エントリー

加害者が警察官の、人身交通事故事件でも、交通事故で怪我を負い、治療中との立証せず

  • 2021/06/07 06:26

警察官が、一方的に、意識を飛ばして突っ込んで来た交通事故事件でも「定番となって居る、人身交通事故は、実は存在しない、車の事故で、人が死傷する事は無い、何故なら”主治医の治療記録、診断書を、交通事故が原因で被害者が怪我を負ったとは、主治医は事件を見て居ないから、記載させない手口として有るし”被害者の負った怪我の原因が、交通事故による怪我の強い可能性、これに付いても」

警察、検事は、主治医に対する、交通事故被害者が負った受傷原因の可否捜査を、故意に、余程の対人加害以外、絶対行いません「理由は、交通事故が原因で怪我を負った、これの強いの証拠を揃えない為、交通事故が原因で、被害者が死傷した事件を作らない、人身交通事故加害者は無責、これを常時成功させる目論見で、この詐欺人身交通事故事件は無い、捜査だけに狂奔し続けて居ます」

この、あらかじめ仕組んで有る「自動車が原因の対人事件で、被害者が自動車事故で怪我を負った事件、事件記録、証拠は無いのみを、警察官が加害者、被害者の、対人交通事故事件でも、分け隔てなく、常時成功させて有るんです”自動車運転処罰法規定、軽い加害で有れば、刑事罰を科さない、これを常時成功させて有る、犯罪で構成刑事事件捜査、証拠捏、抹殺が武器で、なのです”」

その内、警察官が加害者の、人身交通事故事件の、上記捏造済み刑事事件捜査記録を取るべきでしょうね、他の傷害事件潰し目的犯罪、こっちとも関係しているようですから。

損保が対人賠償、個人賠償で支払わず通せる、警察、司法が職権を悪用して、対人加害、被害事実を抹殺する前提捜査を、日常的に凶行していて、成功させて有る、この損保指揮、警察、司法犯罪を、個人賠償支払い潰し目論見で、傷害事件にも拡大に走って居ます。

人身交通事故加害者、個人賠償適用、傷害罪加害者に、任意自動車保険金、個人賠償保険金支払い責任、加害行為による、被害者への賠償債務発生の補填支払い責任を逃れる目論見で、損害保険料を納めた加入者のお金を「自動車運転処罰法適用、傷害罪適用加入者を、犯罪によって免責とさせて、賠償潰しを成功させる為、刑事、民事共に、加害者、加入者に、損保が指揮する前提で、弁護士を就けて、事件操作、加害者無責、免責を成功させる、刑事訴訟法手続き乗っ取りを、損保、弁護士が大っぴらに出来るようにまで、実際なって居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745631
ユニークアクセス:4919508
今日
ページビュー:2856
ユニークアクセス:2812
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed