エントリー

現場検証

  • 2021/06/15 18:14

重量物倒壊下敷き事件、現場検証が行われました、ようやく、今後の捜査では「主治医への捜査も行われる、事は確認しました”人身交通事故事件と違い、一般的な傷害、傷害致死事件は、常時では無いかもしれませんが”求められれば、主治医への、受傷原因、受傷部位と怪我の程度、治療がどの位必要か、等に付いて、捜査を実施する事が、この事件で確認出来ました」

同様の、他者に対する傷害加害行為事件で、車が原因の傷害事件、傷害致死事件の場合「故意に受傷原因証明せず、受傷した部位と受傷の程度、治療がどの位必要か、これ等を、常に捜査せず、車が原因の、人相手の加害事件で、被害者が死傷した事件は原則無い、これを常時偽装させて、通して有ります」

今後もっと「個人賠償特約が、加害者傷害罪行為者が、被保険者の事件も増えて行きます、この事実を踏まえて損保、提携弁護士、法務省、検事、検察庁等は”個人賠償が適用される、損害保険加入者が被保険者、の傷害事件、傷害致死事件でも、主治医への受傷原因証明、受傷部位、受傷程度、治療期間”これらの捜査を、損保、提携弁護士が捜査を指揮して、人身交通事故事件同様に、故意に潰す事で」

個人賠償特約も「加入者被保険者、傷害事件加害者が、他者に対して傷害加害行為を行ったとの”医療証拠から存在して居ない、捜査せず、が理由だが”これを常時果たさせて、個人賠償特約も、自由に踏み倒し放題が果たせるように、企んで、人身交通事故同様に」

これが実際に、公凶行されています、損保、提携弁護士用の、国家権力犯罪事実です、国民が、人身交通事故事件に続き、他の傷害事件でも「医療調査を故意にしない事で、傷害事件被害者は、傷害事件で肉体に攻撃を加えられて、大きな怪我を負った、この事実は無いと、証拠捏造で証明して、決めて、成功を常時果たして居ると、テロ犯罪事実ですが、こう言うからくりなのです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678373
ユニークアクセス:5842978
今日
ページビュー:1321
ユニークアクセス:1314
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed