エントリー

廃棄物撤去に要する費用、一部を先ず

  • 2021/07/21 16:31

小樽市役所建設部、水上主幹と電話で話して、要請された、農林水産省、国土交通省への伝達事項を、農林水産省国有農地管理課、丸山課長補佐に先ず、電話にて伝えて有ります。

山本ー小樽市役所建設部、水上主幹からの伝達事項として”小樽市幸2丁目18-39民有宅地に、長年に渡って違法投棄させて来た、廃棄物混入土砂の撤去用、仮の工事道路造成に付いて、重さ設定も行い、先ずX千万円位の、調査費も居れた予算を作り”来月中に、廃棄物混入土砂の撤去工事用、仮道路造成計画書を、小樽市役所に出す事、費用は農水省負担、仮道路工事は、国土交通省と協議して、作成して提出の事、道路幅は8~10㍍、勾配は6度以下、重量限度、取りあえず10トンクラスダンプ、重機の耐荷重確保、の条件で、農水省が手を染めさせた犯罪の、責任処理の為で当然の事です、私が聞くのは、仮工事道路用地の使用等に付いて、他の小樽市からの要求は、当社は関係無し。

ようやく「具体的な、この廃棄物混入土砂の、長年に渡る違法投棄、違法な急坂国道造成、違法な拡幅工事の、法による処理の動きが、このように、行政が指揮して、動き出しました、まあ、2,000万円位のお金は、あっと言う間に消えてしまうでしょうね、工事用仮道路の造成と、撤去、原状回復費にも足りないと思います」

当社は「幸2丁目18-39民有地を使い、工事用仮道路を造成する、この問題と、廃棄物混入土砂の投棄被害と、各工事用土地使用費用の問題等、が当社の役割です、農水省は、小樽市からの、法による求めに対して、合法な反論が無いなら、土地管理責任を持ち、小樽市からの求めに応じる以外、有りません」

土砂の分別プラントを、崖の下まで運び入れて、組み立てるには、20トンクラスのトレーラーが入れる、工事用の道路造成が、先ず必要です、合計耐荷重40トン!!物凄い工事用道路です、又。

道路勾配を、6度以下位にしなければ、8~10度以上の勾配なら「土砂分別プラントが、トレーラーの荷台上を滑って、トラクターを潰してしまうでしょうからね、凄い仮道路工事ですね」

このように、公に、違法投棄土砂の撤去工事も、動き出して居ます、責任母体である、農林水産省に対して、小樽市役所から、工事用仮道路造成費用、仮費用を計上して、仮工事道路造成計画書を、農水、国交省は、小樽市に、来月中に出す事、具体的な、法に沿った求めが、こうして出されています。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年08月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5591064
ユニークアクセス:4766991
今日
ページビュー:1986
ユニークアクセス:1966
昨日
ページビュー:2373
ユニークアクセス:2364

Feed