エントリー

合法は無い、自賠責事業も

  • 2021/07/07 16:08

平成20年10月21日の、信号を待って居て、居眠り運転の車に、乗っていたトラックの後部に、ノーブレーキで突っ込まれて怪我を負い、賠償を受けて、後遺症認定も出た、この事件を「昨年8月11日の、警察官が意識を飛ばして、信号を待って居た私が運転する、トラック後部に、急発進して突っ込んだ事件で、私が怪我を負い、治療を受けて、加害者、加入任意損保は”警察、司法、法務省闇犯罪、傷害事件抹殺違法事件捜査、傷害罪を証明する、主治医、医療機関への捜査を故意にせず”傷害事件は、証拠が無く起きていない、よって加害者は、傷害罪責任無し、当然、対人賠償責任も無い、この定番詐欺刑事事件抹殺と言う、最強の武器を使い、刑事、民亊とも無責決定で、逃げて終わり」

この警察、司法、法務省、金融庁犯罪により「トラックに掛かって居る任意自動車保険、人身傷害特約で、一定の補償を受けたのですが”同じ損保が、個人賠償特約での支払いも、法を守れば出たと言う事で”個人賠償踏み倒しを、法を犯して狙ったが、しくじったようで」

人身交通事故事件の方から?加害者(では無くさせて貰えて居る)加入、自賠責損保、損保ジャパンも共謀して「上記の自賠責適用情報を、人身傷害損に、闇で流して?前に後遺症が下りているな、加重と言う自賠法規定が適用だ、一回後遺症が下りたら、一生二回目は下りない、内部規定だ、後遺症は、よって却下だ!と、人身傷害損保が決定した、のですが、自賠責事業の共謀加担を得て、ですが」

平成25年12月20日にも、右折暴走車両から、横っ腹に激突されて怪我を負い、自賠責保険と任意保険、人身傷害、対人賠償、自賠責傷害と、後遺症認定が下りた事での、各支払いを受けて居ます。

つまり「平成20年10月21日の傷害事件、人身交通事故受傷で”生涯に一回だけと、国交省、損保、司法カルトがでっち上げで決めて有る、後遺症認定がこの事件で下りているだろう、二回目は、よって後遺症は下ろさないんだ”この決定は」

根本から嘘、これが立証されています「損保ジャパン自賠責部署”他意を持ち、この、二回前の自賠責適用情報を、前回の情報を、損保ジャパンは持って居ないから、平成25年12月20日の事件の経緯を知らず”自賠責適用、一部情報を、人身傷害損保に、闇で提供して、恐喝の武器で使わせた、自賠責事業、国の強制保険事業で、所持で来ている情報を、恐喝の武器で違法提供した、と言う事が証明されています」

過去に、自賠責を適用させて、補償を受けた、後遺症が下りた全情報を、任意、自賠責損保部署で、他損保全部に調査を掛け、取って使う事が出来ないのに、自賠責事業、国の強制保険事業特権を悪用させて、違法に情報を抜き、任意損保に提供して、恐喝に加担して、恐喝させた、この武器を使わせて?とんでも無い事です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703313
ユニークアクセス:4877649
今日
ページビュー:319
ユニークアクセス:319
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed