エントリー

医師法の強制無効化、医師が正しい訳でも無いけれど

  • 2021/07/15 07:22

人身交通事故事件ではっきりして居る「医師法破壊、日弁連指揮、赤本ででっち上げて有る、人身交通事故受傷被害者の怪我に付いて”医師法破壊で、日弁連監修?赤本に書いて有る”人身交通事故受傷の治療、賠償、補償期間を、警察、法務省、司法は、闇で絶対の、人身交通事故受傷治療期間の、絶対の診断根拠だと、医学、医師法等理解も出来ない頭だから、法曹資格者、司法権力は」

こう言う闇のからくりを、絶対の「人身交通事故受傷患者用の”正しい?治療期間の診断規程だと”司法が常時でっち上げで決めて、成功させて有る、医師の多くも、医者で有りながら、先に立って踏襲した、出鱈目診断を日常で付けていますし」

この、司法犯罪診断絶対、闇規程を常時成功させる為に「人身交通事故が起きたらすぐ”実際の怪我の程度等が、正しく証明されない、事故当時に、事実無視で、受傷原因は、主治医は見ていないらか不明、医学的に正しい根拠は無いが、一週間の加療を要する”この、闇で決めて有る、出鱈目人身交通事故受傷用診断だけを用いて」

事故から二週間前後で、刑事事件傷害罪捜査?を、正しく医学的証拠を揃える、等捜査を故意にしない前提の、交通二課が、検察、刑事裁判扱い裁判所部署と共謀してですが「上記出鱈目診断書だけで”事実として、車で人に危害を加えた事件だが、被害者は怪我を負ったとの、医学的証拠も無いから”傷害罪は無責であると、あらかじめのでっち上げ設定通り、常時刑事事件詐欺扱いを成功させて有るのです、これで赤本人身交通事故治療、賠償期間が、常に正しいと捏造出来ています」

損保裏マニュアル、交通事故の調査、照会の留意点に記載されて居る「交通事故で負った怪我の、予後の経過は、事故後3カ月を超えなければ、正しい受傷等は分からないが、そんなに賠償して居られない、だから”社会的な正しい行為として、交通事故受傷被害者の治療、賠償を(赤本基準で)打ち切れば良い”この記載でも、実際の交通事故での受傷で、重い怪我の実際は、事故後どの程度の期間で現出して来て、自覚症状で表れて、自覚症状による検査を経て、事故で負った怪我による、様々な症状が証明される、この事も、現実通りと証明されています」

そもそも「整形外科だけの受診、治療では”頚椎、腰椎等の変形、損傷、それによる神経への影響、他神経症状、視神経、目への重大なダメージ等は分かりません”時間の経過で出てくる、様々な自覚症状を持ち、必要な診療科での、必要な検査、治療が必要と言うのが実際です」

赤本犯罪診断を、闇で絶対と偽り、通して有る、法を犯した刑事事件詐欺捜査を武器とさせて、極悪極まって居ますね、警察、法務省、司法、裏で指揮して居るのは損保と言う、提携弁護士を動かして、賠償踏み倒しを常に果たす為の、ここまでの権力犯罪を仕組んで有ると言う。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703302
ユニークアクセス:4877638
今日
ページビュー:308
ユニークアクセス:308
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed