エントリー

人身交通事故抹殺、真っ黒い警察、司法、法務省犯罪の現実

  • 2021/07/06 07:52

損保が合法賠償せず、逃げて通るようにと「刑事事件の捜査段階で”車で人に危害を加えても、人は死傷した、との医学的証拠は、捜査で揃えない手を講じて有り、基本存在して居ない”よって、人身交通事故事件、傷害事件は立証されておらず、起きていないのである、常時この詐欺捜査で完結させて有る」

刑事事件を、こう、詐欺捜査で固めて送致、不起訴、表向きだけの過料制裁「でも、傷害事件は立証されて居ないから”対人加害責任は無いし、対人被害も嘘と捏造で決定出来ている”これで警察、司法と言う」

目論見が「車で人体に危害を加えても、人は死傷しないと、オカルト犯罪医学で?刑事事件詐欺捜査を常時成功させて、賠償踏み倒し用、恐喝の武器作りだけに狂奔です、これで近代法治国家、近代法治国家の警察、司法、法務省、損保事業者と言って居るのです」

これが知れ渡って来ており「車で人に危害を加えても”傷害罪、傷害致死罪が、正しく適用される事はほぼ無い”と知られて行っており」

やり放題ともなって来て居ます、全ては「損保が合法賠償せず、恐喝して成功するように、犯罪刑事事件捜査で、傷害事実を抹殺常時、この警察、司法、法務省犯罪が原因です」

この犯罪捜査に「個人賠償踏み倒し目的で、傷害事件でも、この詐欺捜査を適用も目論んで、狂い切った警察、司法、法務省です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703345
ユニークアクセス:4877681
今日
ページビュー:351
ユニークアクセス:351
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed