エントリー

訴訟詐欺の恒常化、法務省、司法共謀犯罪

  • 2021/07/29 07:38

損保、共済が、傷害事件加害責任を負った、被保険者の賠償債務保険金支払いを、法に背いて踏み倒せるようにと、医師法破壊、赤本人身交通事故受傷診断、賠償期間でっち上げを制度化して、この犯罪診断、犯罪賠償だけを、常時成功させる目論見で、被保険者、傷害事件被疑者を、ダミーの弁護士委任者に、被保険者には、弁護士委任に付いて、権限ゼロ、を強制的に飲ませる条件で、弁護士を、ダミーで白紙委任させて。

実際には、損保、共済が、合法な対人賠償踏み倒し目論見、債務不存在確認訴訟を、白紙委任で受任、弁護士法第27条適用、提携弁護士に、賠償踏み倒し目論見、言い掛かりでの詐欺訴訟を提起させます、仕切るのは全て損保、提携弁護士で。

この詐欺訴訟を受けて居る、裁判官、裁判所も、この訴訟詐欺を、弁護士法違反、民事訴訟法違反等と承知で、国中で行わせて、賠償犯罪踏み倒しを、常に成功させて、確定させて居る法務省も、共謀犯ですから、詐欺訴訟なのは、当然熟知して居ます。

この訴訟詐欺、弁護士を、委任者の権限は一切与えられない条件で、違法な白紙委任を強要されて、応じた被疑者は「自分の意思は、全く無い状況での、詐欺訴訟提起です、裁判官も、当然この一連の犯罪のからくりも何も、知った上で訴訟詐欺を受理して、詐欺訴訟を遂行して」

赤本犯罪診断、賠償論で、常に、合法は無効とさせて、判決を下し続けて居ます、人身交通事故の賠償を、詐欺、恐喝で踏み倒しに成功させて有る、債務不存在確認訴訟の、裁判資料と、証拠で出されて居る、詐欺傷害事件抹殺、刑事捜査記録の写しを検証もすれば、事実と証明出来る事です。

人身交通事故事件被疑者、加害者に、過失10割責任が有るが「事実を、正しい証拠で証明して有れば、完全な言い掛かりで、違法な刑事事件捜査記録が常時捏造で作られる、傷害事件事実証拠抹殺で送致が常、とされて有るから”加害者過失10割は、無い事と捏造されて有るから”被疑者は、被害者に倒する、傷害事件加害責任、賠償責任も、一切無い、この訴訟詐欺も、被疑者はダミーの弁護士委任者、仕切るのは損保と提携弁護士で、裁判官、裁判所も共謀犯、赤本診断、賠償で、常に法に拠らず判決、確定、詐欺、恐喝賠償犯罪訴訟、判決が、常に成功させて有ると言う」

この類の詐欺訴訟の記録、証拠の刑事記録も合わせて検証すれば、事実が正しく証明される代物です、日本の訴訟の多くは、詐欺犯罪で構成されて居る、この事実の一例です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703131
ユニークアクセス:4877467
今日
ページビュー:137
ユニークアクセス:137
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed