エントリー

国土交通省自賠責事業も、損保犯罪に根こそぎ組み込まれ

  • 2021/06/11 14:27

多くの場合、車による事故、事件で、他者を死傷させても、ほぼ加害者には、被害者に正当な賠償金支払いは出来ませんから「最低限度、国の補償事業を作り、正しい規定、でも無く、医師法でも、医療の法律でも無い、正しい根拠は無い、交通事故人身被害者に対しての、一定の補償を行う、自賠責事業を作った訳ですが」

この国の補償事業も、とっくに損保の賠償犯罪で踏み倒し、常時成功、この国家権力が損保の下僕化し切って居る故、を理由とさせて「犯罪賠償に、国の補償事業等形骸化されており、もう国の補償事業の、現実として、残骸事業化し切って居ます」

平成20年10月20日に、交通事故により、受傷して、後遺症も下りている、よって「昨年8月11日に、警察官乗車車両から突っ込まれて、怪我を負った照明、証拠を、故意を超えて強制的に残さず、刑事事件捏造捜査で通させて”被害者は証拠上、車に突っ込まれたが、怪我を負った証拠、証明は無いし”借りに怪我を負い、治療したとしても、平成20年10月20日の、交通事故受傷が原因の怪我であろう、よって後遺症は認めない」

ですが「平成25年12月21日に、横道から一旦停止せず、高速で右折で暴走車両に突っ込まれて、怪我を負った交通事故事件で、後遺症も下りて居ます、つまり”自賠責調査事務所は、何か黒い狙いを持ち、言い掛かりにより、昨年8月11日に、警察官に突っ込まれた人身交通事故事件、この事件で怪我は負って居ないと”国土交通省の補償事業と言う、権威が有ると見える事業で、明白な言い掛かりを持ち、昨年8月11日の、警察官に突っ込まれて負った怪我を、公式に否定に走った訳です」

こう言う警察、司法、国交省補償事業共謀の犯罪、損保の下僕化し切って居るこれら権力の「交通事故で怪我を負う事は無い、主治医が治療記録、診断書作成で”交通事故が原因の怪我、怪我の治療と言う医証は、医師は見て居ないから”これで常時作成されず、これに加えて」

主治医への、捜査機関による、怪我と治療の原因を証明する、補充捜査を絶対しない、この手口で、交通事故事件で死傷した被害者は居ない、この捏造を常時成功させて有る上に「自賠責調査事務所犯罪”過去に後遺症が下りて居れば、その後幾ら交通事故に遭っても、再度受傷を負う事は無い”この、医学も無効化させた、捏造証拠作りの手、これも悪事に活用されています」

人身交通事故事件の捜査、事実証明は「交通事故で死傷した被害者は、原則存在せず、これの捏造を常時成功させて有るし、一回人身交通事故被害を受ければ、その後交通事故に遭っても、二度と車の事故で怪我を負う事は無い、これの捏造が、常に行われて、損保の賠償を潰せているし」

人身交通事故被害者を、好きなように「賠償詐欺犯罪者と、冤罪に落とせ捲れても居ます、自賠責事業も共謀犯罪事業で」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391170
ユニークアクセス:6544042
今日
ページビュー:140
ユニークアクセス:139
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed