エントリー

対人加害犯罪抹殺、これを成功させる違法捜査

  • 2021/06/07 06:49

人身交通事故事件の「刑事訴訟法手続きと謳うが、実際は、加害者常時無責と出来るように、自動車の事故で、被害差が死傷する事件は、基本無いと、医証偽造、隠滅を最大の武器として有り、常時、この詐欺刑事事件捜査記録、証拠、交通事故が原因で、長期治療している事実が有る事件は、実はゼロレベル、を常時、出鱈目刑事事件捜査、証拠捏造で、事実は無視で、確定させて来ています」

;事故当時の”受傷原因不明、一週間の加療を要する”これで統一して有る、加害者無責で逃がす用の診断書、治療記録と”交通事故が原因で怪我を負い、治療を重ねている事を、絶対補完捜査で立証しない為に、主治医への捜査を絶対行わない、この手口が常時稼働されています。

;この、交通事故が原因で怪我を負い、治療を重ねている事実を、故意に証明しない警察、司法犯罪の手口を成功させて”事件後二週間以内に、交通事故が原因で被害者が怪我を多い、治療を重ねている事実は無い、と捏造済みの上で、加害者、被害者の、交通事故が原因で、被害者は治療を続けて居る事実は無い、証明して居ない”前庭を持ち、調書を巻いて、交通事故が原因で、被害者がkがを負い、治療継続中と証明無し!事件記録を捏造成功とさせて、送致する訳です、常時この警察、司法犯罪が成功して居ます。

;この犯罪刑事訴訟法捏造で作った捜査記録、事件事実捏造成功調書を用いて”加害者は実質無責、被害者に交通事故事件で、怪我を負わせた事実立証は無いので”絶対に正式刑事裁判とはしない、悪は交通事故で怪我を負ったと、嘘を吐いて,賠償詐欺を働いている被害者だ、の、公式証拠が完成する訳です。

;ここ迄仕組んで有る、交通事故事件で受傷被害を負った被害者は、実際にはゼロレベルと捏造して、確定させて有る、人身交通事故事件の現実なので”加害者は正式訴追される事は無い、交通事故で怪我を負褪せた事実、証拠は無いから”後は損保、顧問弁護士が、培養詐欺犯罪者と捏造決定して居ある、交通事故人身被害者を,賠償保険金詐欺潰しと言う正義の錦の御旗の元、どんな犯罪を仕掛けて、潰しても、刑事事件責任を問われないからくり、が稼働して、常時成功して居る訳です。

;この、交通事故で怪我を負った被害者は、事件事実、証拠、記録上存在しない、と捏造常時を重ねて有り、加害者は常に、実質無責、正式刑事訴追しない事と、事前に決めて有る、それ用の犯罪証拠捏造、隠滅、刑事事件丁稚上げ記録作成、被害者の怪我は嘘、証拠無しで送致、加害者実質、常時無責確定が仕組んで有り”加害者に損保は、刑事、民事弁護用弁護士を、損保が賠償踏み倒し出来るよう、弁護士を指揮する前提”で、就けている訳です、刑事、民事共、加害者に損保が指揮する前提で弁護士を就けて、損保が大っぴらに、上記犯罪刑事事件捜査常時成功、目論見指揮を執れる訳です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745682
ユニークアクセス:4919559
今日
ページビュー:2907
ユニークアクセス:2863
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed