エントリー

エリート同士の闇談合?

  • 2021/06/11 07:47

人身交通事故事件で成功させて有る「交通事故人身被害者の主治医に、事前に”受傷原因は、見て居ないから記載させない、受傷原因、受傷、治療事実を証明する、捜査機関による主治医への捜査を、絶対行わない”」

で「強引に、事件慣れして居ない被害者を騙して”実際の交通事故受傷の部位、怪我の程度、治療を要する期間が不明とさせて有る上で”事件後20日位までに、強引に捜査を終えさせて、送致して、被害者が交通事故により、怪我を負った事実、証拠は無し、実際は人身加害は無い、立証されないと、常時詐欺刑事事件捜査終了、決定だけ積み重ねて来て」

車が原因の対人加害事件で、死傷した被害者は「刑事事件証拠、証明上存在せず、これを捏造し捲って有り、損保が賠償踏み倒し、被害者を人身賠償金狙いの詐欺犯とも、陥れ放題も出来て居る訳です」

傷害事件を起こしても、車で起こした傷害事件、致死事件は「損保が賠償を踏み倒せるように、上記犯罪捜査捏造常時、が行われて居て、成功させて有ります、車が原因の傷害事件は、刑訴法事件事実、証拠上存在せず、良く企まれ、凶行出来ています」

この「損保が賠償を踏み倒して通るように、他の傷害事件、傷害致死事件でも、同様の刑事訴訟法、民事訴訟法手続き名目犯罪を、損保と提携弁護士が指揮を闇で執り、成功させるべく、個人賠償、日常生活賠償特約に、加害者が加入、被保険者的確で有れば”事件事実を賠償踏み倒し用に捏造から、損保と提携弁護士が、捜査指揮を執り、被保険者加入者に、本人の意思は通さずを前提で、損保が集めた保険料から弁護士費用を出して、加害者に刑事、民事弁護士を就けて、実際は損保が賠償踏み倒し用、法を犯した指揮を執る、刑事、民事共に」

人身交通事故事件で常時成功させて有る「車による傷害事件、傷害致死事件で、加害者責任で死傷者が出た事件は、刑訴法事件証拠、記録、決定上存在せず、この巨大国家権力犯罪を、他の傷害事件、傷害致死事件でも”損保に事件捜査指揮を執らせて、賠償踏み倒し用に、傷害事件で被害者が傷害、致死被害を受けた事実は無いと、医証偽造から重ねて、事実と捏造して、傷害罪、傷害致死罪事件も潰して、損保が賠償踏み倒し常時成功、これを他精させようと、国家権力が闇で仕組んでいますよ」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7348286
ユニークアクセス:6501830
今日
ページビュー:430
ユニークアクセス:426
昨日
ページビュー:717
ユニークアクセス:715

Feed