エントリー

損保が対人賠償を、おおっぴらに踏み倒せるように、傷害事件抹殺捜査を仕組んで有る

  • 2021/06/15 07:27

最近までは「任意自動車保険、対人賠償を、常時踏み倒し出来るように”車による、人相手の加害事件では、被害者は死傷する事は無い、刑事事件捜査で、受傷原因、受傷部位と受傷程度、治療に要する期間、これ等を主治医にも因果を含めて有り”常時証明せず、事件捜査を捏造で終えて有るから」

「対人被害者を偽る輩には”自賠責の範囲で、詐欺犯罪者と承知で、刑事事件でっち上げ捜査で常時、対人被害は嘘、証明無しと、損保、提携弁護士、検事、裁判官が共謀犯で捏造済みだから”詐欺犯罪者と証明して有る輩だが、自賠責の範囲分は、詐欺とせず、掴み金で投げ与えてもやる」

これを日常行為、とさせて有ります、が「違法な刑事事件捜査証拠、記録、不起訴がほぼ、この飛んでも証拠が作られて居て、損保、提携弁護士に提供されて居るから”損保、警察、司法に不都合が生じる、生じさせられるとなれば”被害者を賠償詐欺犯罪者と、自由に冤罪でっち上げして、陥れられるんですよ」

捏造されて居る、交通事故対人事件捜査証拠、記録、自動車が原因で、人に危害を加えても、人が死傷した事件は、基本存在しないと、常時捏造で事件をまとめて、決定させて有る、手口がこれで成功させて有る、この刑事事件証拠、記録を武器で使えるから「自動車に危害を加えられて、治療している被害者は、何時でも詐欺捏造済み故、投獄出来るからくりです、けれど」

幸いな事に?「平成17年9月12日の、無人で走行していた車に突っ込まれた事件で、同じ犯罪被害を受けさせられて、捜査をし直しさせられて、車が原因で人が怪我を負い、長期治療して居る事を、副検事、事務官が、主治医に医療捜査を実施して、一定立証して、加害者は”一旦不起訴で逃がされて、被害者を、偽造刑事事件記録を武器とさせて、詐欺犯罪者と言い掛かり、対人賠償踏み倒し目論見、債務不存在訴訟も起こして居る事も有るが”」

追加の捜査での、加害者の調書での自供、対人加害も認めた自供も有り「対人加害は嘘、賠償詐欺だ、この捏造が覆り、傷害罪が認められて、40万円の罰金刑に変わって居ます、加害者は嘘を重ね、反省も無し、と言う事でです」

昨年8月11日の、警察官による一方的追突人身加害事件、今年3月29日、重量物転倒、人が下敷き重症事件共「損保、提携弁護士の指揮で”車が原因で人が怪我を負った、重量物の下敷きとなり、人が重傷を負った事件共、加害者は無責と刑事、民事共、公式に戦う”宣言と、恐喝行為実行されて居る、損保が犯罪刑事事件捜査指揮を、提携弁護士を加害者が付けた、と言う設定で、損保が刑事、民事事件共支配して仕切り、賠償を踏み倒しに暴走事件」

主治医への「受傷事実、受傷部位、治療に要する期間等を証明する、捜査機関による補充捜査実施を、必ず、平成17年8月12日の事件捜査実例、加害者無責から、罰金40万円に持ち込めた事件に沿い、行わせます」

刑事事件の捜査を先ず「医療証拠偽造、事実捏造、証拠隠滅、証明故意にせず、これを頭の武器で使い、傷害事件で被害者は死傷する事無し、を、常時でっち上げて決定させて有る、これで加害者、加入損保は、賠償支払い責任も、刑事責任とも抹殺常時達成出来ている、刑事事件捜査で損保、加害者無責証拠捏造、これで統一させて有るんですから、恐ろしい事実ですよね」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508883
ユニークアクセス:6660137
今日
ページビュー:423
ユニークアクセス:423
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed