エントリー

容疑事件の捜査、根本の証明、主治医、医療機関への、受傷原因等証明捜査が正しく行われえ居れば

  • 2021/06/16 10:31

事実として、整形外科医さん方数人に訊いたところ「傷害事件、人身交通事故事件も含めて”捜査機関から、被害者の人体に危害を加えられて、被害者が死傷した事実を、医療分野で証明する為の捜査を受けた事は有りませんね、こう、異口同音に答えて居ます」

損保上、提携弁護士連中は、多数の「自動車保険対人、個人賠償適用事件の”刑事事件捜査証拠、捜査記録を見て、持っており、刑事事件の捜査証拠、捜査資料には、傷害罪を立証した、医療分野の正しい証拠は、原則無いのが常”これを熟知して居ますし」

傷害事件の筈が「損保が賠償せず、常時逃げられるようにと”医療分野の正しい証拠、傷害事件加害行為により、被害者が受傷を負わされて、死傷した”事の、医学分野の正しい証明、証拠を、基本常時作らない不文律、この、傷害罪加害を加えても、被害者の人は、怪我を負わない、死傷しない用の、刑事事件偽造捜査、証拠が常時あるから」

損保は、人身交通事故事件加害者の立場で「医療の正しい証拠は不要、自賠責事業での、定額補償手続きの為だ、と言う言い訳と”任意自動車保険料収入から、詐欺犯に保険金が流れぬよう”正義の為、詐欺師への保険料収入提供潰しと言う正義実現の為、刑事事件捜査証拠、証明で、常に対人加害を受けて、死傷は嘘と立証されて居る故”正義の為、詐欺犯被害者に対して、加害側損保、提携弁護士、警察、検事、裁判官は、犯罪の限りを尽くして、対人賠償金詐取を防ぐ特権を持つ」

ここ迄仕組まれて、被害者潰しが、法を犯し捲って成功させられて居ます「損保、警察、司法は正義、傷害事件被害者は、傷害加害を受けても、死傷する訳が無いと、刑事事件証拠、捜査で捏造常時、が根拠、による、正義の実現と言う(;'∀')」

今後、個人賠償適用、傷害事件加害者、の事件でも、人身交通事故用と同じ、傷害行為危害を加えても、被害者は死傷して居ない、主治医、医療機関へ捜査せずの手で、常時これを成功させる、国家権力テロが、国中で凶行され捲っても行く予定と、実例被害者の証言として。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678278
ユニークアクセス:5842883
今日
ページビュー:1226
ユニークアクセス:1219
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed