エントリー

訴訟詐欺用の

  • 2021/07/20 09:49

損保、共済の、任意自動車保険、特約、示談代行、弁護士特約「要するに、損保、共済が、警察、検事、検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所を仕切り、対人加害責任抹殺、合法賠償踏み倒しを、傷害事件加害当事者の意思も、強制無効化させて、常時成功させて有る、これを」

合法の破壊、事件当事者の意思の無効化、刑事事件傷害罪の証拠抹殺、刑事、民事共、この詐欺捜査を武器で使い、常時責任無しでっち上げで決定、これのみを成功させて有る、用の犯罪制度です。

傷害事件で生じた、人的被害の賠償争いを、協議を強引居させず、法を犯した争い以外認めない、狂った司法犯罪が前提であり、損保が被保険者、傷害事件加害責任者の意思だと、嘘で塗り固めて、白紙の弁護士委任状を送り付けて、委任者の意思は強制無効が条件で、必要事項に記載させて返送を求めて。

警察、司法、法務省犯罪「傷害事件は証明されておらず、存在しない、よって、自称傷害事件被害者に対して、賠償支払い責任は無い、こう、刑事事件捜査詐欺恒常成功と言う武器が、常にモノを言うので、これが通されて居る訳です」

この犯罪を、この先も常時成功させるには「合法な傷害事件の捜査、医学的立証を、常時潰す必要が有るし、事件当事者、特に傷害事件加害者の意思は、強制無効化する必要が有ります、人身交通事故受傷事件の場合、赤本でっち上げ、受傷、治療期間のみしか、常時通さないと、司法が闇で決めて有るから、特に被保険者、傷害事件加害者は、ダミーで弁護士を委任した、と言う形を強制的に作り、実際には」

損保、共済、提携弁護士が警察、検事、検察庁、刑事、民事事件担当裁判官、裁判所を操り、犯罪賠償のみ成功させる為、被保険者が弁護士を委任したように、偽装して、被保険者は強制排除して、訴訟詐欺で合法賠償潰しを成功させる、この犯罪手法が必要なのです、これを常時成功させる為、弁護士ダミー委任、事件から、被保険者強制排除が必須と言う。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703304
ユニークアクセス:4877640
今日
ページビュー:310
ユニークアクセス:310
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed