エントリー

違法な代理行為

  • 2021/07/11 17:57

損保は、提携弁護士を使い、虚偽の弁護士委任の手で「所謂、弁護士特約なる、弁護士法第27条が適用される、無資格辯護士、提携弁護士を動かして、辯護士代理行為に明け暮れています、損害保険が適用となる、損保に取って被保険者を、実権無しで、ダミーの弁護士委任者に仕立てて、提携弁護士、裁判官、裁判所、法務省、警察、金融庁も、公式な共犯で。

損保が、合法な補償、賠償せず、賠償を、法に背いた所業によって踏み倒す目論見で、ここまでの弁護士法違反行為も、国中で凶行を、おおっぴらに繰り広げられて居ます。

弁護士特約、正しいのは「被保険者が、自分の意思により、自分が”法に沿って果たす目的の為、弁護士を、刑事、民亊共、委任して、委任者の、法に沿った範囲での、弁護士に代理人行為を行わせる”これが正しい弁護士の委任と、弁護士の動かし方です」

ですが、実際に行わせている、損保、共済が謳う、弁護士特約の手口は、損保、共済の狙う、正しい賠償、補償を潰す目的で「被保険者には、一切弁護士を動かす権限を与えない前提、全て損保の指揮しか認めない前提で”被保険者を、弁護士を委任する委任者、と偽り、被保険者に対する債権者を、不当に攻撃して、合法賠償、補償を踏み倒して通す為”損保の提携弁護士に、刑事、民事事件担当裁判官、検事、検察庁、警察、金融庁等、国家権力が、公然とこの、弁護士法違反他犯罪、合法賠償も公に踏み倒し常時成功も、国中で凶行して、通せています」

完全に、違法を超えた「損保、共済による、非弁行為の山に、提携弁護士、司法、法務省、警察共謀犯罪です」

個人賠償特約が適用と決まって居る、公開済みの事件で、xx海上xxと、提携弁護士連中は「被保険者が”上記非弁行為のダミー、損保の提携弁護士を、自分の意思で、自分の求める結果を生み出す為、弁護士特約を使い、弁護士を委任する”こう偽る強制条件を突き付けて来たが、被保険者は拒み」

被保険者、弁護士を委任した被保険者、傷害事件加害責任者が負った、傷害事件加害行為者責任による、合法な賠償金支払いを、損保、監督機関、法務省、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所共謀犯罪を武器として駆使して、強引に成功させる、これが唯一の目的、これを成功させる事が全て、の結果なのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703144
ユニークアクセス:4877480
今日
ページビュー:150
ユニークアクセス:150
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed