エントリー

人身交通事故事件の刑事記録写しで、この警察、司法犯罪層を証明出来ます

  • 2021/06/12 07:42

人身交通事故事件、の筈の「刑事事件捜査記録の写しを検証すれば”何処にも交通事故事件が原因で、被害者なる者が怪我を負わされて、長期治療中だと、証拠等は存在しない訳です”つまり、個通事故が原因で、被害者が怪我を負った事実は無いし、交通事故で負った怪我で、長期治療している証拠も、一切無くさせて有る、これが人身交通事故事件の刑事捜査記録の常です」

これを常時成功させて有る、一番の詐欺捜査手法が「主治医に対しての、交通事故によって被害者が受傷を負い、治療を重ねて居る事の、補充捜査を絶対行わない手口、これを最大の武器としてあるのです”この手口により、交通事故被害者が、交通事故で怪我を負った証拠は無し、長期治療を受けている証拠も無し”この詐欺刑事事件捜査成功、としてあるんです」

交通事故事件で、被害者が怪我を負い、治療を受けて居ると言うのは「根拠証拠ゼロで、被害者、加害者が要って居るに過ぎなくさせて有り”自白の強要が問題視されて居るから、当事者調書は、原則証拠とならない”刑事訴訟法の手続き、仕組みと今して有り、加害者が交通事故で、被害者にけがを負わせました、と言う加害者調書は、証拠価値が無い、こう言う罠も仕組んで有るので」

主治医への、捜査機関による、受傷原因、治療状況証明補充捜査せず、これが常時としてある、理由は「交通事故が原因で被害者が怪我を負い、長期治療を受けて居る事を、刑事事件捜査で証明しない、この手で交通事故では、死傷する被害者は、証拠上居ないと捏造で決定常時を成功、これの為と言う」

交通事故対人加害行為者、実は加害者加入任意損保が「合法な事実証拠、証明により、対人加害責任を証明されて、正しく賠償責任を果たす必要が無くなるように”上記、人身交通事故用、交通事故で怪我を負った、死んだ被害者は、刑事事件捜査証拠、記録上居ない”これを常時捏造して、成功させて有るんです」

刑事事件の捜査、証拠隠滅、捏造で「交通事故で死傷する被害者は居ない、証拠上居ないと、常時でっち上げを成功させて有るのですから”民事で対人賠償が、正しく行われる訳が無いんです”」

この事実は「人身交通事故事件の捜査記録写しを取り、検証すれば、事実だと証明出来ますよ、詐欺捜査、決定刑事訴訟法手続き、凄い強力な武器です、加害者無責、加入損保は常時対人賠償踏み倒し、これが目論見です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745688
ユニークアクセス:4919565
今日
ページビュー:2913
ユニークアクセス:2869
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed