エントリー

大元の犯罪が、刑事訴訟法捜査のでっち上げ、捏造が、損保、提携弁護士犯罪の武器

  • 2021/06/20 06:39

損保、提携弁護士共謀、配下は「捜査機関、検事、検察庁、刑事、民事共、裁判官、裁判所、法務省等等、犯罪刑事訴訟法捜査指揮は、損保、提携弁護士が、現実に行えて居る、犯罪で賠償を果たせる武器を、損保、提携弁護士が、刑事事件証拠捏造、隠滅、事件構成、記録偽造闇の指揮、を常時成功させられて、車による、人いての加害事件で、被害者は死傷した事件は、刑事事件の証拠、事件記録上無し、こう、オカルト化学、医学実例証拠と言う、絶対の武器を振り飾せる故、事実と強制捏造して、通せているんです」

刑事事件を、損保、提携弁護士が指揮して、検事、検察庁、裁判官、裁判所、ここは刑事、民事共、法務省共々共謀犯ですから、損保、提携弁護士の支配下に入っており「損保が合法賠償せず、これを成功させる為が目論見で、犯罪で常時作られ、通して有る、刑事事件捜査記録のみを、この国家権力集団は、先に立って捏造して、正しいと決定、判決する事を重ねています」

車による、人体への危害事件で「被害者が死傷した、との医学的証拠は無しと、主治医、医療機関への、受傷原因、怪我の部位と程度、治療の状況証明捜査を、絶対しない事で、刑事事件捜査で、常時捏造決定して、通して有る”損保、提携弁護士は、刑事、民事共にこの偽造刑事事件捜査記録と言う、最大で絶対の武器を、闇で捜査指揮を、で、常時思惑通り作って貰えて居るし」

基本「この闇犯罪捜査が常時、と仕組んで有るから”加害者は常時無責、実際の扱いが無責と同じ”ほぼ正式な起訴は無し、これも事前に仕組まれて居るので、損害賠償支払いも、実質不要、何しろ、車で人の人体に危害を加えても、人が死傷した証拠、事件はほぼ無し、と、常時捏造、決定してるから、初めから加害者を無責と出来るように、刑事事件捜査がでっち上げで行われるんで」

この国家権力テロが、どんどん悪化の一途を辿り続けており「車で人に危害を加えても、人が死傷する事は無い、警察、法曹権力、法務省、医療業界等が、先に立ち、損保、提携弁護士の指揮kに入って、このオカルト犯罪を、常時成功させる為、犯罪に手を染めて、オカルト権力犯罪のみ、成立させて居るのが実態です」

こう言うからくりですから「車で人に危害を加えた、傷害事件加害者は、刑事、民事共無責と、刑事事件捜査ででっちあげて通すと決めて有り、刑事、民事責任は、負う必要が無いとされて有るんです、損害賠償も、払う必要など無いと、事件捜査で捏造してくれるので、通せているんです、警察官が加害者の事件でも、加害者責任は刑事、民事とも無し、これで実際通せているように」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745460
ユニークアクセス:4919337
今日
ページビュー:2685
ユニークアクセス:2641
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed