エントリー

人身交通事故事件被害者の主治医の多くは、傷害事件と立証する、医学的証拠作り捜査を受けて居ない

  • 2021/07/19 06:46

今日のネットニュース幾つかにも、車が他の車に突っ込んだ事件が、数件報道されています、ノーブレーキで突っ込まれて、押し出されて、多重衝突になった事件も、複数報道されています。

医学的に当たり前ですが「この多重追突事故事件の被害者も、突っ込んだ運転手も”事故発生後すぐに、怪我を負ったかどうかは、正しくは判明しないし、負った怪我の治療期間、一定の治癒までの期間も、事故発生後すぐに判明する訳が有りませんが”」

事故に遭遇した乗員は、加害運転手も含めて、怪我を負って居ないだの、治癒までに、二~三週間だの「医学的な、正しい立証も出来ていないのに、報道されています”傷害事件、自動車運転処罰法を適用させての、傷害事件である事の、医学的証拠も揃えられて居ない、事故発生時なのに、乗員が怪我を負って居ないだの、二~三週間程度の怪我だだの、何処に医学的な正しい証拠が有ると言うのか”」

この報道内容でも分かるように「刑事事件捜査段階で、実際に負った、人身交通事故事件が原因の受傷の部位、怪我の程度、症状、治療に要する期間が、実際どうなのかが、ある程度判明する、事件で人体に被害を受けて、診察、治療、自覚症状も持った必要検査実施を重ねて、医学的に、一定の受傷に関する証明が出来る、事件後数か月後の、治療、検査先医療機関の検査結果と、主治医の診断に、被害患者の自覚症状等の訴え、これ等の医学的証拠を揃えた上で」

一定の、傷害事件による、被害者の人体に受けた、各被害の証明、医学的証拠による証明が揃った上で「傷害事件で負った傷害の、正しく医学的に立証されて、刑事事件捜査記録に残した、公式医学的証拠により、傷害事件の被害者の、一定正しい受傷被害に付いて、報道も出来る、これが正しいのですが」

赤本ででっち上げて有る、犯罪人身交通事故受傷毎の診断が絶対と、闇で警察、司法他ででっち上げで決めて有り、これが唯一の、人身交通事故受傷毎の治療、賠償期間だ、と、常時通るように「故意に主治医、治療先への、傷害事件と証明する、医療証拠の取り揃え捜査をしない、闇の不文律と”赤本に沿った、受傷程度報道を常時”も仕組んで有る訳です」

車により、人体に危害を加えられたが、人体に被害は無かっただの、1~3週間程度の受傷だっただの、事件発生後すぐに「この医学的合法根拠無しの、出鱈目診断を持った報道も、損保、提携弁護士、民事事件裁判官、裁判所は、対人賠償踏み倒しの、強力な武器で使えても居る訳です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703282
ユニークアクセス:4877618
今日
ページビュー:288
ユニークアクセス:288
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed