拠は無いがこれを飲んで、XXから回収しろ等聞く気は無い”こう言って追及すれば」

金融機関相手の脅迫、恐喝未遂冤罪に落とされたりして来て居ます、完全な言い掛かりですけれど、之が日常です。

当たり前ですが「証拠も無いのに、XXに、被相続人の遺産預金を横領しただろう、返せ、と要求すれば、恐喝行為です、当たり前です」

警察、司法は、この権力犯罪も、国中統一で実行し捲って居ます、この遺産預金横領証拠は、出すと金融機関側が本当に拙いんです、完全な業務上横領犯罪だから。

なので「証拠は出さず、遺産預金は金融機関職員が、被相続人の身分を偽った書類を使い、横領してXXに渡したんだ、XXから遺産金を回収しろ、従わないと犯罪を捏造して、逮捕するぞ、等脅迫して、之を通して来て居るんです」

義父の遺産預金横領事件は「遺産目録通り金融機関に存在して居ます、正規の金額通り渡さなければ、税務署は必ず調査に入ります、当たり前です」

金融機関の金を横領した金なら、遺産金では無くて、金融機関資金の横領金ですから、正当に遺産で受け取れる金では無いです。

横路弁護士の犯罪も

  • 2018/07/19 08:25

横路俊一弁護士、次男と長女の双方代理違法弁護人は「委任者で有る次男は、JA十和田おいらせ上北支店と、青森銀行上北支店の職員が、偽造書類を使い、200万円と30万円少しを横領して、次男に渡した」

こう、札幌地裁民事事件、第588号事件で「証拠も無しで答弁して、答弁書に書いて出して居ます、重大な犯罪行為を、事実証拠も無しで、委任社が横領金を受け取ったと、答弁書に書いて出して居るんです」

で、今二金融機関は「被相続人が死去後、被相続人の遺産預金を、被相続人の身分を偽った書類を使い、引き出す事は、監督官庁から厳禁されており、認められて居ません、よってその手で遺産預金が引き出されても、遺産預金は減じません、全額存在して居ます」

こう認めて居ます「そうした手で横領が働かれた場合、金融機関の資金が横領されたのであり、預金が減じた訳では無いです」

こうも、法に沿って答えて居ます、事業を営んで居る者とすれば、当然の答えです。

警察が、弁護士が、検事が、裁判官が「口頭申告で”遺産預金は死者の身分を偽った書類を使われ、金融機関の職員が横領してXXに渡した事と、自分達が決めた、遺産預金は減じた、金融機関に法に沿い、全額請求するな、XXから、横領金を持っている事実証拠は無いが、貰え”」

こう強要して居るけれど、通る話では無いのです、金融機関も今では、この強要は間違いと認めて居ます。

特に事業者資金の横領なら

  • 2018/07/19 08:14

事業所の資金が職員により、横領された事件で有れば「横領被害を受けた事業者は、横領の被害事実を、帳簿記載、各証拠書類を揃えて、横領事実を立証しなければなりません」

それを揃えた上で「業務上横領で告訴するかどうか、事業者の事情で決める訳です”業務上横領事件は、事業者執行権役員が、そもそも責任を負う事です”」

職員が事業所の資金を横領しないように、横領が起きれば、速やかに横領を見出して、執行役員の責任で横領を止めて、処理しなければならないんですよ。

つまり「義父の遺産預金が、義父の死去後、義父の身分を偽った書類が,職員によって使われて”二金融機関から合わせて230万円以上横領されて、消えた等、口頭で言い張って通る訳が無いのです”」

苫前町農協事件と、根本が同じ構図です「金融機関の職員の手で、金融機関の顧客の預金が横領された、証拠は無いが、帳簿に穴は開いても居ないし、帳簿も出さないから、横領事実証拠も無しだが、金融機関顧客の預金が横領された」

全て口頭申告で「だから顧客預金が失われたのだ、預金の権利者は、預金が横領されて失われた被害を飲め、警察が、弁護士が、裁判官が決めたんだ、従え」

こう警察、司法権力を悪用させて、強要して、通して居るんです「証拠を揃えると拙い、だから”証拠は無しで、口頭申告でこれを決めた事とさせて、決定して、通して来て居るんです”」

業務上横領事件は、横領被害事業者が、横領事実を立証しなければ、成立しないのにです。

証拠も無いのに

  • 2018/07/19 08:01

何の証拠も無く、義父の遺産預金が「青森銀行職員と、JAの職員によって、義父の死後、義父の身分を偽った書類が作成されて使われて、お金が合わせて230万円以上横領された、この横領金は、次男夫婦に渡って居る」

こう青森県警警察官と、道警の警察官が「事実証拠を持たず、事実と言い張って来て居ます、挙句”この横領分の遺産預金は、義父の死去後、遺産預金から失われたんだ、黙って遺産預金の減少を飲め、金融機関から合法な金額の回収を諦めろ”」

こうも強要して来て居ます、次男と長女が双方代理委任した、横路俊一弁護士も「一切の事実証拠も無しで”委任者次男は、二金融機関職員が横領した金員、併せて230万円以上の金の交付を受けて、持って居るんだ”こう、事実証拠も無く、裁判で答弁書に書き、出して居ます」

肝心の金融機関は今「お父さんの死後、お父さんの身分を偽った書類を使い、職員の手で横領が働かれて、二百万円と30万円あまりが抜かれて、次男夫婦に渡って居るとの事実証拠は、無いですし”偽造書類を使い、預金を引き出させる、渡す事は、監督官庁から厳禁されて居て、出来ません、お父さんの遺産預金はですから、山本隼行政書士が作成した、遺産目録記載通り、金融機関に有ります、全額相続人が請求して下さい”」

こう答えて居ます、二金融機関で、偽造書類が作られて、金融機関の資金が横領されたかどうかは、小林武四郎の相続人らには、相続遺産金には無関係なのです。

警察と横路弁護士は、完全な言い掛かりを公然と吐き、次男夫婦と他相続人に、権力犯罪被害を加えて居るのです。

遺産犯罪

  • 2018/07/19 06:13

@遺産預金を、死者の身分を偽造した書類で”金融機関職員が、金融機関資金を横領する事件”も、相続前の遺品物品を、相続受けして居ない者が遺産金を横領し”遺品整理を謳う犯罪業者に、闇で古物売却、請負社所有と、処理先行政機関緒共謀も有り、偽らせて、事業廃棄物処理させて居る犯罪”も、警察、司法、行政が、証拠書類隠滅と、金融機関、違法処理請け業者の帳簿、税務申告まで偽造させて、成功させて有ります

                               平成30年7月19日

〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣府、安倍総理、財務省、金融庁、国税庁、会計検査院、環境省
TEL03-5253-2111
東北財務局、青森財務事務所理財課、加賀谷担当
TEL017-722-1461
FAX017-777-3177 青森銀行、ゆうちょ銀行監督
青森県庁農政部、農業団体指導グループ、尾崎統括主幹
TEL017-734-9459
FAX017-734-8138 JA監督

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

国会にも呼び、巨大国家権力犯罪事実を糾弾すべき先、廃掃法違反、古物商法違反、納税手続き偽造、犯罪利得隠匿、脱税等

高橋道知事、知事秘書課、人事課、法制文書、環境他
FAX011-221-6399
秋元札幌市長、市議会、区長、空き家対策、市税他
FAX011-218-5166 市挙げて遺品、一廃闇処理実行
FAX011-218-5124 市議会共産党市議団、議員全員共犯
FAX011-803-6446 ルーツ・オブ・ジャパン湊社長、市と共謀社
FAX011-210-4020 ネクステップ水江社長、北洋銀行他と共謀
FAX011-271-1535 STV執行役員、どさんこワイド長坂デスク

記載犯罪を成功させるべく、証拠偽造、隠滅工作実施、義父遺産預金偽造書類で横領容疑も、証拠隠滅にも加担他

青森県警本部長、知能犯、盗犯、強行犯課長
TEL,FAX017-723-4211 義父遺産預金偽造書類横領他隠蔽
和田昭夫道警本部長、1,2,3、保安、生活経済課
TEL,FAX011-251-0110 遺品等闇請負処理用に、古物商法、廃掃法違反等公認、現行犯も免責、証拠偽造、隠滅にも加担

大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
上川陽子法務大臣、大臣官房秘書課、民事、刑事部
FAX03-3592-7393 金融機関職員偽造書類で遺産預金横領、被害は金融機関資産で有り、遺産預金被害では無い、事業者の常識
井上宏札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357遺品物品、一廃市挙げた闇処理請負等隠滅綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠札幌地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456金融機関業務上横領は、帳簿等証拠で立証
義兄、義姉双方代理、横路俊一弁護士
TEL011-280-5070 義兄が青銀、JA職員が横領した金の領付
FAX011-251-7876 を受けた、義父預金横領金だ、証拠無です
河戸光彦会計検査院院長
TEL03-3581-3251
FAX03-3593-2530 国税は犯罪に注ぎ込み公認

※札幌市記載先、道警、検察庁、湊社長、水江社長「札幌市他地方自治体、産廃業者、環境事業公社とも共謀して”相続前遺品物品、故人所有不用品を、闇で処理費を受け取り、自社所有古物、事業廃棄物と偽り、古物売却、事業系一廃で処理”廃掃法、古物商法違反実施、相続前遺産金闇受領等は、道庁、札幌市、地方議会、道警、国税、税務署、顧問税理士が共謀しており、成功出来ている権力犯罪で、下記遺産預金横領と同じく、国税、税務署がまともだとしてですが、帳簿から追われれば、偽造証拠、証拠隠滅等の山で帳簿処理、法人税申告が通って居る、犯罪事実証拠が暴かれる、そうですよね”」是非公の場で、公権力が共犯の、この犯罪の手口を、共犯の警察、道庁、札幌市他部署担当、税理士、顧問弁護士らと共に証明、証言下さい。

1、平成29年11月7日、東北町在住者小林武四郎遺産預金が「同年11月9日にJA十和田おいらせ上北支店から、義父の身分を偽った書類を使われ、200万円横領された事件と、同月15日、青森銀行上北支店から、同じ手口で30万円余り横領された、被害は二金融機関資産だが、義父の遺産預金が減じた、相続人はこれを飲めと二金融機関、青森県警、道警警察官が言い張って来た事件構成は、警察ぐるみの嘘と立証されています」

2、二金融機関、ゆうちょ銀行(義父遺産預金有り)は「監督官庁から”死者の身分を偽った書類を使い、遺産預金を引き出す事は厳禁、相続人を正しく決めて、相続人氏名書類で引き出す以外認められて居ない、よって小林武四郎遺産預金は、武四郎氏の身分偽造書類で引き出し、職員によって引き出し済み、遺産預金は減じた、を相続人に押し付けは、認められない””行政書士山本隼作成遺産目録記載通り、武四郎氏遺産預金は、武四郎氏死去時の金額が存在して居ます、請求下されば支払いします”と答えています」

3、又、二金融機関は「武四郎氏の身分を偽った書類が使われて、引き出された金融機関資金が、他の人間に渡された証拠は無いし、出せません、あくまでも金融機関内部の問題であり、相続権者には関係の無い事です、こう答言う答えを出して居ます”」

4、青森県警本部知能犯、盗犯、青森警察署知能犯田中巡査部長、七戸署天内警部補、札幌東署知能犯桑垣警部補、相談三栗担当、横路俊一弁護士等が言い張って来た「武四郎遺産預金は、金融機関職員が、義父の身分を偽った書類を使い、死後引き出され、次男に渡った、遺産預金は金融機関から230万円余り消えた、証拠は一切無いが、次男がこの金を持って居る、警察がこう決めたから、金融機関から、消えた分の遺産預金回収を諦めろ、二金融機関を調べる事はしない、事実証拠は無しだが、この決定を飲め”との不当要求等は、単なる脅迫、恐喝行為と言う事です」

5、又「次男に対する、法の根拠、事実証拠の無い”金融機関職員、身分不詳、事実証拠も無の者との、金融機関資金の横領の共犯、従犯扱い、受任弁護士横路俊一も同じ権力犯罪で有り、警察、弁護士による重大な名誉棄損犯罪と、遺産現金強制減少強要等犯罪、相続権者に対する財産権蹂躙犯罪です”二金融機関は今では認めて居ない、次男が金融機関職員と共犯で、横領資金交付受け行為を働いたと、事実証拠無く決め付けている、権力犯罪です」

6、次男在住地担当の西税務署にも話して有り、義父の遺産相続手続きが正しい事の証明も、納税の方からも、二金融機関の調査も行わせ、果たす事として居ます「二警察、横路俊一弁護士、一切の事実証拠無しで”次男夫婦を、金融機関指揮横領金不当受領者と名指しして居る事自体犯罪です”」最高裁、法務省、民事裁判でもこの名誉棄損、遺産犯罪相続強要等を行わせ、通す事を何故認めるのでしょうか。

国税を犯罪に注ぎ込ませている

  • 2018/07/18 16:36

今ではもう、真実通り知悉されている「国税事業で犯罪を認めて、確信犯で国税犯罪注ぎ込みを行わせている、会計検査院ヲ名乗るが実態は、国税を犯罪に注ぎ込む居まで出して居る、国の独立機関ですが、遂に追い込まれ過ぎて、広報は当社と会話をしなくなっています」

会計検査院の役割は「国税を注ぎ込む場合、犯罪行為に注ぎ込ませてはならない、ですよ、法を犯す事業等に国税が注ぎ込まれて居ないか、国の独立機関として、調べる役割を持った機関、となって居るけれど」

実際には「国税を犯罪に注ぎ込ませて、それを公式に表に出された上でも、通し続けて居るんですよ」

国税は犯罪資金として、通して居るんです、会計検査院もこれが現実なのです。

公取委も同じ、犯罪と合法事業と、同じ土俵で競争しろ、これを公然と要求して、通し続けて居ます。

会計検査院、公取委、国税庁も、法なぞ論外、犯罪を認めて通して居る、国家テロ権力です。

日本には合憲、合法を通す公的機関は、無いのですよ、国家資格者も同じ、治外法権テロが日常となって居ます。

犯罪をやり放題させて、通している国家機関なのです、憲法、法律規定なぞ、無効化させてだけ居ます。

悪が栄えさせられている、日本の司法、警察、行政、政治、報道の、之が実態なのですよ、当社が出来るだけ合憲、合法を通そうとして居るのと、完全に逆です。

遺産は横領して、詐取して、盗んで良い、司法、警察遺産犯罪入手制度が正しいんだ、合憲、合法な相続は行わせ無いからな、遺産調査、遺産証明から強権を発動して潰して居る、遺産は犯罪者が手に入れて、闇に溶かす以外認めない、之が実態ですからねえ。

相続財産の調査妨害から

  • 2018/07/18 16:26

義父と義母の遺産等に付いて、当社は4男と次女から、種々調査委任を受けて、多くを証明して来て居ます。

次男と長女が委任した、利害関係人の双方代理、弁護士法違反弁護士横路俊一と青森、札幌の警察は「こうした調査を行うと、弁護士法違反、委任者と調査を請け負った会社は、共に弁護士法違反、犯罪行為者だ、調査を行わせない」

之に走って来て居ます、当然ですが、正しい調査委任、調査請けです。

この、言い掛かりを持った妨害工作は義父の遺産横領、窃盗等犯罪が行われた事を隠したくて、司法、警察が、テロ行為に走って居るんです、言い掛かりを付けて、犯罪をでっち上げて、調査を妨害に走って居るんです。

証明されると困る悪行が、幾つも行われて居るから、調査の妨害にも走って居る、と取って、当たり前と、今の結果等を鑑みれば、之が正解と思うべき、ですよね。

犯罪を隠したくて、こちらが犯罪者だと、言い掛かりを付けて来て居るんでしょう、警察、弁護士等ぐるみで。

当社の調査、調査で表に出た真実により、二金融機関、青森の警察組織も、拙い事態が加速した、でしょうね。

ユーティリティ

2018年07月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3192822
ユニークアクセス:2744332
今日
ページビュー:738
ユニークアクセス:737
昨日
ページビュー:3020
ユニークアクセス:2954

Feed