エントリー

医師法蹂躙が、公に成功出来ている最大の武器が、傷害事件を医学的に、合法立証しない、刑事訴訟法詐欺手続き

  • 2021/09/17 08:22

傷害事件を謳う、刑事訴訟法手続き警察、検事、検察庁による、強制力を行使した手続き、公務手続きで「傷害事件が正しく起きた事を、医師法蹂躙、強制無効化と言う、犯罪手法の恒常的手口での捜査、傷害事件が起きた証拠無し、詐欺捜査で終結と言う、犯罪刑事訴訟法手続きの恒常化、この現実を、故意に隠蔽して来て居ます」

こんな出鱈目刑事訴訟法強制捜査が、常として有って「証拠上起きて居ない傷害事件、こんな詐欺捜査、送致、起訴で、刑事訴訟法手続きを通して、刑事事件判決も下して通して有るのですから”傷害事件加害者責任による、対人加害行為で生じさせた、損害の賠償責任を、医師法蹂躙、主治医にも、第三者行為傷害治療記録を、一般傷病とカルテから偽造させて抹殺させて、対人賠償債務を強制抹殺恒常化の現実も、犯罪ですが、医師法から蹂躙事実免責、正しい犯罪で、常に通せて居る訳です”」

刑事事件の捜査、送致で先ず「医師法蹂躙犯罪で送致、合法な、医師法遵守、主治医による、傷害事件が起きた医学的証拠を、故意に揃えない事件捜査、送致受けを仕組んで有り、こんな詐欺捜査、送致で、傷害事件不起訴、略式起訴、起訴を決めて、傷害事件で刑事裁判、判決を下して居るんですから”事件捜査段階で、傷害事件は証明されておらず、送致受け出来る訳が無いのに”」

この、医師法強制無効化、樹林刑事訴訟法手続きを謳う、権力犯罪事実と「刑事訴訟法第105,149条蹂躙で、医師、医療機関相手に”強制捜査を、令状発行して行い”違法に押収したカルテ等を証拠とさせて、刑事事件裁判も行われています”犯罪行為でです」

この、刑事訴訟法犯罪手続き、医師法強制蹂躙刑事、民事訴訟法手続き名目の、警察、司法、法務省、自賠責、労災事業、損保、共済による、任意自動車保険、傷害保険詐欺事業、医師法から蹂躙の手で、賠償詐欺を成功させて居るし、公的資金詐欺給付も恒常化させて有る、主治医にカルテ、レセプト等偽造を、監督官庁、保険者等も共謀して、命じて、の現実を鑑みたなら。

医師、医療機関に対して「司法、警察、厚生労働省、保健所、健康保険事業と審査機関、生活保護事業、年金事業等が”公的資金詐欺、損保保険金支払い等詐欺と言いがかって”捜査、監査、調査出来る訳が有りません、医師法違反から、実行犯が司法、警察他、行政関係機関、損保、共済なのだから」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745466
ユニークアクセス:4919343
今日
ページビュー:2691
ユニークアクセス:2647
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed