エントリー

無い思考、判断能力、必要知識は、発揮出来る訳が無いのは当たり前

  • 2021/07/15 06:51

日弁連、弁護士連中、最高裁以下裁判所、東京、大阪地裁民事27部等裁判官、高検、検察庁上、警察庁上が集い「日弁連監修?赤本の内容を、次はどうするか等、協議を行って、人身交通事故事件詐欺捜査、傷害事件である証拠の根本、被害者が受診、検査、治療して居る主治医、医療機関への、医療証拠を揃える、傷害事件の捜査で必須で当たり前の、この捜査を故意にせず、傷害事件を刑事事件で消し続けさせてある、を続行」

この根本司法、警察犯罪を武器とさせた、日弁連赤本人身交通事故受傷「医師法破壊、司法でっち上げ診断、打撲一カ月、むち打ち三カ月、骨折六カ月、各々一カ月治療、賠償、補償期間延長、これが絶対の”人身交通事故受傷被害者の、医学的?治療、賠償、補償期間だ”この期間を超えた、人身交通事故受傷被害者への、交通事故受傷の治療、賠償、補償は犯罪と強制捏造して、犯罪でも扱う事も闇で決めて有り、この治療、賠償、補償期間以外、絶対に、警察、法務省、司法が認めない闇の制度が絶対とされて居る」

こう、実際闇ででっち上げで決めて有り「この警察、法務省、司法ら犯罪、仕切って居るのは日弁連、弁護士連中”警察官、検事、裁判官の頭では、この闇のからくりが、何の法律を犯して、犯罪が凶行されるから成功させられてあるか”等、何も理解も出来ないので、弁護士に縋って、従って居ると言う」

この、真っ黒い警察、司法、法務省テロ、犯罪「人身交通事故での受傷の治療、賠償、補償期間を、医師法から破壊させて”日弁連が闇で仕切り、捏造して”刑事事件捜査捏造、捏造捜査で送致、詐欺刑事事件司法扱いで、常時正しい医学的治療期間、治療打ち切り期間だ”と、犯罪で刑事訴訟法事件の扱いを、常に凶行、成功に持ちこんで有る、真っ黒い国家権力犯罪、赤本ででっち上げた人身交通事故受傷毎の治療、賠償、補償期間が唯一正しい医学的根拠だと、司法他で常時強制でっち上げ、成立には」

傷害事件である事を、被害者の治療先への公式捜査実施を果たして、医学的に、傷害事件の立証、証拠の取り揃えを、刑事事件手続きで果たす訳に行かないんです「赤本診断と、被害者の主治医の診断、検査結果と”刑事事件裁判で先ず、真っ向対決”からを実施は、司法、法務省、警察が破滅するので拙い訳です、赤本診断に、医学的根拠、医師法に合致は無いから」

人身交通事故事件、警察の捜査記録、傷害事件である事の証拠の有無も含めて「特に加害者、被害者は”当時者の権利です、調べるべきですよ”合法な傷害事件立証は、故意になされて居ない、この詐欺事件捜査で、違法送致が常、加害者には傷害罪責任は無い、傷害罪被害者は存在して居ない、こう捏造されて有ります、まともな知識を持ってりゃ、刑事事件捜査記録、刑事訴訟法手続き記録で分かる事です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703246
ユニークアクセス:4877582
今日
ページビュー:252
ユニークアクセス:252
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed