エントリー

責任の所在

  • 2021/07/19 06:23

車、自転車を運転して居て、他者も含めて、加害車両の乗員も死傷させたなら、傷害、傷害致死行為責任が”加害行為者に”生じます。

他の傷害事件、過失、重過失事件の加害責任者も、労働災害により、死傷者を出した事件でも、加害責任を持つ者は、責任を問われます、法律規定で決まって居ます。

法律規定はこうなっているけれど、現実に行われて居るのは、損保、共済が、被保険者、加害責任者が負った、傷害事件加害行為で発生した、賠償債務の補填責任を負ったとなれば”該当損保、共済が、加害責任者に、ダミーで弁護士委任させて指揮を執り”加害責任抹殺を、常に果たすべく「刑事事件の捜査から、故意に出鱈目捜査が闇で設定されて有る闇制度を、常に発動させて居る”傷害事件と証明する、必須証拠である、被害者、受傷被害者が治療を受けて居る、検査を受けて居る主治医、医療機関への、傷害事件だと、医学的に証明する、医療捜査を、故意にせず”傷害事件は証明されて居ないと、捏造捜査で終わらせて居ます」

この警察、司法出鱈目、傷害事件を故意に抹殺する目論見での違法捜査、送致、刑事、民事共、捜査資料上無責常時確定、と捏造を重ねて来てある「刑事訴訟法証拠が、賠償を踏み倒す絶対の武器で悪用されて居る訳です、何しろ”刑事訴訟法上の捜査資料、捜査資料を持った、傷害罪責任立証無し、刑事、民事共、捜査記録上無責決定、確定と言う”刑事訴訟法規定を破壊させての、傷害罪責任は無し、と捏造公式証拠ですから」

この、法を犯した刑事事件捜査、傷害事件を故意に立証せず送致、刑事事件捜査記録上、傷害事件は起きておらず、加害者と容疑を掛けられた者は、刑事、民事上無責と決定、確定と言う動かぬ証拠のみを、常時でっち上げで作り、確定させ続けて来て有りますから。

車、自転車で他者に危害を加えても、被害者は人体に被害を受けないと、でっち上げの、警察、司法オカルト診断のみが、唯一絶対の医学的根拠、事実とされてあるのです。

ここまで警察、司法、法務省らが、損保が合法賠償せず、常時逃げられるように、法を犯し捲った刑事事件詐欺捜査、傷害事件抹殺が前提の、詐欺捜査に狂奔だけして有るから「日弁連でっち上げ、赤本人員交通事故受傷毎の治療、賠償期間が唯一の診断だ、が、最高裁以下裁判所、裁判官、検察庁、検事、警察庁、法務省、国交省、金融庁が、損保の下僕で凶行、権力犯罪で、未だ成功させられて居るのです」

傷害事件、傷害致死事件は、医学的に正しい証拠は無く、起きて居ないが「掴み金を”自称被害者、第三者行為傷害は証明されておらず、自称だけの被害者”にぶつけてはやる、全事件で、全て踏み倒すと、自賠責、任意自動車保険事業なる代物は、詐欺事業と公式にばれるから、掴み金だけぶつけてやって居る、これに応じないなら、詐欺刑事事件捜査証拠を使い、賠償詐欺で投獄も、好きに出来ている、これが実際です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703210
ユニークアクセス:4877546
今日
ページビュー:216
ユニークアクセス:216
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed