エントリー

合法と犯罪、正しく理解出来ない頭故、連綿と同様のテロが

  • 2021/07/04 07:05

人身交通事故事件、傷害事件、他の「損保が加害行為者、賠償債務者が負った、賠償債務支払い責任が、損害保険契約により、生じる傷害事件も合わせて、この傷害事件、傷害致死事件を取っても”損保、提携弁護士が、傷害事件は証拠無し、よって刑事、民亊共、加害者は無責だ”と、常時違法捜査で捏造する不文律と言う、合憲、合法根こそぎ破壊、テロを行使して有る現実も」

損保、提携弁護士が「この犯罪事件捜査証拠で、常に合法対人賠償踏み倒しに成功するように、憲法、法律破壊で凶行されて居る、警察、司法、法務省他共謀テロ犯罪です」

合法な、傷害事件で有る事を証明しての、刑事事件捜査を故意に、強制的に行わない闇の不文律、が仕組まれて居るのです「被害者の主治医、治療先への、傷害事件で有る事を証明する、医学的証拠を揃える捜査を、損保、提携弁護士が、傷害事件は無かった、傷害事件と証明出来ていない、と捏造が常、の事件捜査資料、不起訴、軽微な、出鱈目処分記録を提供されて、恐喝を公に実行出来て、成功させられて居る、裁判官、裁判所も、事前の段階から共謀犯で」

極悪非道を超えた「損保、提携弁護士が、公に、詐欺刑事事件捜査証拠を使い、恐喝を常時成功させて居る、絶対に合憲、合法にならない”傷害事件を、違法捜査で抹殺を常時、警察、司法、法務省共謀、闇の権力犯罪”の現実、事実です」

昨年8月11日の、札幌方面東警察署所属、留置管理課勤務、警察官による、意識を飛ばした運転で、トラック後部に激突して来て、乗員が怪我を負った事件でも「この違法捜査と、違法捜査証拠を使った、恐喝が働かれています”怪我が重く、複数現出して居る症状の原因、治療方法を探す検査を、複数の医療機関を受診して、重ねて居たら”加害者警察官、加入任意損保(身元し尿保険金詐欺主導の)は”治療費も含めて、賠償踏み倒しに走りました、受傷原因不明、一週間の加療を要する、この定番詐欺診断書だけで、傷害事件は証明されて居ない、加害者は刑事、民亊とも無責と捏造決定して有るから”」

そもそも「傷害罪の適用が消されており、賠償の必要は無くしてある、違法な刑事事件捜査と言う、警察、司法、法務省他、国家権力テロ、闇の仕組みの踏襲で”この前提を、警察官、損保、提携弁護士を含めた、司法カルト、法務省は、この犯罪を仕組んだ当事者です、事前に結果まで、仕組んで有るから分かる訳です”」

辯護士が、刑事、検事の取り調べに立ち会う「大前提として”刑事、弁護士、検事、裁判官が、ほとんどの刑事訴訟法手続き事件も、理解も何も出来ない現実”で、冤罪創出最大権力弁護士が、取り調べに立ち会う等、事態がよりこんがらかるだけでしょう」

もしかして「多くの弁護士犯罪共犯、実行犯、弁護士を逮捕しない闇の取り決めで、平民だけ逮捕事件で、弁護士犯罪を話されて、拙い事態が多数出て?が理由では無いのか?」

多くの冤罪事件と、多くの弁護士共謀犯罪事件が出ている通りです、弁護士が正義、冤罪に立ち向かう立場だの、法螺以外無いです、先ず必要な事は「各事件を、正しく法を適用させて,正しく刑事罰則の適用証明を果たせるようにさせる、弁護士でっち上げ冤罪を潰すにも、これが必須です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703306
ユニークアクセス:4877642
今日
ページビュー:312
ユニークアクセス:312
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed