エントリー

行政犯罪証拠、実例により

  • 2021/07/13 07:40

札幌市宅地課、小田係長に確認した事実です。

小田係長ー熱海市の土砂崩れの原因らしい、大量の産廃、廃棄物混入土砂の投棄、堆積は、土砂の堆積に付いては”熱海市の条例で、土砂の堆積の届け出で出来る、となっているようです、宅地造成法等では無くて。

小田係長-札幌市の場合、土砂の搬入、堆積の規制は”斜面が有る区に限り、造成の申請が必要ですが”平地の区、北区、東区等は、土砂堆積で、申請は不要です。

小田係長ー小樽市幸2丁目18-44、39土地に投棄されて、国道造成されて居る、大量の土砂は”産廃等混入は無く、合法な行為”と、道庁が公文書も出して有るから”東区、北区の土地に運び込み、積み上げても、何かの法律違反ともならないでしょうね、道庁公文書が出ていますし。

実際に「目視で見ても、一廃、産廃が大量に混入、投棄されているけれど”道庁がこの環境犯罪、土地侵奪犯罪主犯で、廃棄物毎違法投棄、違法な国道造成と認めず”違法は一切無い、産廃等も見当たらない、で居直って通して居る訳です」

公文書も出しており「実際がどうであれ、昨年春まで、当社が禁じて、仕方なく止めさせた犯罪、行政犯罪隠蔽目論見の、でっち上げ公文書発行で責任逃れ実施です、民有地に違法投棄させて来た、大量の廃棄物混入土砂も、廃棄物は一切混入して居ない土砂で、正しい違法国道造成、なのです」

これで更に「北区、東区の何処かに”公に小樽市幸2丁目18-39民有地にも、道庁が民間に違法投棄させた、法の規定では廃棄物大量混入”自然素材土砂を、幾らでも運び入れて、堆積させられる訳です、現実はどうであれ、合法なのです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703122
ユニークアクセス:4877458
今日
ページビュー:128
ユニークアクセス:128
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed