エントリー

卑劣な手段を、国家権力闇談合で構築して有る

  • 2021/06/12 07:03

人身交通事故事件、対人加害、被害が発生した「物理的、医学的な証拠、証明を、常時無くさせて有るけれど、被害者は気付かないように、どうせ素人ですから、警察、司法、金融庁、法務省、主治医が共謀しており、常時この手が成功して居ます」

被害者は「自分は交通事故により、怪我を負い、治療しているし、加害者も自分に車の事故で怪我を負わせた、と認めて、加入する任意損保が代わりに賠償に応じる、こう認めているし、ちゃんと人身被害の賠償が受けられると、騙されて居る事も気付かず、この詐欺捜査で送致されて、その後、人身被害は無い、よって対人賠償はしない、公一方的に告知されて、兵糧攻めでも追い込まれる訳です」

この手が常時成功して居る、理由、原因は「何処にも交通事故事件で、被害者なる者が、交通事故によって怪我を負った、治療をこう言う内容で重ねていると、主治医への捜査を故意にせず、被害者なる者が、怪我を負い、治療して居る原因を、故意に証明しない手と、主治医には”受傷場面を見て居ないのだから、受傷原因に触れるな”と因果も含めて有るし、事故が原因で負った怪我に付いても、事故日の出鱈目診断以外、一切触れないよう、因果を含めて有るんです」

で「加害者には”事実立証をなくさせて有る上で、言葉でだけ、対人加害責任を認めた、ような調書を録り”事件後20日を目途に、上手い事送致して、不起訴、車の事故で怪我を負わせた証拠無し、故の措置か、加害者が医学的根拠証拠も無いが、対人加害を認めて居るから、一応軽い過料制裁、これで常時通して有ります」

これまで成功させて「あとは”車が原因の事故で、被害者なる者が怪我を負い、治療している事実、証拠は無い、賠償詐欺で有り、加害者加入損保、加害者には、対人賠償に応じる責任、理由は無い”こう宣言して、通せる訳です」

刑事事件の捜査で、証拠捏造、隠滅、事件でっち上げして有り、車の事故で被害者が死傷したと、何の立証も無い、これで常時成立させて有るから「加害者、加入損保には、対人加害行為は無く、賠償責任は当然無い、こう仕組んで有るのです、これを常時成功させて有る、刑事事件でっち上げ、交通事故で死傷した被害者は、原則居ない、刑事事件捜査証拠、事件決定の積み重ねとされています」

ですから「人身交通事故受傷被害者は、ほぼ全員賠償金詐欺犯、で陥れられるからくりです」

ここまで大掛かりな「損保が賠償を自由に潰せる、犯罪刑事事件捜査常時は、警察庁、法務省、金融庁、法曹権力が共謀して、医師会、厚労省も共謀させて有るから、常時成功させられて居る訳です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745635
ユニークアクセス:4919512
今日
ページビュー:2860
ユニークアクセス:2816
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed