エントリー

報告幾つか

  • 2021/07/20 14:16

小樽市幸2丁目18-44国有農地と、18-39民有宅地に、長年に渡り、昨年当社が止めるまで、農水省、道庁、後志振興局が「違法、犯罪と承知の上で、住民らに”産廃、一廃が混入した、掘削土砂を大量に搬入、投棄させて、違法な国道造成させ続けて、拡幅もさせて来て居る事件、民有宅地への不法投棄物の処理は、下記方法以外認められないと、回答を得て有ります。

札幌市役所環境局、清水部長と、他関係官民の答えーこの掘削廃棄物混入土砂は”現場で一般廃棄物、産業廃棄物、合法な土砂に分類が、先ず必要”廃棄物が混入したまま、他の場所に搬出は禁止。

札幌市環境局他ー一般廃棄物、産業廃棄物が多数混入して居る土砂を、そのまま受け入れられる処理施設は、廃掃法上無い、先ず産業廃棄物、一般廃棄物をより分けして、合法な土砂にしなければ、搬出、他場所に堆積、投棄は禁じられて居る。

との答えが出て居ます、この答え、指示を受けて、18-39民有宅地に、違法投棄されてある、大量の掘削廃棄物混入土砂の撤去方法を、農水省に対して、上記法律を守った、一般廃棄物、産業廃棄物、合法な土砂に、現場でより分けを先ずして、各々処理しなければならない、この方法で、撤去処理を実施するので、費用負担もこの手法を持った算出が必須だが”何の廃棄物が、どれだけ混じっているのか、掘削調査しなければ分からないし、分量も不明だし、国有農地堆積分が、崩落するだろうから、崩落が起きれば、農水省費用負担で、やはり分別処理が必須です。

幸いにも、18-39民有宅地は、物凄く広い面積が有りますから、違法投棄廃棄物混入土砂を、先ず掘削して、産業廃棄物、一般廃棄物、廃棄物を除いた土砂に分けて、トンパックにでも分けて入れて、一定の分量になる都度、各々搬出処理実施、これを重ねる事が出来ます、幾らの費用が掛かるか、どの程度日数が必要か、人ではどれ位に上るか、気が遠くなりそうですけれど、国の犯罪ですからね、必ずこの通り、合法分別、処理が必要だから。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703195
ユニークアクセス:4877531
今日
ページビュー:201
ユニークアクセス:201
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed