エントリー

嘘、犯罪ばかり

  • 2021/06/03 16:12

損保が刑事犯罪加害者が、加害行為によって、他者に与えた被害金を払う、かも知れない、だから「法律等無視で、損保と弁護士の言うなりになれ、そうすれば、法律規定は無視で、いくばくか、掴み金をくれてやるかもしれないぞ」

近代法治国家日本、大嘘です、やくざ以下の現実です、これが法治国家、近代法治国家の損保、弁護士、司法なのです。

合憲、合法とは、これも何も、正しい、当たり前の常識から、きれいさっぱり欠落して居ますから、物事の善悪判断も何も出来ません、損保が正しく、加入者、犯罪行為者で加入者が、法律規定に沿って負った、法を犯した悪事の結果、被害者に不当に与えた、犯罪による金銭的被害を、法の下補填しなければならないのですけれど、合憲、合法も合わせて、正しい業務遂行など、まるで行う気も無い前に「正しい損害保険金支払い、これが何かも合わせて、全く理解不可能なのです」

で「犯罪者、損害保険加入者の犯罪行為者は”合法破壊を武器として有り、犯罪行為を無責、こう常時偽り、通せてだけいまして、損害保険金合法支払いも、公に叩き潰し放題出来ています”」

この損保、弁護士、司法他テロ、犯罪加害を、私は次々、実際受けさせられて来て居ます、加害者は、損保、弁護士と同様のテロ、犯罪者と、ちゃんとした、結果的に刑事犯罪加害行為者が、現実に居る状況です。

刑事事件の加害者、被害者を下僕で従わせる、警察交通二課、司法はもともと下僕だし、悪の権化です、この連中、事業者、共謀犯士資格者たちは。

刑事事件行為加害者に”も”加入損保が、刑事弁護費用も出してくれる、この実例も出来ています「安心して犯罪に手を染めて、他者を死傷させ放題出来る、犯罪責任は、刑事、民事共に犯罪で抹殺しても、これの実体験させられて来て居ます」

加害者加入損保が、加害者を抑え込んで,言い掛かりで被害者を追い込んで、損保が正当な賠償保険金支払いせず、逃げられるように「損保が弁護士費用を出して、加害者が自分の意思で、被害者を言い掛かりで追い込んでいる、任意自動車保険犯罪に個人賠償特約も、同様の犯罪に狂奔」

個人賠償特約適用刑事事件、傷害罪事件で「加害者は、損保と弁護士からの「刑事事件捜査もまだ、の状況で、言い掛かりで被害者を負い込め、損保が刑事弁護費用も出す、この強要を、警察にも通報して、拒んだ実例が出来ました」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745486
ユニークアクセス:4919363
今日
ページビュー:2711
ユニークアクセス:2667
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed